ラウンド 12: 林宏樹 vs 影山清友

Posted in Event Coverage on August 25, 2002

By 平林和哉

大阪の隠れたる強豪 影山清友 ともに大阪で調整を続けた二人がベスト 8 ぎりぎりのラインでぶつかることになった。

林はグランプリトライアル京都を優勝した時から使い続けている黒コントロール、影山は最近急に流行しだした白青 Quiet Screech 。
白青は黒コントロールに弱いということで、影山は過剰なまでの黒対策をサイドボードに積んであるわけではあるがこれがどう作用するだろうか?

Game 1

影山がウィニークリーチャー、《物静かな思索/Quiet Speculation》という好ハンド、対する林はエディクト系スペルが全く無い初手をキープ。

する事が無く《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》を出す林だが、 3 ターン目のアタックを《陽光尾の鷹/Suntail Hawk》でブロックされて苦悩する。

《物静かな思索/Quiet Speculation》から 2 枚の《綿密な分析/Deep Analysis》を持ってこられている以上、唯一の《島/Island》は《腐臭の地/Rancid Earth》で破壊しておきたい・・・・

やむを得ず《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》を《陽光尾の鷹/Suntail Hawk》と交換することにする。

Rancid Earth
「ブロックされるとは思わなかった」とは林の談。

ここは影山の判断が見事だったと言えるだろう。

だが《腐臭の地/Rancid Earth》で破壊された青マナを影山は引くことが出来ない。

その間《拒絶魔道士の代言者/Spurnmage Advocate》《巡視犬/Patrol Hound》が殴り続けるものの、《聖餐式/Divine Sacrament》が引けない影山は《もぎとり/Mutilate》を警戒してクリーチャーを展開することも出来ないのだ。

その後は順調に《精神ヘドロ/Mind Sludge》から《魔性の教示者/Diabolic Tutor》に導かれた《もぎとり/Mutilate》で影山は全てのリソースを失ってしまう。

元高校生チャンプ 林宏樹 最後の抵抗となった《拒絶魔道士の代言者/Spurnmage Advocate》《敬愛される司祭/Beloved Chaplain》は《占骨術/Skeletal Scrying》空撃ちからスレッショルドさせた《腐臭の地/Rancid Earth》が薙ぎ払い、《消えないこだま/Haunting Echoes》を撃たれた後に影山は悩んだ末に投了した。

林 1-0 影山

Game 2

影山の《不屈の部族/Tireless Tribe》が《無垢の血/Innocent Blood》される立ち上がり。

3 ターン目に《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》を出す林とは対照的に影山は《綿密な分析/Deep Analysis》をフラッシュバックしても土地が 2 枚で止まりっぱなし。

仕方なく《陽光尾の鷹/Suntail Hawk》《不屈の部族/Tireless Tribe》を出すのにも《島/Island》《広漠なるスカイクラウド/Skycloud Expanse》でマナバーンし続ける展開とあっては・・・・

既に必殺の《精神ヘドロ/Mind Sludge》《消えないこだま/Haunting Echoes》を持つ林は《魔性の教示者/Diabolic Tutor》で《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》を調達して磐石の構え。

耐えるしかない影山は《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》に対して《不屈の部族/Tireless Tribe》で 2 枚ディスカードしながらターンを進め続ける。

そんな影山に対して林が用意したのは追加の《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》!

Screams of the Damned
果たして影山が生き残る術はあるのか?

その回答を探すために再び《綿密な分析/Deep Analysis》をフラッシュバック。
ついには 3 枚目の土地を獲得して《金切るときの声/Battle Screech》での巻き返しを狙える状態まではこぎつける。

だが必死の影山に対して林の《魔性の教示者/Diabolic Tutor》は《亡者の悲鳴/Screams of the Damned》という切り札を。

ただ 2 体の《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》に押し切られそうになっている影山はこれになす術があるわけも無く。

林 2-0 影山

Final Result:林 2-0 影山

林宏樹 Win!

Kageyama Kiyotomo

Download Arena Decklist

Hayashi Hiroki

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All