ラウンド 3: 岡本尋 vs. Justin Gary

Posted in Event Coverage on August 6, 2003

By Keita Mori

Jin Okamoto vs. Justin Gary初っ端の二戦を終えて、岡本尋はここまで1勝1分けという成績である。一般的に引き分けゾーンにたむろしているのは冗長なコントロールデッキの類ばかりであり、やはり岡本もGaryもそのカテゴリーにピタリと当てはまるデッキをこの日の相棒としていたのだった。ちなみに、岡本尋のそれが《正義の命令/Decree of Justice》を搭載したいわゆるJutice型《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》デッキで、一方のJustin Garyは黒白のコントロールデッキだ。

Justin Garyというのは構築のスペシャリスト集団として名高いチームYour Move Gamesの一員であり、特に構築戦でコントロールデッキを使わせたら超一流のプレイヤーと評判である。事実、今季のプロツアー・ヒューストンを《認識を食うもの/Cognivore》を搭載した《ドルイドの誓い/Oath of Druids》デッキによって優勝しており、つい最近では今年のアメリカ代表チームにも選出されている。

Game 1

お互いコントロールデッキ同士のマッチアップということを意識してか、双方が淡々とマナベースを整えながらのドロー・ゴー態勢。Garyが《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》で平地サイクリングしたかと思えば、一方の岡本も《クローサの境界/Krosan Verge》によって色マナの偏りを補正しつつマナ総量を拡大していく。そんなこんなのキャッチボールでゲームがはじまった。

お互いのターンエンドにひたすらサイクリングという仕込み作業の時間が淡々と続いていく中、白黒のJustin Garyがついに能動的なアクションを起こすこととなった。ここで彼はX=3でのサイクリングで《正義の命令/Decree of Justice》をプレイ。はじめて盤面にゲームの行方を左右する可能性が秘められたパーマネントが登場したのである。さらにGaryは秘蔵の《陰謀団式療法/Cabal Therapy》で岡本のハンドを丸裸にし、二枚の《正義の命令/Decree of Justice》、《マナ漏出/Mana Leak》と《一瞬の平和/Moment's Peace》という中から《マナ漏出/Mana Leak》をドンピシャで的中させて安全確認。そこでX=4の《占骨術/Skeletal Scrying》をプレイして大きくアドバンテージの面でも前進することとなった。もっとも、せっかくのダメージクロックも仕事らしい仕事をさせてもらえないうちに岡本のハンドであぶれていた《神の怒り/Wrath of God》の格好の餌食となってしまう。

Jin Okamotoともかくアドバンテージ獲得合戦で遅れを取るわけにはいかない岡本は、返す第8ターンに《強制/Compulsion》を引き当てることに成功。そこから《正義の命令/Decree of Justice》サイクリングで4体のトークンを生み出して反転攻勢。Justin Garyも傷口が大きくなってしまう前に、と《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》。禍根を断つことに成功するが、岡本はその解決にスタックして不要牌をめいっぱいまでサイクリングし、ハンドを充実させた。

しばし小考した後、Garyは次ターンに《消えないこだま/Haunting Echoes》をプレイした。これを岡本は《狡猾な願い/Cunning Wish》からの《堂々巡り/Circular Logic》でカウンターし、続いてプレイされたX=4の《占骨術/Skeletal Scrying》も《マナ漏出/Mana Leak》。そして、岡本は第13ターン目にしてとうとう《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》をプレイ。

これを捨て置くと致命傷となってしまうGaryはすぐさま二枚目の《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》による除去を試みるが、またも《狡猾な願い/Cunning Wish》からの《堂々巡り/Circular Logic》に阻止されてしまう。

続いて、Justin GaryはX=1という小さなサイズで《正義の命令/Decree of Justice》をサイクリング。そう、墓地にある《陰謀団式療法/Cabal Therapy》をフラッシュバックするためである。そのGaryの《陰謀団式療法/Cabal Therapy》フラッシュバックにレスポンスして岡本はX=11での《正義の命令/Decree of Justice》サイクリング。《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》の恩恵で豪華11体の2/2クリーチャーが展開された。...そして、とうとう肝心要の《陰謀団式療法/Cabal Therapy》フラッシュバックの解決だ。ここでGaryが指定したのは《狡猾な願い/Cunning Wish》。ここで、岡本のハンドが《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》と《ミラーリ/Mirari》、《強制/Compulsion》という3枚で構成されていることが明らかとなった。

