ラウンド 16:

Posted in Event Coverage on February 28, 2004

By 真木 孝一郎

Top 8 に必要なラインは 36 点。ここに登場する二人の点数は共に 33 点。勝者は 3 点と明日への権利を獲得し、敗者はただ無念の涙を飲む。もっとも、36 点ゾーンに並んだ人数次第では、オポーネントマッチ%による勝負となるが、とにもかくにも勝たねば全て始まらない。

2003 PT New Orleans の最終戦で、志岐は鍛冶とのマッチが組まれた。志岐にとってそれは今回と同じく Top 8 を賭けた一戦だった。だが、志岐は鍛冶に破れ Top 8 入りを逃している。

森田については今更多くを語る必要は無いだろう。福岡・札幌・静岡、三度のグランプリトップ 8 を始め数多くの成績を残しているトッププレイヤーの一人である。
 共に決して譲れない一戦。勝利の女神はどちらに微笑むのだろうか。

Game 1

先手を取った志岐は、《大焼炉/Great Furnace》から《電結の働き手/Arcbound Worker》を。森田は《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》を。

ここで、いきなり志岐から悲鳴に近い声が。二枚目の土地が無いのだ。仕方なくもう一体の《電結の働き手/Arcbound Worker》を出すが、芳しい状況では無い。

森田は静かに土地を置き終了。
 
志岐は、ここでも土地を引けず。だが、代わりに《頭蓋骨絞め/Skullclamp》をセットする。これが残るようならば《電結の働き手/Arcbound Worker》は簡単に土地を含むドローへと変わるだろう。二体の電結生物が攻撃。これに《チス=ゴリアの歯/Tooth of Chiss-Goria》が力を加え、森田のライフが 16 へ。

森田は土地を置くだけで、再び動かず。森田の場には三枚の土地が並んでいる。
 
志岐はようやく土地をセットすると《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を設置。電結ブラザーズの片割れへの装着を宣言する。森田がここで動いた。装着対象に対し《とげの稲妻/Barbed Lightning》を放つ。だが、これは志岐も予想していた。冷静に残された兄弟にカウンターを移し攻撃を敢行する。森田 13。

またもや土地を置くだけの森田。デッキ的な動きで言えば、ここで《弧炎撒き/Arc-Slogger》に繋がる《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を召喚したいところだが、引きがぴりっとしない。

対照的に順調に展開を続ける志岐。《チス=ゴリアの鱗/Scale of Chiss-Goria》を設置すると《マイアの処罰者/Myr Enforcer》へと繋げる。

《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を 2/2 に育った《電結の働き手/Arcbound Worker》に装着。一度レスポンスを考えた森田だが、ここは何もせず。この《電結の働き手/Arcbound Worker》と《マイアの処罰者/Myr Enforcer》がレッドゾーンに侵攻する。

森田は《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》にマナを注ぎ空飛ぶ生物に変形させると、《電結の働き手/Arcbound Worker》へのブロックに向かわせた。《電結の働き手/Arcbound Worker》は《頭蓋骨絞め/Skullclamp》が装着しているため 3/1 だが、志岐の場には《チス=ゴリアの鱗/Scale of Chiss-Goria》がある以上これは相打ちを狙ったものではない。ダメージスタック前に志岐が《マイアの処罰者/Myr Enforcer》に《チス=ゴリアの歯/Tooth of Chiss-Goria》の使用を宣言すると、ブロックしていた《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》をコストに《爆片破/Shrapnel Blast》を《マイアの処罰者/Myr Enforcer》に。

志岐は更に《エイトグ/Atog》を追加する。既に致死量に十分なアーティファクトが並んでいる。赤いデッキではアーティファクトへの対抗手段はあれど、赤くサイズの大きいクリーチャーに対する手段はほぼ無い。

なんとかこのターン、ダメージをくらわずに終えた森田だったが、代償に五枚目へと繋がる土地を失ってしまった。森田は次のターンに《弧炎撒き/Arc-Slogger》を引く。仕方なく再び四枚目の土地を置くとターンを終了する。

志岐は二枚目の《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を 2/2 の《電結の働き手/Arcbound Worker》に装着。生け贄の代償に四枚のカードを引く。一枚一枚確認すると明確な意志と共に行動に移った。

手札から、赤マナを含め 2 マナを残せる範囲で展開を行うと《エイトグ/Atog》での攻撃を宣言。森田のライフは 13 だが、《チス=ゴリアの歯/Tooth of Chiss-Goria》を含め三つのアーティファクトを貪りパワーを 8 へとあげる。

「ダメージをスタックしていいですか。」
 
志岐は確認した。森田に何か対応する手段があるわけもなく、彼はただ頷いた。森田のライフが 5 へと減る。残るは予定通り《爆片破/Shrapnel Blast》でぴたり。

森田 0 - 志岐 1

Game 2

森田が少し時間をかけてキープしたのとは対照的に、志岐は初手を見るやコンマ何秒という早さでマリガンを宣言。

最初に動いたのは志岐。2 ターン目に《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》からスタートするが、これにはすぐさま森田が《残響する破滅/Echoing Ruin》を。

志岐は直ぐさま《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を並べる。
 
そして惨殺が始まった。森田がキープした初手には、親和への対抗策である二枚の《減衰のマトリックス/Damping Matrix》が含まれていた。だが、その二枚は最後まで手札に残ったままだった。三枚目の土地を求めて森田が引いた最後のカード、それは…

三枚目の《減衰のマトリックス/Damping Matrix》。

仕方ないなと、志岐の勝利を讃えるため森田はそっと手を差し出した。Top 8 への優先権は志岐の手に渡った。志岐はこれから他のゲームの解決を待つ時間を味わう事となる。解決後どうなるか、それは最終発表で確認して欲しい。

森田 0 - 志岐 2

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All