Round 10

Posted in Event Coverage on February 28, 2009

By Katsuhiro Mori

Luis Scott-Vargas(アメリカ) vs. Mattias Anderson(スウェーデン)

暴走特急LSV暴走特急LSVは誰にも止められない。ここまでただ一人の9連勝。スウェーデンのマット(Mattias Anderson)ははたしてLSVをブロックできるのか、それともやはり轢き殺されてしまうのだろうか? ドラフト最終戦となるこの試合(第2ドラフト最終戦)を見てみよう。

ドラフトをみていた限り、5色となった今回のLSVのデッキはあまり強くない。けれど、その充実しきった人間力もあって、弱いデッキにも関わらず余裕の2連勝中。マナサポートがほぼ無く、多色ランドが《エスパーの全景/Esper Panorama》1枚のみという5色デッキで必要な色を必要なターンに揃えてくるというのは尋常じゃない。でも、実際、今のLSVは尋常じゃないほどマジックで勝ちまくっている。

Game 1

先行をとったマットはクローシスもといグリクシス(青黒赤)のデッキで、2ターン目に《急使の薬包/Courier’s Capsule》、3ターン目にそれをドロー、4ターン目に《ゴミあさりのドレイク/Scavenger Drake》とゆったりした動きでスタート。

対するLSVも2ターン目《くぐつの妖術師/Puppet Conjurer》から4ターン目《ヘドロの徘徊者/Sludge Strider》とこちらもゆっくり。マットの《引きずり下ろし/Drag Down》により《ヘドロの徘徊者/Sludge Strider》を除去されるが、それを《聖域のガーゴイル/Sanctum Gargoyle》で回収するLSV。LSVにとっては悪くない展開だ。

その後、お互い手札を抱えながらチマチマしたダメージレースが行われる。マットは《水膨れ虫/Blister Beetle》を出し、それを《後追いの呼び声/Call to Heel》で戻してからの再召喚で《くぐつの妖術師/Puppet Conjurer》を除去。マットの《ゴミあさりのドレイク/Scavenger Drake》が3/3に成長する。

回収され再登場となった《ヘドロの徘徊者/Sludge Strider》を《苦悶のねじれ/Agony Warp》でマットが除去し、これによってマットの《ゴミあさりのドレイク/Scavenger Drake》が5/5にまで成長するが、LSVもそれを《グリクシスの魔除け/Grixis Charm(ALA)》と《水膨れ虫/Blister Beetle》の二枚がかりでなんとか討ち取る。

攻防の結果、場にはお互い《水膨れ虫/Blister Beetle》だけと言う状況になるが、マットが先に《フェアリーの機械論者/Faerie Mechanist》を場に出して優位にたつ。その後LSVが《裏切り者の王、セドリス/Sedris, the Traitor King》を召喚しようとするも、《テレミンの演技/Telemin Performance》でカウンターされる。

お互い手札ゼロとなり、マットが《ゴミあさりのドレイク/Scavenger Drake》を展開。ここからトップデッキ合戦となるが、ハッキリ言ってデッキの内容でマットが明確にまさっているので、LSVはピンチ。

結局、まともなカードをLSVが引けないうちに、マットが2枚目となる《フェアリーの機械論者/Faerie Mechanist》をトップデッキして勝負を決めた。

マット 1-0 LSV

一本目は、あまりプレイスキルが問われないような単純なマッチだった。私見だが、マットは単純にドラフトに成功してグリクシスで2連勝してきているわけなので、マナサポートの不十分な5色でそれにたちむかうのは難しいだろう。

スウェーデンのマット・アンダーソンGame 2

コントロール対決という判断から、LSVは後手を選択。先行を譲り渡されたマットは3ターン目《エスパーのオベリスク/Obelisk of Esper》から4ターン目《ゴミあさりのドレイク/Scavenger Drake》という展開。

そして、LSVは抜群の勝負強さを見せる。
・・・なんと、5ターン目にナチュラルドローのみで5色を完成! 
さっそく、3ターン目に出しておいた《肉組み/Fleshformer》の能力起動で《ゴミあさりのドレイク/Scavenger Drake》を除去した!

これはずるい。強い。

マットも《水膨れ虫/Blister Beetle》2枚で必死にこの《肉組み/Fleshformer》を除去するが、返しのターンでLSVは《裏切り者の王、セドリス/Sedris, the Traitor King》を召喚。というかトップデッキ。

これはずるい。強い。

場を完全に制圧され、マットは投了。

「そりゃまあ、5色揃ったら強いけど・・・」という、ちぐはぐなハンドをキープして、ナチュラルドローだけで5色そろうのが不思議でならない。その上で、ほしいタイミングでほしいカードをトップデッキ。綺麗なまわりだった。

マット 1-1 LSV

Game 3

マットもLSVに先行を譲り渡して「ドローファースト」の後手でスタート。そんなマットはまたも3ターン目《エスパーのオベリスク/Obelisk of Esper》という動き。

そして、先行をもらったとたんにLSVは奇麗に動き出す。2ターン目に《潮の虚ろの漕ぎ手/Tidehollow Sculler》で相手の《フェアリーの機械論者/Faerie Mechanist》をハンデス。さらに《平地/Plains》、《沼/Swamp》、《山/Mountain》という状態で《森/Forest》を当然のようにトップデッキし、3マナで《マトカの暴動者/Matca Rioters》登場。

引きがめちゃめちゃ強い。

一方、4ターン目と5ターン目に《ゴミあさりのドレイク/Scavenger Drake》を連続で償還するマットだが、《マトカの暴動者/Matca Rioters》の攻撃を受けどんどんライフが減っていき、キツそうな表情。

攻勢にでたLSVは《聖域のガーゴイル/Sanctum Gargoyle》を回収なしでここぞと追加。そして5枚目のランドが《エスパーの全景/Esper Panorama》。はい、5色到達。

こんなにも簡単に5色揃ってしまうのはすごいとしか言いようがない。こうなると手がつけられない。

マットも《崇敬の壁/Wall of Reverence》を召喚して耐えようとするも、LSVの場に《天望の預言者/Skyward Eye Prophets》まで加わってしまい、まもなくして《聖域のガーゴイル/Sanctum Gargoyle》と《マトカの暴動者/Matca Rioters》の全軍突撃に敗れてしまった。

ブッディやベナフェルほどの域まで達しているかはわからない。けれど、LSVは本物だ。

この貧弱なデッキで3-0できるのだから、LSVは現役マジックプレイヤーの中で世界最強かもしれない。

マット 1-2 LSV

Latest Event Coverage Articles

Grand Prix Toronto 2017

Final Standings by, Wizards of the Coast

Finish Player Name Match Points Pro Points Prize Money 1 Anderson, Robert [CA] 39 8 $10,000 2 Sun, Allen [US] 37 6 $5,000 3 Nickolai, Matthew ...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All

We use cookies on this site to enhance your user experience. By clicking any link on this page or by clicking Yes, you are giving your consent for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more