ラウンド 10:

Posted in Event Coverage on February 27, 2004

By 松井 健治

ラウンド 10 。

2 敗ラインで対決するのは、前回のプロツアーで準優勝を飾った藤田と、今上り調子のチーム"Original Slackers"(プロツアー。ボストン準優勝)の一員である Cornobori 。
 
互いにデッキはこの会場では「Big Red」などと呼ばれるタイプであるが、藤田修の使用するのは藤田剛史のコミュニティーから生まれた、通称「GO ANAN DECK」である。
このデッキは初日全勝の黒田正城も使用しているもので、強さお墨付きの物である事も記しておこう。

Game 1

ダイスロールに勝利した藤田、先程の試合の敗北のイメージを振り払う勢いで試合に臨むが、残念ながら 3 回のマリガンを選択せざるをえない事態に。

長いシャッフル等を終え、始まる 1 本目。

Cornobori が後手 2 ターン目に出した《耽溺のタリスマン/Talisman of Indulgence》を軽く《爆破/Detonate》してみせるが、流石に 3 枚少ない初手から出来る行動はこれが精一杯。

さて、一方のCornobori は微妙に土地が 1 ターン止まったが、落ち着いてもう 1 枚のタリスマンを場へ出し、《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》、《弧炎撒き/Arc-Slogger》を順に場へと放つ。

この Cornobori の出した《真面目な身代わり》を、藤田は《火の玉/Fireball》で除去。
勿論《弧炎撒き》も対処しなければならない対象の一つであるが、現状でこれを手出しする方法が見つからない。

この勢いを殺すものかと Cornobori 。

優勢の場を磐石な物とするべく、《炉のドラゴン/Furnace Dragon》を藤田の《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》を巻き込みつつ、場へ。

少ない大切なマナも減り、抵抗する手段を無くした藤田は投了。

藤田 0 - 1 Cornobori

Game 2

気を取り直して 2 本目。

再び先手の藤田は《耽溺のタリスマン》からマナを伸ばしつつ、《溶鉄の雨/Molten Rain》で Cornobori の《雲上の座/Cloudpost》を破壊。その流れを維持しつつ、藤田は《弧炎撒き》まで一気に場へと放った。

だが、それは Cornobori がこっそり用意していた《彩色の宝球/Chromatic Sphere》が黒マナを生み出し、なんと《恐怖/Terror》が藤田の《弧炎撒き》へと飛んできた!

Cornobori としても、マナ差と場をリードされた状態での自身を救う最良の 1 手を打てた事となる。

その幸運が流れを呼んだか、そのまま《真面目な身代わり》でマナを取り戻し、藤田が更なる《弧炎撒き》を呼ぶと、それを《映し身人形/Duplicant》で除去。流れを自分の物とした Cornobiri 。

藤田側の視点へ。

勝利のカギの一片となる《弧炎撒き》を 2 体除去され、劣勢に追い込まれる事となる。
とりあえずは《残響する破滅/Echoing Ruin》でコピーされた《映し身人形》を破壊しお茶を濁すが、 Cornobori 自身も本物の《弧炎撒き》を用意。

Cornobori は《弧炎撒き》のアタックから能力を起動し、続くターンの《火の玉》が藤田のライフを 0 とした。

Final Result : 藤田 0 - 2 Cornobori

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All