ラウンド 4:

Posted in Event Coverage on February 27, 2004

By 真木 孝一郎

二回連続で Feature Match エリアに登場した藤田。それもそのはず、対戦相手は強豪 Brian Kibler である。最近こそ目立った成績を残していないが、トレードマークのヘッドフォンを首にかけたこの男、決して侮れる存在では無い。

Game 1

先手の藤田は山を置くとエンドを宣言し、食い入るように相手の動きを見つめる。と、Kibler は《伝承の樹/Tree of Tales》を置くと、そこから。

 《溶接の壺/Welding Jar
 《羽ばたき飛行機械/Ornithopter
 《マイアの月帯び/Myr Moonvessel
 《チス=ゴリアの歯/Tooth of Chiss-Goria
 《金属ガエル/Frogmite
 
と一気に畳みかける。

「Only six permanent。Just six」
 
と笑いながら語る Kibler。藤田も予想を遙かに超えた展開に苦痛の表情。だが、気を取り直すと《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》を《金属ガエル/Frogmite》に。Kibler は《溶接の壺/Welding Jar》を使用し、その窮地を救う。

取りあえず除去作業を続ける以外に無い藤田。返しの《火の玉/Fireball》で《マイアの月帯び/Myr Moonvessel》を。

だが、Kibler 暴走特急の動きは止まらない。《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》《マイアの処罰者/Myr Enforcer》と次々とカードを繰り出していく。

藤田もなんとか数ターン後に《弧炎撒き/Arc-Slogger》を召還するが…
 
ここで二体目の《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》が登場。既にライフを大きく失っている藤田は、虎の子の《弧炎撒き/Arc-Slogger》で《マイアの処罰者/Myr Enforcer》をブロックせざるを得ない。《チス=ゴリアの歯/Tooth of Chiss-Goria》が《マイアの処罰者/Myr Enforcer》に力を与え、ダメージがスタックに乗った後に《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》へと捧げられる。

Myr Moonvessel

Kibler の場には、二体目の《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》と《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》。既に場には致死量に近いアーティファクトが並ぶ。

だが、藤田は素早く計算を終える。まずはカウンターを三つ乗せた《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》一号に《爆破/Detonate》を。ダメージをもらう必要が無い Kibler はこれを二号に捧げようとする。そこで二号に《爆片破/Shrapnel Blast》。

Kibler は他の全てのアーティファクトをこれに捧げ、《爆片破/Shrapnel Blast》のダメージを超える 6/6 生物に成長させる。更に次のスタックが解決され、3/3 分のトークンが乗っかり、9/9 へと急変貌。

しかし、これで Kibler のクリーチャーもただ一体。なんとかアーティファクト除去を引き当てられれば。出来る範囲で最善手を取った藤田だが…

残念賞。

藤田 0 - Kibler 1

Game 2

再び藤田は山を置いただけで終了。
 
Kibler だが、今回は動きが鈍い。《マイアの月帯び/Myr Moonvessel》を出しただけでターンを終了する。藤田はこれに小首をかしげながら《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》。

早くも土地が詰まってしまった Kibler は《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を出すだけでターンを終える。

それを尻目に藤田は《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を連打しながら、こまめに Kibler のクリーチャーを排除しつけいる隙を与えない。

結局 Kibler は土地を引けず。電撃戦で藤田が星をイーブンに戻す。
 
藤田 1 - Kibler 1

Game 3

先手の Kibler がマリガンを宣言。二度目のハンドをキープすると、《頭蓋骨絞め/Skullclamp》からのスタート。

藤田がいつものように山を置いて終了すると、Kibler は一気に《金属ガエル/Frogmite》を二連打。そして片方に《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を装着しようとするが、そこで藤田は《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》を。カードアドバンテージを許さない。

二枚目の土地をおいた藤田は《衝動のタリスマン/Talisman of Impulse
を置き終了。Kibler が《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》を召還するとレスポンスで残っていた《金属ガエル/Frogmite》に二枚目の《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》を。

軽除去の連打で序盤を凌ぐと、《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》で展開を加速する。

動きがぴりっとしない Kibler は《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》を《頭蓋骨絞め/Skullclamp》に捧げカードを引くも、出たのは二枚目の《頭蓋骨絞め/Skullclamp》。せっかくの強力装備もクリーチャーがいなくては意味が無い。

そして、藤田はためらいも無くボタンを押した。三枚並んだアーティファクトの力を借り、6マナで《炉のドラゴン/Furnace Dragon》を場に送る。藤田も攻撃を終えた《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を始め三枚を失うが、全てのパーマネントを場から奪われた Kibler はそれどころではない。

先ほど引いておいたカードと睨めっこしながら必死に策を練るが、1からのスタートとなった Kibler に出来るのは、《マイアの月帯び/Myr Moonvessel》を召還する事のみ。5/5 のドラゴンと相対するには、余りに物足りない。

藤田は手を緩めず攻撃を行うと、《マイアの月帯び/Myr Moonvessel》に三枚目の《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》を叩きこみ、《伝承の樹/Tree of Tales》を破壊。相手が万が一《恐怖/Terror》を手札に抱えていた場合も想定し、隙のない完璧な動きを。

これが決め手となった。試合後、藤田は Kibler に確認する。
 
「《恐怖/Terror》、サイドから入れてた?」
 
Kibler は静かに頷いた。

藤田 2 - Kibler 1

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All