ラウンド 14: 藤田 剛史 vs. 三原 槙仁

Posted in Event Coverage on September 2, 2005

By Yukio Kozakai

昨年度王者、藤田 剛史

現・日本王者が、再び頂点に挑む。

勝つ事よりも、連覇する事の方が難しい。様々なスポーツでよく言われる台詞だが、それは知的スポーツであるMTGであっても何ら変わりは無い。継続的な活躍がいかに難しい世界であるかは、このゲームのプレイヤーであれば想像に難くないはずだ。

それを成し得ようとしている、生きた英雄がベスト8を。いや、再び栄光を手にする為に、戦い続ける権利を賭けて決戦に挑む。藤田のデッキは青コントロールだ。

挑戦者の三原は、まさに挑戦者の名に相応しい。

3連敗でスタートした日本選手権。普通ならば心が折れ、そこから這い上がるなど夢物語。そう考えるのが普通のプレイヤーだ。しかし、三原は違った。1敗も、Opp%的には1分けすら許されない極限状態を、ここまで耐え抜いて見せた。

10連勝男、三原。

3連敗したスタンダードの面影は、すでに、無い。その手には、現在3連勝中の謹製青緑トロンが握られているのだから。

今大会最大の台風の目は、今まさにベスト8の椅子まで巻き込もうとしている。

Game 1

三原の《森の占術/Sylvan Scrying》の返しに、フルタップで《尖塔のゴーレム/Spire Golem》をプレイしたのがお互いのファーストコンタクト。先手の利を生かし、藤田がダメージで先行し、カウンターを構えつつすぐに2枚目のゴーレムを送り込む。

三原もウルザ地形を揃えた上で《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》がスタンバイOKであり、藤田もこれにはさすがに苦い顔。しかし、三原は手札があまり芳しくない様子で、《トリスケリオン/Triskelion》をカウンターされてそのままターンを返す。

藤田のアタックで、三原のライフは早くも残り10。《ダークスティールの巨像/Darksteel Colossus》を《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》からのカウンターをうかがわせた上で通そうとするが、《最後の言葉/Last Word》が文字通り、このターン最後の言葉となった。

ついに、藤田の《隠れ石/Stalking Stones》が動き出す。

《刈り取りと種まき/Reap and Sow》《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》などで抗するも、《歯とかぎ爪/Tooth and Claw》級の大技が決まらなければどうしようもない。

《森の占術/Sylvan Scrying》で、再びライブラリーをシャッフルし、新たな可能性に手を伸ばす三原。シャッフルするその目は、じっと藤田の視線を伺っている。見えた可能性は―――――

《永遠の証人/Eternal Witness

今の三原に必要なのは、証よりも、より確かな力だった。

藤田 1-0 三原

Game 2

1本目を先取して、ハッキリと見えてきた連覇への道筋。2ターン目には《呪師の弟子/Jushi Apprentice》を通し、手札にカウンターも十分。磐石に見えた。

しかし、そこは10連勝男、三原。ただで終わるわけが無い。

《落葉の道三/Dosan the Falling Leaf》を力強く通し、《忘却石/Oblivion Stone》を《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》で叩き割ると、ビートダウンを開始。そのままウルザ地形を揃え、《刈り取りと種まき/Reap and Sow》で更なる《ウルザの塔/Urza's Tower》を加えて《トリスケリオン/Triskelion》を呼び出せば、カウンターだらけの藤田のハンドではどうにもならなかったのだ。

藤田 1-1 三原

Game 3

序盤から、藤田のカウンターがうなりを上げる。

《団結のタリスマン/Talisman of Unity》→《無効/Annul
《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》→《無効/Annul
《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》→《マナ漏出/Mana Leak
《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》→《巻き直し/Rewind
《森の占術/Sylvan Scrying》→《巻き直し/Rewind

そして《知識の渇望/Thirst for Knowledge》から《呪師の弟子/Jushi Apprentice》。やり過ぎまである。まさに圧倒的な藤田。

しかし、そこは10連勝男再び。

三原 槙仁

その豪腕でナチュラルにウルザ地形を揃えれば、《隔離するタイタン/Sundering Titan》《忘却石/Oblivion Stone》《真髄の針/Pithing Needle》と通し、再び《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》をその手に加え、後は止まない行進をするのみ。

10連勝男改め11連勝男の誕生は、まさに電車道でベスト8を手繰り寄せた!
三原は、このまま14連勝を目指した戦いを迎えるのだ。

――――その瞬間、現・日本王者、藤田剛史の夏が終わった。

しかし、連覇を目指したその王者の戦いぶりは、見るもの全てに風を感じさせたのではなかろうか。「負けて悔しがる」という、当たり前の感情を忘れない勝負の男は、確かな存在感と強さを見せつけて、2日間にわたる壮絶な戦いを駆け抜けた。

朝日が昇るのと共に。
新たなる王の誕生を、皆と共に見届けよう。

藤田 1-2 三原

Final Result 三原 Wins! 

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All