ラウンド 1: 黒田 正城 vs. 小室 修

Posted in Event Coverage on September 2, 2005

By Daisuke Kawasaki

二人のプロツアーチャンプが刃を交える

物語を紡ぐ事とデュエルをする事は同じだ。

人と人との意志のぶつかり合いが物語を紡ぐとすれば、デュエルをする事も物語を紡ぐ事と同意といっても大げさではないだろう。

今年で日本選手権は10年目になる。

この10年目の日本選手権に、物語の地・神河を舞台にどのような物語が紡がれていくのだろうか。

神河のレジェンド達が一枚一枚それぞれのストーリーを持つように、全てのプレイヤーにも、それぞれのストーリーがある。

黒田は日本最初のプロツアーチャンピオンとして知られている。多忙の中、十分に調整が出来ず、イージーなデック選択をしてしまったかもしれないと試合前に黒田は語っていたが、それでも、デックを使い込み十分な調整をしてきたようだ。

一方の小室は、GP横浜で優勝した後、しばらくめだった成績を残せなかった事から「一発屋」という不本意な二つ名で呼ばれていた時期もあったが、プロツアー名古屋で日本二人目のチャンピオンとなり、真の実力者である事を証明して見せた。

日本に二人しかいないプロツアーチャンピオンが、池袋で行われたエキシビジョンマッチに続き、今度は日本選手権で対峙する。

Game 1

ダイスロールで先手は小室。お互いにマリガンも無く、順調に土地を置いていくスタート。

2ターン目に黒田が《夜の囁き/Night's Whisper》を撃てば、そのターンのエンドに小室は《金属モックス/Chrome Mox》の加護で《知識の渇望/Thirst for Knowledge》を撃つという一進一退、お互いにまったく譲る気配は無い。

プロツアーチャンピオンとしてのプライドか、それとも一人のデュエリストとしてのプライドか。

ここで小室は少々悩んだ後に《島/Island》と《雲の宮殿、朧宮/Oboro, Palace in the Clouds》をディスカード。そして、自分のターンにさらに《知識の渇望/Thirst for Knowledge》を重ねていく。しかし、順調に手札を回転させているはずの小室がドローを見て苦い顔。不思議に思い、手札を確認すると、既に一枚持っていた《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant》をひいてきてしまった様子。

当然、場に置いてあるウルザ地形も魔力炉。

トッププレイヤーの中では、魔力炉は多く引きすぎるから3枚でいいんじゃないか?などというジョークが飛び交うのをよく聞くが、その都市伝説めいた出来事が、まさに今小室の身に降りかかっている。

モックスを捨て、《ウルザの鉱山/Urza's Mine》をセットして小室はターンを終了する。

黒田の《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》が小室のモックスを破壊し、ようやく場に動きが出始める。先に場にダメージソースを展開したのは黒田だった。一方で小室は土地を置くのみでターンを終了する。

続く黒田の《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》は流石に《無効/Annul》でカウンターされるが、《貪欲なるネズミ/Ravenous Rats》が場に現れ、小室の手札を攻撃する。小室がディスカードするのは、当然、三枚目の魔力炉。

休む暇を与えずにプレッシャーをかけつづける黒田に対し黙々と土地を置くだけの小室。

そして、黒田のネズミが忍術によって《鬼の下僕、墨目/Ink-Eyes, Servant of Oni》へと変化した事によって、小室の我慢も限界を超えた。伝説には伝説をと言わんばかりに、全てのマナをタップして召喚する《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》。

だが、小室の生み出した物語は、黒田の《肉体の奪取/Rend Flesh》によって終わりを告げた。黒田の場で墨目とメロクのコラボレーションが実現した様子を見届けて、小室は静かに投了を宣言した。

小室の手には《卑下/Condescend》が握られていた。三枚の魔力炉のうちの一枚がもしも《ウルザの塔/Urza's Tower》だったら…

だが、物語と都市伝説の力は小室に塔を引かせなかったのだ。

プロツアー神戸王者、黒田 正城

黒田 1-0 小室

Game 2

続いて小室が先手。今度もお互いにマリガンは無い。

2ターン目の《貪欲なるネズミ/Ravenous Rats》は《マナ漏出/Mana Leak》されたものの、続いてキャストした《惑乱の死霊/Hypnotic Specter》は場に出る事に成功する。

