アマチュア選手権ベスト16: 三浦 裕行 vs. 岩野 秀造

Posted in Event Coverage on August 23, 2003

By Yoshiya Shindo

 土曜日に行われたアマチュア選手権、参加 309 人によるスイスドロー 7 回戦の荒波をくぐり抜け、今日はいよいよトップ16によるシングルエリミネーションとなる。

 この対戦は、はるばる広島から参加して、昨日のスイスラウンドを堂々トップ通過の三浦に対して、栃木から参戦の岩野という組み合わせ。デッキは両プレイヤーともに赤緑ステロイドで、構成は若干のカードを除いて両者ほとんど同じ。

Game 1

 先攻が重要なこの対戦で、ダイスロールに勝ったのは三浦。その三浦、最初のハンドが《焦熱の火猫/Blistering Firecat》《火山の鎚/Volcanic Hammer》《象の導き/Elephant Guide》に土地 4 枚という手札を悩んでキープ。一方の岩野は即断でキープ。

 岩野の《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》と三浦の変異(《焦熱の火猫》)を互いに火力で除去し、4 ターン目に岩野が《獣群の呼び声/Call of the Herd》をプレイし、返しの5ターン目に三浦が《野生の雑種犬/Wild Mongrel》に《象の導き》をエンチャントしたところで、岩野小考。

 岩野「手札は?」 三浦「2 枚です」

 この時点で岩野の手札は 3 枚。確実にアドバンテージが取れると踏んだ岩野は象つき象トークンで攻撃。三浦も仕方ないといった顔つきで象つき《野生の雑種犬》でブロックして 1 枚ディスカードで相打ちになり、両方に象トークンが発生。

 しかし、さらに岩野は出てきた三浦の象トークンを《火山の鎚》で除去。こうなると、三浦は手札の枚数で負け、場も相手の象トークンのみ、しかも相手の墓地には《獣群の呼び声》が鎮座ましましてるとあって、非常に苦しい状況。

 次のターン、三浦は土地を置くだけで終了。岩野は象トークンで殴ってさらに《獣群の呼び声》をフラッシュバック。返しで三浦もなんとか戦線を維持すべく《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》。

 しかし、次の岩野のターン、6 枚目の土地に続いて出てきたのは......《刃の翼ロリックス/Rorix Bladewing》! これで三浦のライフは残り 9。

 三浦はこのドラゴンを《激発/Violent Eruption》と《火山の鎚》で必死に除去するも、岩野はダブルの象トークンでアタックし、《激発》と《炎の稲妻/Firebolt》できっちりフィニッシュ。

岩野 1-0 三浦

サイドボード:

三浦:
Out 《焦熱の火猫》×3
In 《罠の橋/Ensnaring Bridge》×3
岩野:
Out 《ラノワールのエルフ》×4
In 《脅しつけ/Threaten》×2、《一瞬の平和/Moment's Peace》×2

Game 2

 両者マリガンはなし。三浦は初っ端から《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》《ラノワールのエルフ》《獣群の呼び声》と進めるが、岩野は《炎の稲妻》《火山の鎚》《火山の鎚》とこれらに完璧対応。さらにに土地を引けなかった三浦は森がなく、《モスファイアの谷/Mossfire Valley》からマナ・バーンしつつ《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》。岩野は返しで《渋面の溶岩使い》。

 5ターン目に無事土地を引いた三浦は、《日を浴びるルートワラ》で攻撃して《幻影のケンタウロス》。岩野は《渋面の溶岩使い》で《日を浴びるルートワラ》を除去するも後が続かない。三浦はさらに《獣群の呼び声》をフラッシュバックしてプレッシャーをかけ、やはり何もできなかった岩野に 2 体で殴りかかる。が、これはなんとか《一瞬の平和》。三浦はさらに手札から《獣群の呼び声》でたたみかける。

