Round 13

Posted in Event Coverage on February 28, 2009

By Daisuke Kawasaki

中村 修平(大阪) vs. Brian Kowal(アメリカ)

中村 修平日本で開催されたプロツアーといえば、プロツアー神戸での黒田 正城(大阪)のメモリアルな優勝を皮切りに、小室 修(東京)・森 勝洋(大阪)と日本人プレイヤーが優勝し続けていた。

しかし、この流れがプロツアー神戸でJan-Moritz Merkel(ドイツ)が優勝したことで、断ち切られ、昨年は日本で行われたプロツアーが無かった。

そう、ついに戻ってきた日本のプロツアーでこそ、2006年世界選手権での三原 槙仁(千葉)以来の日本人プロツアーチャンピオンに誕生してもらいたいものである。

このラウンドでも、アリーナには、トップ8をかけたプレイヤーたちが招集される。

その中に二人の日本人が。

2006年PoYの八十岡 翔太(東京)と、2008年PoYの中村 修平(大阪)だ。ともに3敗。

八十岡とGabriel Nassif(フランス)のマッチアップも非常に気になる所だが、ここは先日のGPロッテルダムでも3位入賞し、2年連続のPoYへと着実にコマを進めている中村のマッチをお伝えしよう。

対戦相手は、Brian Kowal(アメリカ)。

Game 1

中村とKowal、瀬戸際の攻防ダイスロールで先手は中村。

お互いにタップイン土地をセットしあう展開だが、Brianの土地は《風立ての高地/Windbrisk Heights》。

続いて《岩だらけの大草原/Rugged Prairie》がセットされたことで、どうやら赤白GAPPOでは無いかと想像されるのだが、3ターン目までノーアクションとどうにも調子がおかしい。

このゲームの最初のアクションとして、Brianがやっと4ターン目に《残忍なレッドキャップ/Murderous Redcap》をキャスト。中村はそのターンのエンドに《羽毛覆い/Plumeveil》をキャストすると、自身のターンに《連絡/Tidings》をキャストし、万全の体勢を整える。

Brianは《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》から《運命の大立者/Figure of Destiny》《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender》とサーチすると、中村のデッキの大量除去対策にと《ブレンタンの炉の世話人》をキャストする。

さらにBrianの《流刑への道/Path to Exile》が《羽毛覆い》を退け、3体のクリーチャーでアタック...する前に中村の《火山の流弾/Volcanic Fallout》。《ブレンタンの炉の世話人》の能力を使用せず、ここは頑強で戻ってきた《残忍なレッドキャップ》と《運命の大立者》で次のターンこそ3体のクリーチャーでアタックしようと画策する。

しかし、Brianのターン終了時に《火葬/Incinerate》が《運命の大立者》を除去したため、またも3体揃わず。さらに中村が《突撃の地鳴り/Seismic Assault》をキャストすると、Brianは大きなため息をつく。

といっても、ゲームを進めないわけにはいかない。《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》をキャストし、マナを増やした上で《残忍なレッドキャップ》をキャスト。この《残忍なレッドキャップ》は《霊魂放逐/Remove Soul》でカウンター。

そして中村が4マナ残しながらの《連絡》をキャストし、その残った4マナで《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》を《謎めいた命令》でカウンターされると、Brianは「一体どうしたらいいのよ、こんなの」とでも言いたげな表情。

それでも《ブレンタンの炉の世話人》のアタックを討ち取るべく中村が《羽毛覆い》をキャストした隙に《目覚ましヒバリ/Reveillark》を通すことに成功する。

中村が2枚の土地を《突撃の地鳴り》の能力でディスカードし、この《目覚ましヒバリ》を除去すると、Brianは《包囲攻撃の司令官》と《ブレンタンの炉の世話人》を場に戻す。

中村は《ブリン・アーゴルの白鳥/Swans of Bryn Argoll》をキャストしてから《紅蓮地獄/Pyroclasm》。これは当然《ブレンタンの炉の世話人》の能力でプリベントする。

