ラウンド 11:

Posted in Event Coverage on February 27, 2004

By 吉川 祐輔

日本人の前に立ちはだかる謎の浴衣ことWiegersmaに対するは、赤緑アンチアーティファクトを手に上ってきた逢坂有祐である。

逢坂は、赤白の海とも言われたGP横浜において1人ゾンビ召集デッキを駆ってTop8に入賞した実績を持つ。本大会も、メインデッキに搭載された《炉のドラゴン/Furnace Dragon》がその相性を見せつけ、大本命のAffinityを操るWiegersmaに勝利することができるか。

Game 1

ダイスロールに勝ち逢坂先攻。除去と《炉のドラゴン/Furnace Dragon》にこそ恵まれているものの、赤マナソースのない初手に悩むがこれをキープ。Wiegersmaもキープを宣言。

ファーストアクションはWiegersmaの《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》から。逢坂はこれを《火の玉/Fireball》したいところだが、まだ赤マナを引かないため静観。続く《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》は《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》する。

Wiegersmaはさらなる《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》と《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を追加し、《物読み/Thoughtcast》も加えドローの連鎖を形成していく。逢坂も引き当てた《大焼炉/Great Furnace》と《耽溺のタリスマン/Talisman of Indulgence》を展開し、ガンとなる《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》を《火の玉/Fireball》で除去。

《頭蓋骨絞め/Skullclamp》の2枚目を置かれ、盤面上は不利になってしまった逢坂だが、《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》によって3枚目となる赤マナソースを手に入れる。まさに将棋でいう「詰めろ」をかけた状態だ。

Wiegersmaもそれは十分承知しており、ゆっくりと時間をかけて自らに与えられた1ターンを考えていく。だが、ドローを重ねても直接的な対処手段はなく、《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》をそれなりに大きくしてダメージを与えておくくらいしかできない。逢坂の《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》は《マイアの処罰者/Myr Enforcer》をブロックしてドローに換わる。

そして返すターン、満を持して《炉のドラゴン/Furnace Dragon》をプレイする逢坂。残ったマナで《衝動のタリスマン/Talisman of Impulse》を出すことも忘れず、丁寧に再逆転を封じていく。

Wiegersmaもあふれんばかりの手札から場の再構築を図るが、その大半が土地という有様では《炉のドラゴン/Furnace Dragon》への回答はそう用意できるものではない。

逢坂は《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》から《弧炎撒き/Arc-Slogger》を追加し、できる限りのブロッカーを展開したWiegersmaは逢坂に2度《弧炎撒き/Arc-Slogger》の能力を起動させてライブラリの中身を確認した上で投了した。

Wiegersma –0 逢坂 -1

Game 2

先手がWiegersmaは初手を一瞥しただけでマリガン。6枚は即キープのWiegersmaに対し、土地が2枚の逢坂はライブラリをチラリと見やった後、決意したようにキープを宣言。

《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》《霊気の薬瓶/Aether Vial》、さらに《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》スタートのWiegersmaに対し、逢坂は土地が2枚で止まってしまうが、《衝動のタリスマン/Talisman of Impulse》経由で《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》を《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》、さらに土地を《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》して時間を稼ぐ。

Wiegersmaは《マイアの回収者/Myr Retriever》2枚と《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》とで怪しい循環モードに入るが、逢坂も4マナ目を引き当てて《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》でマナを伸ばす。手札にはそう、あの竜が。

《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》は《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を導き、Wiegersmaの引き当てた《頭蓋骨絞め/Skullclamp》は慎重に考えた上での《酸化/Oxidize》と隙を与えない。

程なく、《炉のドラゴン/Furnace Dragon》が力強く勝負を決めた。

Wiegersma –0 逢坂 -2

Yusuke Osaka defeats Jelger Wiegersma.

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All