ラウンド 3

Posted in Event Coverage on February 26, 2004

By 藤枝 勇

Game 1
Mono Red Control(Blume) vs. Affinity(Guevin)

このマッチアップはとても簡単で、親和の猛攻をコントロールが捌いていかに相手のライフを直接削っていくか、というのがポイントだ。もしくは《炉のドラゴン/Furnace Dragon》と言う最終兵器をゲームに登場させるどうかという感じになる。

展開は予想できる範囲のもので、 1 ターン目《電結の働き手/Arcbound Worker》 2 ターン目《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》《金属ガエル/Frogmite》3 ターン目《頭蓋骨絞め/Skullclamp》と普通に回っていく。それに対して Blume が取った行動は《頭蓋骨絞め/Skullclamp》で《電結の働き手/Arcbound Worker》のカウンターが移る瞬間に《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》で《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》を殺したのみ。

5 / 5 となっている《金属ガエル/Frogmite》を《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》でブロックしながらタリスマンを出して、ゆっくりとマナを貯めていく Blume 。9 マナほど並んだところでようやく《弧炎撒き/Arc-Slogger》が登場し、《頭蓋骨絞め/Skullclamp》で 6 / 4 となった《弧炎撒き/Arc-Slogger》と相打ちになる。

その後 2 回ほど《頭蓋骨絞め/Skullclamp》がついたクリーチャーと相打ちして、アドバンテージを稼がれる Blume だったが、マジックは相手のライフを先に 0 にした方が勝つ。

Guevin のライフが16 。まずは《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》 14 《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》アタックで 13。 《弧炎撒き/Arc-Slogger》で 2 回撃って 9 。最後は《火の玉/Fireball》で 9 点削ってBlume 勝利。

Blume 1 – 0 Guevin

Game 2

Game 1 と違い 1 ターン目《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》 2 ターン目《金属ガエル/Frogmite》 3 ターン目 《金属ガエル/Frogmite》とイマイチ周りの良くない Guevin 。

それに対しての Blume は全く同じ行動でタリスマンを出し、《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を出して相打ちを取る戦法。 Game 2 と違ったのは 6 ターン目にいきなり《炉のドラゴン/Furnace Dragon》が登場してしまった事だろう。

2 枚目のランドと赤マナが有れば《爆片破/Shrapnel Blast》で殺せたのだが、出てくる土地を全て割られてしまってはどうしようもなく Guevin 敗北。

Final Results : Marco Blume Win

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All