《惑乱の死霊/Hypnotic Specter》は、第4版で絶版になって以来、長らく使用される機会が無かった。なにせ、第4版が使えた時代のエクステンデッドでさえ早々に禁止カードに制定されていたくらいなのだ。多くの黒使いにとってはあこがれであり、伝説であったカードが第9版で復活した。

《惑乱の死霊/Hypnotic Specter》の能力は、青いデックである小室にとっては致命的であるはず、それこそ《貪欲なるネズミ/Ravenous Rats》なんかより。

塔をセットして4ターン目にいきなりウルザ地形を揃えた小室による解答編は、《トリスケリオン/Triskelion》だった。

《トリスケリオン/Triskelion》もまた、第4版で絶版になったカードの一つである。こちらはミラディンに再録されている。第4版といえば、初めて日本語版が作られたセットだ。そのセットを最後に長い間マジックの表舞台から姿を消していた二枚のカードが、10年目の日本選手権で同窓会を行うかのように、二人のプレイヤーの手を借りて対峙した。

《トリスケリオン/Triskelion》の能力によって、《惑乱の死霊/Hypnotic Specter》は墓地に落ち、二枚のカードの戦いの第一回戦は、《トリスケリオン/Triskelion》の勝利となった。

視点をプレイヤー同士の勝負へと戻そう。

《惑乱の死霊/Hypnotic Specter》を落とされた黒田は、またも青殺しのクリーチャーである《鼠の短牙/Nezumi Shortfang》を2体キャスト。流石に青く塗り固められかけたメタゲームに颯爽と登場したデックだけあって青デックが嫌がるカードがてんこ盛りである。

だが、小室はまったく動じることなく、静かに二体目の《トリスケリオン/Triskelion》をキャスト。《鼠の短牙/Nezumi Shortfang》を除去する。

黒田も、《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》で《トリスケリオン/Triskelion》を除去したりと、なんとか場を均衡に保とうとしているのだが、生み出されるマナの差か、どうしても一つ一つの驚異が小室の方が大きい。ほら、こんどは《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》だ。

《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》に撃たれた《肉体の奪取/Rend Flesh》に対応して、小室が全ての土地をトークンにかえたのを見て、しばらく計算して、黒田は土地を片付ける。

黒田 1-1 小室

Game 3

先手は黒田。今度は仲良くマリガンをした二人だが、内容は、黒田は土地と《霊気の薬瓶/AEther Vial》が二枚だけ、小室は土地がまったく無いと、好対照。

順調に土地が並び、3ターン目に黒田が《惑乱の死霊/Hypnotic Specter》をキャスト。この《惑乱の死霊/Hypnotic Specter》の攻撃が通り、ランダムでディスカードされたカードが、なんと《トリスケリオン/Triskelion》!! なんとよくできた物語であろうか。プロツアーチャンピオンともなると、物語を繰り出す能力もまた一流なのかもしれない。

だが、その《惑乱の死霊/Hypnotic Specter》も、またも4ターン目にウルザ地形を揃えた小室のキャストする《トリスケリオン/Triskelion》によって再び打ち落とされる。歴史は繰り返される、というやつか。

繰り返されたのは、《惑乱の死霊/Hypnotic Specter》と《トリスケリオン/Triskelion》の争いだけではなかった。黒田と小室の戦いの終結もまた、繰り返される。

プロツアー名古屋王者、小室 修

3マナで土地を引かなくなる黒田。

マナを軽めに構築されたデックなので、小室の驚異に何とか対処することは出来るのだが、もともとマナ能力に差がありすぎるため、自分の側からプレッシャーをかけることができない。これがどんな歴史を繰り返させるかは、プレッシャーをかけ続けて勝利した一本目・対処に終始したニ本目をみてもらえばわかるだろう。

小室が呼び出した《メムナーク/Memnarch》は《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》で、《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》は、またも《肉体の奪取/Rend Flesh》で対処したものの、《連絡/Tidings》で大量のマナをバックアップにもりもりカードを引く姿をみて黒田は投了した。

黒田 1-2 小室

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All