アマチュア選手権決勝戦: 国吉 真木朗 vs. 柳 宏樹

Posted in Event Coverage on August 23, 2003

By 松井健治

 アマチュアチャンピオンシップ決勝戦。

 ここまで勝ち残ったのは、神奈川の国吉と大阪の柳。

 そんな 2 人のデッキは、今年の世界選手権でも猛威を振るった Wake を国吉がプレイし、柳は藤田剛史が GP バンコクで使用し、センセーショナルなデビューを果たした Goblin Bidding である。

Game 1

 先手を柳が取り、《スカークの探鉱者/Skirk Prospector》、《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》、《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》と並べるが、国吉がメタカードとしてメインに 3 枚採用した《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》が行く手を阻む。

 これに柳は慌てず、《スカークの探鉱者》と《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief》を場に追加し、後のターンに《藪跳ねアヌーリッド》に対して《炎の稲妻/Firebolt》から《ゴブリンの名手》の 1 点、《スカークの探鉱者》を生贄にしてまた 1 点と、国吉は悩んだ末に、これを墓地に送る。

 視界が広くなった柳は、この隙に総攻撃をかけて《ゴブリンの群衆追い》のダメージを最大限にまで上げて、国吉に遅いかかる。

 返す国吉のターン。

 《神の怒り/Wrath of God》を撃つマナもない状況。

 とりあえずはマナを立ててブラフをかけて今を生きるが、柳が 2 体目の《ゴブリンの名手》を呼び、これがカウンターされずに場に登場。
 
 後は場に《ゴブリンの戦長》もいるので《スカークの探鉱者》の能力を使いつつ、《ゴブリンの名手》が国吉を打ち抜いた。

国吉 0 - 1 柳

Game 2

 先手は国吉。

 《クローサの境界/Krosan Verge》から安定してマナを並べ、《法の領域/Sphere of Law》を設置と、《赤の防御円/Circle of Protection: Red》よりも使い良いメタカードを早々にキャスト。

 だが柳は怯まない。

 既に《ゴブリンの戦長》を場に出していたので、一気に 2 枚の《ゴブリンの群衆追い》を出して攻撃。

 さて、《法の領域》を張っているとはいえダメージの通る状況に対応すべく、国吉は手札にある《神の怒り》を打ちたいところなのだが、肝心の白マナが 1 枚のみ。

 ではと、《一瞬の平和/Moment's Peace》を構え、次の柳の攻撃に構えるが、柳が《鋭い痛み/Flaring Pain》を持っている事を開示すると、なす術を完全失った国吉は投了。

 かくて柳がアマチュアチャンピオンに決定!

Final Result : 国吉 0 - 2 柳

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All