ラウンド 13: 森 勝洋 vs. 板東 潤一郎

Posted in Event Coverage on September 2, 2005

By Yukio Kozakai

勝つしかない。

長かった日本選手権も、スイスラウンドは残すところ、あと2戦。当然、このテーブルには「勝つしかない」プレイヤーが招かれる事になる。

森は、ネームバリューからは当然かもしれないが、途中何度ものフィーチャーマッチへと招待され、そのプレッシャーの中で3敗ラインに留まっている。

一方の板東は、忘れもしないだろう。昨年の同じ会場、2日目の最終ラウンド。《頭蓋骨絞め/Skullclamp》が禁止になる直前の親和全盛時代、「人類の英知」と自ら称した青白コントロールで「ここを勝てばTop8」という場面で、対コントロールにシフトされた亀井 俊祐(大阪)の青白に非業の死を遂げ、決勝ラウンドへ進む事は叶わなかった。

だが、あれから1年余り。
板東は、再びこの舞台に戻ってきた。

相棒の青コントロールを手に、届かなかった栄光を掴み取る為に。

Game 1

先に動いたのは板東。

4マナから《呪師の弟子/Jushi Apprentice》を通し、森の《知識の渇望/Thirst for Knowledge》は《マナ漏出/Mana Leak》でカウンター。

《忘却石/Oblivion Stone》は通すが、起動にスタックで《呪師の弟子/Jushi Apprentice》を《ブーメラン/Boomerang》すると、ウルザ地形が揃わない森は、《知識の渇望/Thirst for Knowledge》《卑下/Condescend》と抵抗をするが、通した《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》をカウンター合戦の末に登場を許した《ヴィダルケンの枷/Vedalken Shackles》に奪われる、森にとっては最悪の展開になる。

しかし、森は逆転を賭けて《メムナーク/Memnarch》をプレイする。カウンターのマナは、ある。だが、ここで突き刺さったのが、スタンダードのインタビューで板東が対青系の「必殺呪文」に指名した《最後の言葉/Last Word》!

さらに《連絡/Tidings》で手札を増強した板東は、終始、森にペースを渡さなかった。

森 0-1 板東

Game 2

《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》スタートで勢いに乗りたい森だが、すぐに対消滅で落ち着いた展開に。しかも、1本目に完敗を喫した森に追い討ちをかけるように、ランドが止まったのだ。

手札にはカウンターは十分だが、先につながるカードが見えてこない。そうしている間に、板東は《隠れ石/Stalking Stones》を起動。悠然と森に襲い掛かるダメージクロックは、その愚鈍そうな姿とは裏腹に、差し迫った時の訪れを厳しく森に宣告していく。

これ以上はさせない。板東の《呪師の弟子/Jushi Apprentice》をカウンターしにかかる森だったが、またしても《最後の言葉/Last Word》が邪魔をする。だが、《最後の言葉/Last Word》でなくてもいい場面で、このカウンターに板東が手を付けたということは……?

事実、森が次にプレイした《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》が通り、板東がプレイした《接収/Acquire》を《双つ術/Twincast》するなど、完璧なはずだった。

しかし、板東のライブラリーの中には何もアーティファクトは残されていなかった。そして、奪われた宝具は当然《精神隷属器/Mindslaver》。悪い事は重なるもので、形の上では森の、もはや森ではないターンに引き当てたカードは、自らのメロクを含め、全てを灰燼と帰さしめる《忘却石/Oblivion Stone》。

しかし、例外はある。

愚鈍な宣告人は、板東と森の激しい呪文のやり取りなど意に介さなかったのだ。

板東「今年は……今年のデッキはコントロールにも強いですから!」

1年越しのリベンジまで、あと1勝だ。

森 0-2 板東

Final Result 板東 Wins!

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All