ラウンド 12:

Posted in Event Coverage on February 27, 2004

By 松井 健治

初日を全勝で終えた、かの"PS2"を率いた黒田。

対するは、今回の大会で日本人キラー化した、先ほどのラウンドでも平林一哉を倒したばかりの Stark だ。

Game 1

先手黒田。
力強く山をセットする所からゲームが始まる。

黒田の使用する GO ANAN DECK は序盤から大きく動くデッキではなく、じっくり腰を据えて戦う仕上がりになっている。

対照的に、Stark の操る親和デッキは親和能力によって軽くなったクリーチャーなどを一気に場に展開していくタイプの物になっている。

そんな Stark は序盤から《彩色の宝球/Chromatic Sphere》、《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》を経由して、2 ターン目に《金属ガエル/Frogmite》を 2 枚と、《マイアの処罰者/Myr Enforcer》を一気に場へ並べ立てた。

すぐさま黒田は《マイアの処罰者》に《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》を飛ばし、黒田のメインターンに戻って《金属ガエル》にも《とげの稲妻/Barbed Lightning》を。

少しはこれで落ち着いたかと思ったが、そこへ Stark は《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》と《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》を場に展開。

場が一気に Stark 優勢。

既に Stark の場には《金属ガエル/Frogmite》が控えており、黒田はとりあえず《電結の荒廃者》に《爆破/Detonate》を撃ってみるものの、適度に周りの土地等を食った上で、最後に自身を食って《爆破》のダメージを回避し、《金属ガエル》に +1/+1 カウンターを大量に置く。

そのまま Stark は攻撃に入り、《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》のダメージなどを含めて、黒田のライフは 0 を割った。

黒田 0 - 1 Stark

Game 2

再び先手は黒田。

後手の Stark は、《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》から《溶接の壺/Welding Jar》、《電結の働き手/Arcbound Worker》と展開し、その場へ《チス=ゴリアの鱗/Scale of Chiss-Goria》までもセットしようかと言う所で黒田は動く。

《電結の働き手/Arcbound Worker》に《静電気の稲妻》を。
それに対応して Stark は《溶接の壺》でこれを守るが、黒田は返す自身のメインターンに《爆破》を《電結の働き手》に。

確実に Stark のアーティファクトの数を減らしてゆき、動きを制限して行く。

さて、思った以上に動きにくい展開が待っていた Stark 。

とりあえずはと《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》を 2 体並べ、黒田が意気揚揚と出してきた《弧炎撒き》を《恐怖/Terror》で即時除去。
一息つき、《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を引き、ここから挽回かと思ったその時。

黒田は《炉のドラゴン/Furnace Dragon》をキャスト!

じっと場を見つめ、 Stark の場に残ったのは先程出した《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》のみ。
黒田の場には 4 枚の土地と《炉のドラゴン》と、圧倒的な戦力差の前に、 Stark は投了を宣言。

黒田 1 - 1 Stark

Game 3

今回の先手は Stark 。

1 回のマリガンを選択する事となったが、先手の利を生かしてゲームを展開していく・・・予定だったのだが。

まずは《頭蓋骨絞め》。
 
これがあれば、マリガンの 1 回や 2 回は気にならないと言った所ではあるが、後に出す《金属ガエル》と《電結の働き手》をさっくり除去されてしまう。
まるで 2 本目さながらの流れ出でゲームは進む。

さて、この隙にと黒田が《弧炎撒き》を配置し、そのまま押し切ろうと企むが、返す Stark のターン。
《マイアの処罰者》と《電結の働き手》を出し、《頭蓋骨絞め》を《電結の働き手》へと写し、《マイアの処罰者》を 5/5 として、《弧炎撒き》の進軍を阻む。

更に Stark はこの時の《頭蓋骨絞め》によるドローで、 2 枚目の《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を引き当てた。

一歩ずつアドバンテージを重ねて行く Stark 。

2 枚の《頭蓋骨絞め》を生かして手札を増やし、攻めに移ろうかと思った所で《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》を大量に引き当て、これを場へ。

……黒田側の視点で状況の整理と行こう。

Stark のライフが 11 で黒田の場には《弧炎撒き》が控えており、手札に《火の玉/Fireball》と 9 枚の土地。
そして、すでに《弧炎撒き》の能力を使っているので、黒田のライブラリは 20 枚も残っていないので、《弧炎撒き》を 1 回しか起動できない。

今、黒田が Stark に与えることが出来るダメージは最大 10 点であり、制限時間は残りが約 1 ターン。

黒田は悩む。

方法の一つとしては、Stark のターンエンドに《弧炎撒き》を起動して、 Stark の本体へ 2 点。
そのまま黒田のメインターンに入り、残り少ないライブラリから土地を引き、マナをフルタップで《火の玉》を撃てば丁度 10 マナで 9 点を削りきれる計算となる。

たぶんこれが一番簡単で、楽な勝利への道だが、黒田はその不安定要素による勝利を求めるので無く、確実な、自身のプレイによって開ける勝利を必死に探した。

そこで黒田は Stark が強いプレイヤーである事を認めた上で、一つの罠を。

黒田の場には《真面目な身代わり》 2 枚 + 《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》。
Stark の場には 2 枚の《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》と、《金属ガエル/Frogmite》。

Stark のクリーチャーを一匹でも通すと、黒田はたちまちにライフが 0 となる恐怖がある中、黒田は 1 体の《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》で攻撃を開始した。

少し考えてみよう。

あちらのアタッカーとこちらのブロッカーが 3 対 3 の状況で、黒田はブロッカーを 1 体放棄した事により、このターンに勝負を決めないと、次のターンに確実に敗北が待っている。
だが黒田は、Stark が《酸化/Oxidize》を持っていたら、このまま防御に回ることは死を意味した。

それを解った上で黒田が攻撃を開始した理由は、《粉砕/Shatter》を持っていると言うブラフを張ったのだ。

ライフがギリギリの状況で、Stark この黒田の攻撃をみすみすこの攻撃を食らうわけにはいかないので、 1/1 の《電結の荒廃者》でブロックし、ダメージをスタックしてから、これを 3/3 まで膨らませ、互いに盤面が変わらない状況を作ってこれを回避。

戦闘が終わり、返す Stark のターン。

ブロッカーが 2 に対し、 Stark のアタッカーは 3 。

ここで Stark が攻撃に移り、通った 1 匹に接合能力によって、巨大な生物に仕立て上げれば一発で勝負はつくのだが、この黒田の不可解な行動に Stark が考える時間を少し取る。

だが、黒田の残りライブラリが少ない & 《弧炎撒き》の能力によって、黒田のデッキの内容が詳細まで解ってしまっているだけに、ここで Stark は勝負に。

《電結の荒廃者》* 2 と《金属ガエル》で攻撃を加え、黒田は残った《真面目な身代わり》と《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》で《電結の荒廃者》を両方ブロックし、通った《金属ガエル》を、ブロックされた《電結の荒廃者》を経由して、大量の +1/+1 トークンを背負って、黒田のライフを 0 とした。

Final Result : 黒田 1 - 2 Stark

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All