ラウンド 14: 藤田剛史 vs. 宝輪修

Posted in Event Coverage on August 23, 2003

By 能西圭一郎

3敗同士。一敗した瞬間ベスト8入りの芽が消えるまさに崖っぷちのデスマッチである。

藤田のデッキは赤白コントロール、すでに全く同じ構成のデッキを使用している森田が決勝トーナメント進出を確定的なものとしている。対する宝輪のデッキは赤黒のゴブリンデッキだ。

ベスト 8 への小さな希望をつなぐプレイヤーはどちらであろうか。

Game 1

先手宝輪は土地の色がかみ合わずマリガンを選択する。

そして1ターン目《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》を召還するところからゲームが開始。2ターン目に生物が出せなかったのに対して藤田は2ターン目《銀騎士/Silver Knight》を2,3ターン目に連続で召還。

さすがにこれには宝輪うんざり。

しかしこのまま攻めあぐねていては藤田の勝利が確定してしまうため、3ターン目に召還した《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief》を利用して4ターン目に《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》を呼び、全軍突撃を決行した。

藤田はアンタップ状態の《銀騎士/Silver Knight》で《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》をブロックするが宝輪は《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》の能力でこれを生きながらえさせる。

この総攻撃で藤田のライフは14となった。

藤田は手札に《星の嵐/Starstorm》があるものの何回サイクリングしても赤マナを引かず旗色が悪くなってくる。

さらに次のターン宝輪は《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》を召還し《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》との強烈なシナジー
で藤田のライフを削り始める。

まず藤田が《賛美されし天使/Exalted Angel》を召還することによってタップアウトした6ターン目のエンドステップ、宝輪は余らせていた2マナを使用してトークンを藤田にとばす。

これにスタックで《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》の能力を起動することによって3ライフを削り、藤田のライフは11となる。

そしてやってきた自ターンで宝輪は6枚目の土地をセットして《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》の能力を起動し次々とゴブリンたちを藤田に投げ飛ばし、それに《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》の能力をスタックにつんで使用する。

それによって2点×3のダメージと1×4のダメージを藤田にいれ、最後に《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》の能力によって自分のゴブリンを生贄にささげることによって11点のダメージを叩き出し見事苦境からの逆転劇を果たした。

藤田 0 - 1 宝輪

Game 2

今回は両者マリガン無しでの開始となった。藤田はまたも2ターン目に《銀騎士/Silver Knight》を召還するのだが今度は許さないとばかりに宝輪が《燻し/Smother》によって除去する。

しかし手札の重い宝輪は4ターン目だした《つつき這い虫/Clickslither》を出したのが最初のクリーチャーという風にどうも手札が芳しくない。

ただ、藤田の手札も《星の嵐/Starstorm》2枚のみいう...これに付け込めない手札で両者苦しいところ。

つづいて宝輪は《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》を呼んだのだがさすがにこれを許すわけにはいかない藤田は《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》のキャストにスタックして《星の嵐/Starstorm》を撃つ。

そして宝輪の場には《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》とトークン3体がのこる。さらに次のターン宝輪は《つつき這い虫/Clickslither》を召還する。やっていることは先ほどのターンと一緒なため、これはたまらんと藤田は再び《星の嵐/Starstorm》で《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》を除去する。

さらにこの間に3枚目の《星の嵐/Starstorm》を引き込んでいた藤田は次のターンに法輪の呼んだ《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief》と場に残っていた《つつき這い虫/Clickslither》をまとめてX=5の《星の嵐/Starstorm》で一掃することに成功した。

そして一旦場がきれいになったところで宝輪は藤田にとって最悪のカード《定員過剰の墓地/Oversold Cemetery》をキャストする。

だが藤田はこれに対して《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》で対応し、やっとこれで宝輪が弾切れを起こすかに見えた。

が、しかし。宝輪はここで悪魔のようなトップデックをみせた。2枚目の《定員過剰の墓地/Oversold Cemetery》だ。

さすがの藤田もこれに対応することは出来ず、延々墓地を出入りする《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》とトークンたちになすすべもなく圧殺されることとなった。

Final Result 藤田 0 - 2 宝輪

Fujita Tsuyoshi

Download Arena Decklist

Howa Osamu

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All