ラウンド 12: 岡本尋 vs. Glen Littlefield

Posted in Event Coverage

By 藤田剛史

Game 1

二日目 1 卓目に続いて赤緑の尋に対して Glen は通称ベナってる赤黒。
《 Roar of the Wurm / ワームの咆哮 》二体の尋が若干有利に思えるがそこはベナ、全てのクリーチャーを壊滅させることも不可能ではないだろう。ちなみにベナとはこういう赤黒を得意としている Chris Benafel からきている「なんとなくスラング」。Pちゃんを「ただナカ」と呼ぶのと同じ感覚の言葉。

まず先攻の尋が快調な滑り出しで《狂犬/Mad Dog》を召喚、それを Glen に《集中砲火/Flame Burst》で即座に除去されるも、さらに尋は続けて《リサトグ/Lithatog》を召喚する。一方の Glen もブロッカーとして《パッチワーク・ノーム/Patchwork Gnomes》を召喚して対抗。次ターン 4 ターン目尋は何もせずエンド、 Glen の方は《 Ember Beast / くすぶり獣 》を出し予想外にも Glen が攻勢に出ることになった。

しかし尋も続く 5 ターン目に《クローサの射手/Krosan Archer》を緑マナ 1 あまらせて召喚、がっちり防御の体制をしく。

しかし Glen はこの防御網に果敢に攻撃、《パッチワーク・ノーム/Patchwork Gnomes》が《クローサの射手/Krosan Archer》にブロックされると追加ダメージで《炎熱の突風/Thermal Blast》をキャスト、しっかり尋のクリーチャーを除去しにかかる。しかし追加ダメージで致死ダメージを負ってるにもかかわらず尋は《クローサの射手/Krosan Archer》のタフネスを上げにかかった。

もちろんミスではない。タフネスを上げる事に意味は全く無い。ただ単に《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》を捨てたかっただけである。

この行動によって Glen の《パッチワーク・ノーム/Patchwork Gnomes》は死亡。 Glen はあわてて《汚れた契約/Tainted Pact》をキャストして《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》が何とかなるカードを探すがそんなものは赤黒にあるわけが無い。

しぶしぶ《ドワーフ打撃部隊/Dwarven Strike Force》を手にして、この時点で 9 まで減っていた尋のライフを先に削る作戦に出た。しかし次ターンから尋は立て続けにクリーチャーを召喚。結局《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》のトークンを止めることが出来なかった Glen のライフは程なく 0 に、《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》の強さにただ唖然のデュエルだった。

尋 1-0

Game 2

Glen 先攻で始まった 2 本目、しかし先手を取ったのはまたも尋で1 ターン目に《森林地帯のドルイド/Woodland Druid》を召喚、だがまたも返す刀の《集中砲火/Flame Burst》 で焼かれる。

さらに Glen は 3 ターン目に《蛮族の狂人/Barbarian Lunatic》を召喚、尋はその返し《炎の稲妻/Firebolt》で《蛮族の狂人/Barbarian Lunatic》を除去しさらにこのターン引いた《野生の雑種犬/Wild Mongrel》を即召喚した。

しかしこれが命取りで次ターン Glen は《無垢の血/Innocent Blood》で《野生の雑種犬/Wild Mongrel》を除去。尋の手札には《熊人間/Werebear》しか残ってないのでしかたなく召喚すると Glen は次のターンから《ドワーフ打撃部隊/Dwarven Strike Force》、《パーディック山の火猫/Pardic Firecat》しかも《無謀なる突進/Reckless Charge》つきで猛攻撃、《熊人間/Werebear》ではこの攻撃を止められるわけも無く一気に尋のライフは 9 まで減ってしまう。尋も何とか《リスのお喋り/Chatter of the Squirrel》でしのごうとするが Glen は《魔性の教示者/Diabolic Tutor》で《異形の這うもの/Frightcrawler》を、さらに《汚れた契約/Tainted Pact》で《病的な飢え/Morbid Hunger》をサーチ。しかもこの Glen がサーチにかけている 3 ターン土地しか引かない尋はスレッショルドを得た《異形の這うもの/Frightcrawler》に撲殺されてしまった。

Glen 1-1

Game 3

もういい加減に見あきた展開で始まった 3 本目、尋が《熊人間/Werebear》を呼ぶと Glen はこれまた 《集中砲火/Flame Burst》でしっかり除去。さらに《クローサの報復者/Krosan Avenger》を呼ぶと今度は《無垢の血/Innocent Blood》でやっぱり除去。でさらに《 Chlorophant / クロロファント 》を呼ぶと今度は《投鎖獣/Chainflinger》で除去...されなかった。しかも次ターン尋は《炎の稲妻/Firebolt》をトップデッキ《 Chainflinger / 投鎖獣 》を焼くとともに《象の待ち伏せ/Elephant Ambush》をキャストする。しつこいようだが今の赤黒に 5/5 を超えるクリーチャーを除去する手段は無い。つまりぶくぶく太り続ける《クロロファント/Chlorophant》を止める手段を持たない Glen は手札にある《モルグの窃盗/Morgue Theft》をひたすら唱えてチャンプブロッカーを呼び続けるしか抵抗の手段を持たなかったのである。

Final Result:岡本"Duel Fighter"刃 Win! 2-1

Latest Event Coverage Articles

December 3, 2019

Grand Prix Bologna 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Vogt, Marc Eric [DE] 40 $7,000 2 Polzl, Tristan [FR] 43 $3,500 3 Tassone, Lorenzo [IT] 39 $1,750 4 Cicchini...

Learn More

November 25, 2019

Grand Prix Columbus 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Coval, Brian [US] 36 $7,000 2 Fronsee, Adam [US] 40 $3,500 3 Luettger, Christopher [US] 39 $1,750 4 Whiteho...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All

We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more