ラウンド 10:

Posted in Event Coverage on February 27, 2004

By 吉川 祐輔

7勝2敗ゾーンまで上ってきたモリカツこと森勝洋が対するは、フランスの「同一フォーマットGP2勝」Yann Hamonである。
Affinity同士の対戦ながら、Hamonのそれがオーソドックスな組み合わせの黒赤であるのに対し、モリカツのそれは同系を意識した黒タッチ《酸化/Oxidize》である。
正統派に変化球。勝つのはどちらか。

Game 1

モリカツ先手で《囁きの大霊堂/Vault of Whispers》《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》《彩色の宝球/Chromatic Sphere》と一気に並べてのスタート。Hamonは《電結の働き手/Arcbound Worker》と、お馴染みの顔ぶれが並ぶ。

《チス=ゴリアの歯/Tooth of Chiss-Goria》を用いてダメージを与えた後、モリカツは続いて《マイアの回収者/Myr Retriever》を展開。Hamonが《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》をプレイすれば、《彩色の宝球/Chromatic Sphere》を回した上で《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を使い、デッキを回転させる。

だが、Hamonが《電結のとげ刺し/Arcbound Stinger》《金属ガエル/Frogmite》2枚と展開するに至って、さすがのモリカツも一旦手を止めざるを得なくなる。彼には珍しく考慮に沈むが、出した答えは《頭蓋骨絞め/Skullclamp》付き《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》で攻撃の後さらなる《頭蓋骨絞め/Skullclamp》で4枚ドロー。だが、思わしいカードがなかったのか、《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》を展開して《空僻地/Glimmervoid》を立てたまま終了する。

Hamonは返すターン怒涛の攻撃。土地が止まっているものの、7点のダメージを先行する。モリカツはターン終了時に《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》に《酸化/Oxidize》。その力は《電結のとげ刺し/Arcbound Stinger》に乗り移る。

大量のドローで地上は止めてはいるものの、《電結のとげ刺し/Arcbound Stinger》への回答を用意できないモリカツ。《頭蓋骨絞め/Skullclamp》で絞めて絞めて、デッキを掘り進む。だが、親和クリーチャーを一向に引かないのも劣勢を加速しているようだ。

なんとか《マイアの回収者/Myr Retriever》で回収した《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》を出せたのだが、直後Hamonは《爆片破/Shrapnel Blast》を2枚公開し、モリカツは即座に投了した。

森 –0 Hamon -1

Game 2

再びモリカツ先攻で、第1ターンは《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》から《電結の働き手/Arcbound Worker》の鏡打ち。モリカツは第2ターンの攻撃後にこれを即座に《頭蓋骨絞め/Skullclamp》してドローに換える。Hamonは《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》と《金属ガエル/Frogmite》を追加。

土地が《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》ばかりで満足行く展開ができないモリカツは、続く第3ターンにも《マイアの回収者/Myr Retriever》を即絞めてみるが、上手く行かない。《チス=ゴリアの歯/Tooth of Chiss-Goria》を出すのみでターンを終了する。
勢いに乗ったHamonは《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》《彩色の宝球/Chromatic Sphere》《マイアの処罰者/Myr Enforcer》と並べた上で《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》にアーティファクトを投入し、《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》とあいまって苦しいモリカツに強烈な王手を。

モリカツは必死に打開策を探す。《金属ガエル/Frogmite》《電結の働き手/Arcbound Worker》《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》と並べ、Hamonが手を止めてくれるのを祈る。
だが、Hamonの手に残された最後の手札は。
そう、《爆片破/Shrapnel Blast》。

「相手のドローが完璧だもん。超強い」

森 –0 Hamon -2

Yann Hamon defeats Katsuhiro Mori.

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All