ラウンド 2: 大礒 正嗣 vs. 森 勝洋

Posted in Event Coverage on September 2, 2005

By Yukio Kozakai

森 勝洋

ラウンド2にして、早くも今大会最高級のマッチアップが実現した。

世界の大礒こと大礒 正嗣(広島)と、元祖ルーキーにして、先日のGP新潟で頂点に立った森 勝洋(東京)の対戦だ。両者とも順調に1回戦を勝ち上がっており、まさに格の違いを見せつけているといった所か。

GP新潟と同じく、デッキをシェアし合っている2人は、メイン&サイドあわせて75枚ともまったく同じデッキレシピの青トロンだ。森は「デッキを使いこんだっていう部分の熟練度で分が悪い」と謙遜する。

森「しかも、運ゲーだよね」

……そうならない事を、切に願いたい。

Game 1

Memnarch

4ターン目に、ウルザ地形をナチュラルに揃えた大礒。沸き返るギャラリーと呆れ返る森を尻目に、大礒の表情は真剣そのもの。そのまま《トリスケリオン/Triskelion》を連続してプレイするが、マナで劣る森は手札は失っても場のバランスは崩すまいと《マナ漏出/Mana Leak》《無効/Annul》を連発して必死に抵抗する。

しかし大礒の攻勢は止まらない。続いて繰り出したクリーチャーは、マナさえあれば何でも出来る《メムナーク/Memnarch》。森は一応《ヴィダルケンの枷/Vedalken Shackles》を出してみるが、充分過ぎる大礒のマナが枷のコントロールを奪い、スタートダッシュを決めた大礒がそのまま先勝してみせた。

大礒 1-0 森

Game 2

森は《血清の幻視/Serum Visions》、大礒は《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》から順調に立ち上がり、独楽の起動で大礒のカウンターマナが無くなったのを確認して、森が《知識の渇望/Thirst for Knowledge》を通す。

先を見越して大礒が《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》を置いた返しに、森はここが勝負所と先手の優位を生かして、ウルザ地形完成となる《ウルザの塔/Urza's Tower》をプレイ。

《接収/Acquire》で《精神隷属器/Mindslaver》を奪い取りにかかるが、即座に起動はさせないと、大礒はカウンター出来ないまでも森のマナを拘束すべく《卑下/Condescend》で応じる。

返しのターンで《接収/Acquire》を打ち返して《精神隷属器/Mindslaver》を対消滅させて綱渡りは完成した大礒だったが、未だ見えてこない《ウルザの鉱山/Urza's Mine》が大礒への厳しい足枷となる。加えて、森が今度は自らの《精神隷属器/Mindslaver》で大礒の手札を切り崩すと、続けて迎えた自分のターンでは《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》をプレイし、今度は森が一方的な展開で勝利を収めた。

大礒 1-1 森

Game 3

これまでの2本は、ウルザ地形を揃えた方が一方的な勝利、と。「良く言えばわかりやすい」「悪く言えば運ゲー」的なゲームが展開されたが、最後となる3本目ではどんな結末が待っているのだろうか。

大礒 正嗣

先攻が移った大礒が《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》《血清の幻視/Serum Visions》で、森が《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》《知識の渇望/Thirst for Knowledge》で序盤から激しく動き、またしても4ターン目にウルザ地形を揃えた大礒が早々と《メムナーク/Memnarch》へのアクセスに成功。森も、返しでウルザ地形を揃えられればまだ戦いの余地はあったのだが……。《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》をプレイするだけに留まり、さらに大礒がこれを対消滅させると、森は更にマナを縛られて苦しい状況に追い詰められる。

大礒は、後はこの4点クロックを守る事だけ考えればいい。2枚目の《島/Island》をプレイし、森のウルザ地形を奪いにかかれば、もう天秤が傾くことは無かった。

勝った大礒の引きはもちろん見事だったが、「この勝負は割り切った」とばかりに、勝敗が決するや一早く席を立った森も、スイッチの切り替え方を知っている「戦い慣れ」している強者だと感じさせる。

結果として勝敗という記録は残ったが、どちらもさすがに日本を代表するプレイヤーと思わせる印象を持たせた1戦だった。

大礒 2-1 森

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All