Justin Garyは躊躇することなく《神の怒り/Wrath of God》をプレイし、ターンを返した。というか、それしか出来なかったのだ。そして、岡本も《ミラーリ/Mirari》と二枚目の《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》をプレイしてターンを返してきたのだった。

Garyは最後の望みをかけて二度目の《消えないこだま/Haunting Echoes》をお見舞いしたが、岡本はしっかりとマナを計算してからサイクリングを開始し、結局ライブラリーからは《堂々巡り/Circular Logic》が出現することとなった。

ここでJustin Garyが投了。

岡本 1- Justin 0

Game 2

今度こそは、と気合を入れなおしたGary。彼は最初の《陰謀団式療法/Cabal Therapy》で《マナ漏出/Mana Leak》を指定し、2枚の《正義の命令/Decree of Justice》と《狡猾な願い/Cunning Wish》、《綿密な分析/Deep Analysis》といった内容の岡本のハンドを確認することとなった。Justinは続くターンにも「《狡猾な願い/Cunning Wish》!」とカード指定しながら二枚目の《陰謀団式療法/Cabal Therapy》をプレイしたのだが、なんと岡本が公開したハンドには引き立てホヤホヤの《堂々巡り/Circular Logic》が含まれていたのだった。

そして、なんとか星を取り戻したいGaryの3枚目のランドは...皮肉にも《邪神の寺院/Temple of the False God》なのだった。岡本が《綿密な分析/Deep Analysis》をプレイした返しのターンでGaryは裏向きで《変異/Morph》クリーチャーを召喚。その《賛美されし天使/Exalted Angel》をコストにフラッシュバックで《陰謀団式療法/Cabal Therapy》をプレイし、ここで《正義の命令/Decree of Justice》を指定したことで3枚ものカードを同時に叩き落すこととなった。岡本のハンドに残されたスペルは《強制/Compulsion》と《堂々巡り/Circular Logic》である。

Justinがもう一匹《変異/Morph》状態で召喚した《賛美されし天使/Exalted Angel》も即座に《神の怒り/Wrath of God》によって破壊され、続くターンには《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》をプレイされてしまうのだった。またしても皮肉なことに...Justin Garyは6マナ目にアクセスするために何度となく《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》をサイクリングするしかなかった。

岡本はひたすら《綿密な分析/Deep Analysis》と《強制/Compulsion》の起動によってライブラリーを掘り進み、次々に第二第三の《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》をエンチャントしてデッキを加速させていった。

Justin GaryJustin Garyは召喚した《アンデッドの剣闘士/Undead Gladiator》をコストに《陰謀団式療法/Cabal Therapy》をプレイしようと試みたが、これは《堂々巡り/Circular Logic》。続く《動員令/Mobilization》も同様にこれまた《堂々巡り/Circular Logic》。そして、岡本はひたすらサイクリングを続け、Garyにとどめをさすためのカードを探し続けた。

「《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》うちたいんだけど...解決して良いかな?」

Justin Garyは半ば諦め顔で、おどけた口調でこうつぶやいた。岡本は終始無言のままで、これも黙々と《マナ漏出/Mana Leak》を《ミラーリ/Mirari》でコピーしてカウンター。そして、とうとう《洞察のひらめき/Flash of Insight》で残り数枚となったデッキをまさぐりはじめた。

かくて、《ミラーリ/Mirari》によって《狡猾な願い/Cunning Wish》コピーによる連鎖がはじまった。もちろん、《クローサ流再利用/Krosan Reclamation》もことここに至って姿をあらわすことになる。

「...うーん、時間を節約しようか」
Justin Garyは右手をさしだして、岡本尋と硬い握手をかわした。

Final Result: 岡本- 2 Gary- 0

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All