 岩野はカードを引いてくるも、この時点で手札が《脅しつけ》に土地 2 枚と、土地の引きすぎでかなり苦しい。仕方なく《幻影のケンタウロス》を《脅しつけ》して攻撃するも、場に余裕のある三浦は象トークンでブロック。

 三浦は次のターンに、象トークンと(カウンターの 1 個減った)《幻影のケンタウロス》で攻撃。岩野は《幻影のケンタウロス》を《渋面の溶岩使い》でブロックし、ダメージスタック後さらに《渋面の溶岩使い》の能力を《幻影のケンタウロス》に打ち込んで相打ちに取る。三浦がさらに《獣群の呼び声》フラッシュバックすると、岩野も続くターンに《獣群の呼び声》を表裏。結局象トークンは次のターンにすべて相打ちに。

 そのずいぶんとすっきりした戦場に、三浦は《幻影のケンタウロス》を送り込んで手を緩めない。岩野は《日を浴びるルートワラ》が精一杯。ラストの見えてきた三浦は《渋面の溶岩使い》をプレイヤーに打ち込み、続くターンに《幻影のケンタウロス》で攻撃。岩野は悩んだ末に《日を浴びるルートワラ》でブロック。三浦はなおも《日を浴びるルートワラ》。受ける岩野の手札には、どこにも付くあてのない《象の導き》が寂しそうに。

 岩野は《一瞬の平和》のフラッシュバックで耐えようとするが、さすがに土地の引きすぎで忍耐もそれまで。

 岩野 1 - 1 三浦

Game 3

 岩野の《日を浴びるルートワラ》を三浦が《炎の稲妻》するスタート。岩野は次のターンに《渋面の溶岩使い》で、返しで三浦は《ラノワールのエルフ》と《渋面の溶岩使い》。岩野は《ラノワールのエルフ》をで、《渋面の溶岩使い》を《火山の鎚》で焼くが、三浦はなおも《火山の鎚》で岩野の《渋面の溶岩使い》を焼きつつ、自分に《渋面の溶岩使い》。文字で書くとややこしいことこの上なし。

 岩野が 4 ターン目に《獣群の呼び声》をプレイした返し、三浦は相手の墓地とリムーブカードをじっと眺め、決めたとばかりに《罠の橋》! 岩野は実に渋い顔。どうやらこいつを割るカードが無いようだ。

 土地を置いてしばらく悩んだ後、三浦は岩野の《渋面の溶岩使い》に《脅しつけ》。結局《渋面の溶岩使い》は三浦に 2 点飛ばした後、彼の手によって自爆。

 こうなると、もう三浦の手札はほとんど無いので、クリーチャーはどうやったって殴れない。もうここからは火力の引き合いチキンレース。勝っているのはどちらの人間力か? 以下ターン進行を追ってみる。ちなみにこの時点でのライフは、三浦 20 ライフ vs 岩野16 ライフ。

三浦:《炎の稲妻》フラッシュバック(岩野 14)
岩野:(パス)
三浦:《火山の鎚》(岩野 11)
岩野:(パス)
三浦:《炎の稲妻》表裏(岩野 7)、エンドに岩野《激発》(三浦 16)
岩野:《炎の稲妻》(三浦 14)
三浦:(パス)
岩野:《炎の稲妻》フラッシュバック(三浦 12)
三浦:(パス)
岩野:《炎の稲妻》(三浦 10)
三浦:(パス)エンドに岩野《激発》(三浦 6)
岩野:《炎の稲妻》フラッシュバック(三浦 4)
三浦&岩野:(互いに 3 ターン続けてパス)
三浦:《火山の鎚》(岩野 4)
 (この段階でライフ 4 点で並ぶ)
岩野:(パス)
三浦:《火山の鎚》!(岩野 1 )
岩野:(パス)
三浦:(ため息をつきつつパス)
岩野:「来た!」《激発》! (三浦 0 )

 最後に人間力が勝ったのは岩野の方だった。

 岩野 2 - 1 三浦

Iwano Shuzo

Download Arena Decklist

Miura Hiroyuki

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All