ラウンド 2: Tomi Walamies vs. Joseph Gary Wise

Posted in Event Coverage on August 6, 2003

By Koichiro Maki

 Wise Words のライターとして、プレミアイベントの喧騒屋として今更紹介する必要の無い Gary Wise。しかし、単なる人気者に終わらないのは彼が残した幾つもの成績が証明している。対する Tomi Walamies、Team Punishers の一員としてPro Tour New Orleans での準優勝以来サーキットの重要な一員となっていたが、それ以降の成果に恵まれずグレイビートレインの乗車券をも失い一時は引退さえ囁かれていた。しかし、Pro Tour Venice の準優勝で劇的なカムバックを成し遂げ引退宣言も撤回している。

 共に使用するのは、今大会の三大勢力の一つである青緑マッドネス。この人気者対決を制するのはどちらになるだろうか。

Game 1

 《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》以外は全て土地という繋がりを欠く手札をマリガンした Walamies だが、次の手札も芳しく無い。対する Gary は《アクアミーバ/Aquamoeba》から《尊大なワーム/Arrogant Wurm》《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》を連射する絶好の流れ。逆に Walamies は 3 ターン目の土地すらも置けない酷い状況。手札には場をリセットする《激動/Upheaval》があるものの、2 マナでは何をすればよいやら。

 出来たのはただ一つだけ。
 次なるゲームへのリセットボタンをポチっとな。

 Tomi -0 , Gary -1

Game 2

 手札を確認してちょっと嫌な表情を浮かべる Gary。しかし、ゲームは既に始まっている。この表情を素直に信じる者はマジックでは大成しないだろう。全てのシグナルには何かしらの意味があるはずだ。

 先手を取った Walamies は 2 ターン目に《物静かな思索/Quiet Speculation》で墓地に《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》《綿密な分析/Deep Analysis》《綿密な分析/Deep Analysis》とブースト燃料を。対する Wise もやはり先ほどの表情とは全く関係無い順調な立ち上がり。

 ここから戦いはしばらく膠着する。Wise の《野生の雑種犬/Wild Mongrel》は《麻痺の感触/Stupefying Touch》で大人しい飼い犬に成り下がり、ならばと Wise が出した《無神経な抑圧者/Callous Oppressor》にも更なる《麻痺の感触/Stupefying Touch》が。

 Wise もこれを黙って見ているわけではなく、Walamies が墓地から《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》を使用すれば、そのにはすぐさま《送還/Unsummon》を使用し、続けて《クローサ流再利用/Krosan Reclamation》で墓地を綺麗に掃除する。

 だが、一対一の対処を行う Wise と、《麻痺の感触/Stupefying Touch》による損失の無い対処を行う Walamies には自然と差が生じた。

 いつのまにか Walamies の場には《アクアミーバ/Aquamoeba》と 6/6 トークンが並びその墓地には《不可思議/Wonder》が。対する Wise の場には《野生の雑種犬/Wild Mongrel》と《無神経な抑圧者/Callous Oppressor》の麻痺ブラザーズ、それに《アクアミーバ/Aquamoeba》。

 見下ろす物と見上げる物。その差は果てしなく大きい。Wise も《クローサ流再利用/Krosan Reclamation》を使用し地上戦に持ち込もうとするが、Walamies の《堂々巡り/Circular Logic》がそれを阻む。

 Wise は最後のドローを確認し、シャッフルを始めた。
 
Tomi -1, Gary -1

Game 3

 再び微妙な表情を浮かべる Gary だが、今回はどんなブラフが隠されているのだろうか。対する Walamies は対照的に手札を見ても全くシグナルを発しない。Wise が動なら Walamies は静のプレイヤーだ。沈黙は金、雄弁は銀という言葉もあるが、それはマジックでも同じなのだろうか。

 Wise は《入念な研究/Careful Study》から《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》と《入念な研究/Careful Study》を。次に両者は《野生の雑種犬/Wild Mongrel》をキャストするが、手札の枚数に大きく差があるため Wise は攻撃に行くことが出来ない。そこで《物静かな思索/Quiet Speculation》を使用し、更なる《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》を 2 枚と、この対決で渋い光を放つ《クローサ流再利用/Krosan Reclamation》を。

 ここから暫くドラゴンスレイヤータイム。それぞれの《送還/Unsummon》がそれぞれの竜をぶった切っていく。瞬く間に三匹の竜が昇天する。しかし、今度は Walamies の手札が先に憔悴した。《物静かな思索/Quiet Speculation》を使用した Gary の竜を二度まで対処した Walamies であったが、ドラゴン the 3rd を葬る事が出来ない。

 仕方無く、《不可思議/Wonder》を利用した乱打戦に持ち込むが、竜の数の差は Gary の手札に《送還/Unsummon》を余す余裕を持たせてしまっていた。

 Walamies の《野生の雑種犬/Wild Mongrel》は使命を全うする事無く手札へと戻され、引いたばかりの《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》に唯一の願いを託すが、Gary の手には《堂々巡り/Circular Logic》が。

 計算通りに墓地の枚数も七枚に達し、《ケンタウルスの庭園/Centaur Garden》が光を放つと、Walamies から全てのライフを奪い去った。

Final Results:Gary Wise -2, Tomi Walamies 1

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All