ラウンド 1: Kai Budde vs. Zvi Mowshowitz

Posted in Event Coverage on May 8, 2003

By 能西圭一郎

Brainburstご意見番対決説明も要らないであろう超有名プロプレイヤー 2 人が初戦から相まみえることになった。こういう対決が毎ラウンド繰り広げられるのもプロツアーの醍醐味である。

Kai のデッキは緑黒の至って標準的なデッキだが、対する Zvi は赤黒の強力な除去満載デッキ。ドラフトの卓順は Kai が Zvi の上家であったが...デッキパワーは明らかに Zvi が上回っていると思われる。はたして実際のマッチはどうなるであろうか。

Game 1 

Zvi の先手でゲーム開始。お互いにマリガン無しで後手 Kai が 1 ターン目《樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers》スタート。Zvi がここで《萎縮した卑劣漢/Withered Wretch》をプレイし、 Kaiは《宝石の手の徘徊者/Gempalm Strider》。するとZviも《詮索好きなゴブリン/Nosy Goblin》を展開し、Kai《変異/Morph》クリーチャー。

...開始早々 3 ターン目で、場に合計 5 体ものクリーチャーが並ぶ。

Zvi は返すターンで 《詮索好きなゴブリン/Nosy Goblin》を生贄に捧げ変異を除去(《野生の守護人/Patron of the Wild》)し、《変異/Morph》クリーチャーをキャストする。 5 ターン目 Kai は《毒吐きゴルナ/Spitting Gourna》を表向きにプレイ。

ここで Zvi は引いてきた《火花鍛冶/Sparksmith》を召喚。もともとデッキに除去の乏しい Kai はこれに対処できず...《針撃ちゴルナ/Needleshot Gourna》を出し場のクリーチャーで攻撃を仕掛けライフを削りにかかる。

ダイエット大成功のZvi Mowshowitzしかし Zvi はこれに対して《死を刻む僧院長/Deathmark Prelate》と《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》を召喚し 2 点火力となった《火花鍛冶》と《死を刻む僧院長》がKai の場を掃除していく。

Kai は手札のクリーチャーをどんどん場に送り出しこれに対抗しようとするが...ついにZviが 7 枚目の土地を引き当て、手札に眠っていた《皇帝ヘルカイト/Imperial Hellkite》が降臨。お互いほぼブロック無しのダメージレースをここまで続けており既に Kai のライフは 6 。

次ターン Kai は全軍突撃してみるものの、Zvi が全てのクリーチャーをブロック指定したところで投了

Game 2

後手 Zvi が《ゴブリンの闘士/Goblin Grappler》→《卑劣なアヌーリッド/Wretched Anurid》→変異クリーチャーと理想的な展開。対するKaiは 3 ターン目変異がファーストアクションと一歩遅れる。しかも 4 ターン目に土地を置けず非常に苦しい展開となってしまった。

しかし何とか 5 ターン目に 4 枚目の土地を引いた Kai はサイドインしていた《共生するエルフ/Symbiotic Elf》エルフを召喚し場を立て直してほっと一息。変異同士が相打ちになり《ゴブリンの闘士》+《ゴブリンの穴ぐら/Goblin Burrows》で《共生するエルフ》もトークンに変化。

帝王Kai Budde場の状態は
Kai;土地 4 枚+トークン 2 体
Zvi;土地 5 枚+《卑劣なアヌーリッド/Wretched Anurid
とすっきり。

ダメージで押されている Kai は毎ターン生物を展開するのだが、それらに対してズヴィが手札に溜めていた《残酷な蘇生/Cruel Revival》×2を炸裂させ、《卑劣なアヌーリッド》がどんどんKaiのライフを削っていく。そしてさらには《アヌーリッドの濁り水潜り/Anurid Murkdiver》を召喚!。

残りライフ 6 で手札に除去手段が無いKaiは全てのクリーチャーを展開して攻撃をしかけるものの、Zviのチャンプブロッカーたちが行く手を阻んだ。

そして、《アヌーリッドの濁り水潜り》が速やかに Kai のライフを削りきった。

Final Result:Kai 0-2 Zvi

Zvi Wins!

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All