ラウンド 1: 東野 将幸 vs. 大塚 高太郎

Posted in Event Coverage on June 19, 2003

By 射場本正巳

去年の準々決勝の対戦カード再び。
日本チャンピオンに輝いたことのある東野は黒単クレリック。 
対する大塚はタッチ黒のクワイエットロア。メインで《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》、サイドで《たい肥/Compost》と黒には強烈な強さを誇る大塚のデッキが有利だろうか?

Game 1

ダイスロールで大塚が先攻を取る。

東野はやや重めのオープンハンドを《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》がいることからキープ。

対する大塚は第1ターン《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》・第2ターン《野生の雑種犬/Wild Mongrel》と順調な滑り出しを見せる。

場で苦しい状況となった東野は《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》を展開するが、そこには次ターン出てくる《尊大なワーム/Arrogant Wurm》と黒の天敵《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》の姿が!

東野は激しく悩んだ結果《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》を抜き、次ターンから3体の猛攻を受けることに。しかし、手札に軽いカードの無い東野に追い討ちをかけるように、土地が3枚で止まってしまい、苦しい展開に。

一方の大塚は《物静かな思索/Quiet Speculation》から《綿密な分析/Deep Analysis》と順調にデッキを回転させる。

東野もトップデッキした《萎縮した卑劣漢/Withered Wretch》で《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》をリムーブして見せるが、時既に遅し。

後1枚土地があれば《墓生まれの詩神/Graveborn Muse》が出る状況あったが、最後まで引かずに投了となった。

Game 2

東野の先手。
今度は二ターン目《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》からのスタート。
対する大塚は《たい肥/Compost》を二ターン目に貼り、場を制圧にかかる。

東野も《萎縮した卑劣漢/Withered Wretch》を展開、大塚の出した《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter》を《燻し/Smother》で除去し、即効で勝負を決めに行く。

返す大塚は《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》で防御を固めに行くが、《真鍮の都/City of Brass》、《汚染された三角州/Polluted Delta》のせいでライフは9。

東野は手札に《堕落/Corrupt》があるため、後3点削ればいい。場は苦しいが何とか活路を見出したい所。

ここで東野のアタックに対し、《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》を通せない大塚は《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》でブロック。東野は《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》をフルパンプして生き残らせる。大塚残りライフ7。

返しのターン、大塚《たい肥/Compost》、《仕組まれた疫病/Engineered Plague》と展開し、当面の脅威である《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》を除去しつつ2枚ドロー。最高の展開を見せたかに見えたが、《真鍮の都/City of Brass》でライフは6。

手札に《堕落/Corrupt》のある東野は沼を引けば勝利を手にする。

…が、引けず。
しかし東野は変わりに引いた《陰謀団の執政官/Cabal Archon》投入。場に《萎縮した卑劣漢/Withered Wretch》がいるために、実質大塚のライフは2。

大塚は《燻し/Smother》で《陰謀団の執政官/Cabal Archon》に対抗。東野はここで《萎縮した卑劣漢/Withered Wretch》ともども4点を与えることも出来たのだが、慎重に《陰謀団の執政官/Cabal Archon》のみを生贄にささげた。大塚は2枚ドロー。リソースの差は圧倒的だ。

東野は次ターン《陰謀団の執政官/Cabal Archon》をトップデッキ。あふれかえる大塚のハンドとにらめっこし、《強迫/Duress》で《堂々巡り/Circular Logic》をたたき落として無理矢理通す事に成功。しかし大塚は《荒れ狂う夢/Turbulent Dreams》で2体ともハンドに回収し、当面の脅威とおさらば。しかし《真鍮の都/City of Brass》からのダメージでライフは3。

東野さらに《陰謀団の執政官/Cabal Archon》を展開するも今度こそ《堂々巡り/Circular Logic》され、続けて出した《萎縮した卑劣漢/Withered Wretch》も即《燻し/Smother》されてしまう。

ここで溜め込んだ手札を一気に展開した大塚に対し、最後まで土地の引けなかった東野は無念の敗北を喫してしまった。

Final Result :大塚2-0東野

Koutarou Ootsuka

Download Arena Decklist

Masayuki Higashino

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All