ラウンド 20: 松尾悟郎(日本)vs Renko,Addrej

Posted in Event Coverage

By 藤田剛史

2001 年日本チャンピオンの松尾とスロベニアチャンピオンの Renko の対戦。
赤黒 2 色とまとまった松尾に対して Renko は正反対の緑五色、 Renko の色が揃う前に松尾が押し切れるかが勝敗の分れ目である。

Game 1

先手の松尾はまず Bloodfire Dwarf , Viashino Grappler で序盤をやや押し気味に進める。一方の Renko は Llanowar Cavalry を出して防御を固めようとするが、松尾は Smoldering Tar で除去し、なおも攻撃の手を休めない。しかし次ターン Renko が召喚した Razorfoot Griffin により松尾の布陣で攻撃に参加できるのは Volcano Imp だけになってしまう。こうなるとペースは Renko のもので、ライフが 12 になった所で Renko は遂に四色そろえる事に成功、反撃を開始する。まず Do or Die で松尾のクリーチャーを半減させ、更に松尾の攻撃を Penumbra Kavu で止めながら、じわじわと Gaea's Skyfolk でダメージを入れていく。松尾のライフが 14 になった所で、松尾は Bloodfire Dwarf と Bloodfire Kavu の合わせ技で場を一掃した。しかし一端静寂が訪れたかに見えた場も、次ターンの Renko が唱えた Eladamri's Call によって一気に覆される事になる。なぜなら Renko が持ってきたカードは Qesting Phelddagrif。 赤黒完全 2 色の松尾にとって、このクリーチャーはどうする事も出来ない最悪のクリーチャーである。結局この生物を除去する手段を持たない松尾は 1 本目を落とす事となった。

Renko 1-0

Game 2

勿論先攻を選んだ松尾、しかし今回は一本目のようにはいかず、沼だけのスタートを切る、土地を 5 枚めまで引くが山を引けない松尾。そうこうしているうちに Renko は Ancient Spider , SpectralLynx と召喚し、着々と防御を固めていく。ようやく 7 マナ目にして山を引いた松尾だったがもはや優秀なクリーチャー陣と Lashknife Barrier で完全に場を支配されつつある松尾にとっては遅すぎる山だったといえるだろう。松尾の手札には今の絶望的な状況を打破できるカードは一枚も無かったのである。

松尾 Lost 0-2

森田は 2 回戦は取り返したものの、森雅也が負けた為日本チームはまたも負ける事になった。ついに後がなくなった日本チームといえるだろう。

日本 Lost 1-2

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All