ジュニア選手権ベスト16: 宮森正栄vs. 加藤伸也

Posted in Event Coverage on August 23, 2003

By 藤枝勇

初日全勝、都内でも有数の調整場である"遊宝堂"に出入りしている宮森は今大会でも大本命と言って良いだろう。加藤は埼玉の地元ショップで予選を抜けての本線出場となり、前日もトリプルマリガンが 2 回と調子は今ひとつ。

デッキ相性はメインだけで言えば宮森に分が有り、サイドした後も《仕組まれた疫病/Engineered Plague》を引かない限り相当辛い様に見える。宮森 14 才と加藤 13 才の若い才能がぶつかるデュエルをお伝えします。

Game 1

序盤から宮森が《スカークの探鉱者/Skirk Prospector》《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》と攻勢に出るのを加藤が《腐れ肺の再生術師/Rotlung Reanimator》で凌いでいく。

4 ターン目に宮森に若干のミスプレイが生まれ、互角の勝負になっているはずなのがライフ差で加藤が押す展開となる。だが対クリーチャー戦闘では最高のパフォーマンスを発揮する《火花鍛冶/Sparksmith》がなんとか戦線を支える。

何度かの相打ちが続いた後、場に残っているクリーチャーでは宮森が圧倒しライフでは加藤が勝っている状況だ。宮森はライフが減っていくと《堕落/Corrupt》の脅威があるために《火花鍛冶/Sparksmith》が使えない状況になってしまい、加藤はこれ以上クリーチャーを並べられ、隙を見せると《総帥の召集/Patriarch's Bidding》を撃たれて押し切られる状況に持っていかれるため両者微妙な攻防が続く。

ラストは加藤のプレイミスとも言えるフルタップ状態を作ってしまい《総帥の召集》によって今まで相打ちを取っていたゴブリン達が全て場に戻り、大量のマナと共に《ゴブリンの女看守/Goblin Matron》の効果で《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》 2 体が宮森の手に渡り、全ての戻ってきたクレリックを墓地に再び叩き込み《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》とその仲間達が加藤に引導を渡した。

宮森 1 – 0 加藤

Game 2

加藤はゴブリンの様に早い段階からダメージを与えるデッキでは自分の首を絞めかねない《墓生まれの詩神/Graveborn Muse》を抜いて、当然《仕組まれた疫病》を投入。宮森側は特に有効なサイドカードが無いためにメインのまま Game 2 へ。

勝負のポイントとなる加藤の 3 ターン目に《仕組まれた疫病》は貼られなかった為に思わずガッツポーズの宮森だったが、なんと次のターンに《仕組まれた疫病》が登場して今度はがっかりと表情が面白い。

本来ゴブリンが出ない状態になっているはずなのだが宮森が引くのは《ゴブリンの群衆追い》や《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》とタフネス 2 のゴブリンばかりで、これには加藤も若干呆れ顔だが丁寧に一体一体除去していく。

加藤はサイドから入れた《宝石の手の汚染者/Gempalm Polluter》を出して殴っているだけでほぼ勝ちなのだがなぜか手に温存している辺りがプレイミスとなって淡々とゲームは続いて行くが、ようやく引いてきた《萎縮した卑劣漢/Withered Wretch》が登場して墓地のゴブリンが全てリムーブされると宮森が投了を宣言。

宮森 1 – 1 加藤

Game 3

《スカークの探鉱者》《火花鍛冶》《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief》《ゴブリンのそり乗り》《ゴブリンの女看守》に土地が 2 枚とほぼ完璧な初手を揃えた宮森。対して加藤は《もぎとり/Mutilate》は有るのだが《燻し/Smother》や《仕組まれた疫病》は手札に無く序盤から押される展開が予想される上に《総帥の召集》されたら即死が有るためにちょっと辛いか。

そして予想通り試合は一方的に進み加藤が《もぎとり》を 2 発撃つも速攻の付いたクリーチャーは殺せないためにがんがんライフは減って 2 体の《ゴブリンの戦長》が殴って、最後は《炎の稲妻/Firebolt》が加藤のライフを 0 とした。

正直な話、ここまで熱戦になるとは思っておらずジュニアのレベルの高さに驚かされるばかりだ。

Final Results : 宮森正栄 Win

Miyamori Masaei

Download Arena Decklist

Kato Shinya

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All