ここで、中村が《紅蓮地獄》から《ブリン・アーゴルの白鳥》へのダメージをプリベントするのは《ブリン・アーゴルの白鳥》か《ブレンタンの炉の世話人》かを選択できるか、つまり《ブリン・アーゴルの白鳥》で2枚ドローできるか、というルール上の解釈でジャッジが呼ばれることとなったが、結果、中村は2枚の手札を増やし、《包囲攻撃の司令官》へと土地を投げつける。

ここでBrianは2体目の《目覚ましヒバリ》をキャストするのだが、回りのトークンは《紅蓮地獄》で一掃されてしまう。

《目覚ましヒバリ》を《謎めいた命令/Cryptic Command》でタップしつづけながら《ブリン・アーゴルの白鳥》 のアタックでBrianのライフを7まで減らした中村は、4枚の土地をディスカードしたのだった。

中村 1-0 Brian

Game 2

先手のBrianは2ターン目の《精神石/Mind Stone》から、3ターン目に《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》と展開し、土地は止まってしまったものの、4ターン目に《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》をキャストする。

この《イーオスのレインジャー》を《砕けた野望/Broken Ambitions》でカウンターした中村だが、Brianは《白蘭の騎士》をキャストすることで、無事4枚目の土地にアクセスし、さらに中村の《ブリン・アーゴルの白鳥》を《流刑への道》する。

このBrianの軍勢に《目覚ましヒバリ》まで加わってしまうと、中村は頭を抱えたのだった。

中村 1-1 Brian

Game 3

Brian Kowal先手の中村は、Brianの2ターン目の《白蘭の騎士》を《砕けた野望/Broken Ambitions》でカウンターすると、続いて《ジェイス・ベレレン》をキャストする。

Brianも3ターン目に《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》をキャストするのだが、この行く先を《羽毛覆い》が阻む。

Brianは突破口を導くために《突風粉の魔道士/Galepowder Mage》をキャスト。これを《砕けた野望》でカウンターしようとした中村だったが《耳障りな反応/Guttural Response》で逆にカウンターされてしまう。

そして《突風粉の魔道士》がアタック。ここで《羽毛覆い》はリムーブされてしまうのだが、中村は2枚目の《羽毛覆い》をキャストし《突風粉の魔道士》を討ち取ろうとする。

しかし《流刑への道/Path to Exile》。

《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》こそカウンターしたものの《突風粉の魔道士》のために《羽毛覆い》が完全な置物に。

《突風粉の魔道士》と《台所の嫌がらせ屋》が中村のライフを、そしてトップ8の可能性を刻一刻と減らしていく。

1ターンを《火山の流弾》でしのぎ、頑強で戻ってきた《台所の嫌がらせ屋》は《変わり谷/Mutavault》で討ち取ったものの《突風粉の魔道士》がとにかく厳しい。

必死にドローを続け、対抗策を探す中村のライフを《苦悩火/Banefire》が一気に削りきったのだった。

中村 「《火葬》をサイドアウトしたのが失策でした...」

Brianのアイディア勝ちというべきか。

中村 1-2 Brian
 
隣のアリーナで行われている八十岡とNassifのマッチアップもNassifが勝利したことで、二人のPoYはともに4敗となり、トップ8の可能性がほとんど無くなってしまった。

果たして、日本人は、日本開催プロツアーのタイトルを取り返せるのか。

この二人の敗北の裏で、山本 明聖(和歌山)がトップ8入賞を決めている。山本は、初プロツアーでの初優勝という快挙を成し遂げられるのか。

Latest Event Coverage Articles

Grand Prix Orlando 2017

Top 5 Highlights of Day One at Grand Prix Orlando by, Corbin Hosler

Nearly 1,300 players arrived in Orlando to battle it out in the final (individual) event for Aether Revolt-Kaladesh Sealed Deck, and the format didn't disappoint, with gremlins and whales...

Learn More

GRAND PRIX ORLANDO 2017

ROUND 12 STANDINGS by, Wizards of the Coast

Rank Player Points OMW% 1 Pikula, Chris [US] 36 0.7667 2 Tierney, Patrick [US] 33 0.7833 3 (21) Larsson, Joel [US] 33 0.7315 4 (12) Hayne, A...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All

We use cookies on this site to enhance your user experience. By clicking any link on this page or by clicking Yes, you are giving your consent for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more