ラウンド 5: 安藤 玲二 vs. 森田 雅彦

Posted in Event Coverage on September 2, 2005

By Yukio Kozakai

本日二度目の登場となる安藤 玲二

以前のラウンドでもフィーチャーテーブルについていた安藤 玲二(東京)。

最初は「帰ってきた」系のフィーチャーであったという意見は、あえて否定しない。しかし、このラウンドに関して言えば正真正銘の上位卓でのフィーチャーテーブルだ。

ここまで4戦全勝。

安藤の活躍は、かつての2001年日本選手権で、トーナメントシーンから長らく離れていた松尾 悟郎(石川)がフラッと本戦に現れてあっさり優勝を勝ち取っていった、あのイメージが重なる。また、その相手が同じ2001年日本選手権でベスト8に入賞している森田 雅彦(大阪)なのだから、なおの事「再現」の期待をしてしまうオールドプレイヤーもいることだろう。

懐古ばかりしているわけではないが、日本選手権という場は、遠方に住む友と久々に会う機会。昔活躍していた友と再び合いまみえる機会。そう捉えている参加者も少なからずいるという事だ。それこそが、まさに10年という歴史を感じさせるイベントだと物語っているのではないだろうか。

さぁ、試合に戻ろう。デッキは安藤が赤緑、森田が青白だ。

Game1

先手の森田が《偽りの希望の神/Kami of False Hope》から《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours》へと軽やかに繋ぎ、マリガンスタートの安藤に対してまずは強烈な先制パンチを浴びせる。これは《凍らし/Frostling》で対処した安藤だが、今度はダメージ源とばかりに、森田は《月弓の幻術師/Moonbow Illusionist》をプレイグラウンドへ送る。

安藤は《憤怒の炎の思念/Shinen of Fury's Fire》で殴りかかるが、《偽りの希望の神/Kami of False Hope》《今田の旗本/Konda's Hatamoto》と地上を固められ、さらに《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》は《思考縛り/Thoughtbind》でカウンター。そうしている間に《飛行の翼の思念/Shinen of Flight's Wings》が森田の陣営に顔を出し、《山伏の炎/Yamabushi's Flame》がこれを焼き払うが、場とライフは圧倒的に森田が支配している。

ポーカーフェイスで淡々とゲームを進める森田。明らかに「きちぃなぁ」という顔をして、1枚1枚カードを確認しながら前進する安藤。

安藤は、ほぼフルタップで《燃える眼のずべら/Burning-Eye Zubera》《万力鎖/Manriki-Gusari》と展開して、あとは飛行クリーチャーだけ対処出来れば、という状態だったが。このタイミングで森田がプレイしたのは《塵を飲み込むもの、放粉痢/Hokori, Dust Drinker》。

安藤「え゙え゙~~~~~~???!!!!」

安藤 0-1 森田

Game2

控えめに、顔を叩く安藤。おなじみのポーズがちょっとだけ戻ってきて、いよいよエンジンがかかって来たか。

《憤怒の炎の思念/Shinen of Fury's Fire》で先行すると、返しのターンに森田は相変わらず土地を置くだけ。当然《思考縛り/Thoughtbind》が構えられているわけだが、安藤は《桜族の春呼び/Sakura-Tribe Springcaller》を囮に《燃える眼のずべら/Burning-Eye Zubera》を通し、《残忍な稲妻/Feral Lightning》で大ダメージを与える。

森田もようやく立て直し、《月弓の幻術師/Moonbow Illusionist》《朧宮の微風呼び/Oboro Breezecaller》《飛行の翼の思念/Shinen of Flight's Wings》と並べ、《燃える眼のずべら/Burning-Eye Zubera》を《霧刃の忍び/Mistblade Shinobi》で遅らせた上で《手の檻/Cage of Hands》で縛り上げてみせる。

だが、安藤は《浪人の洞守り/Ronin Cavekeeper》で殴り続け、ゲームの合間に「これ強くない? 強くない? ……やっぱないかぁ」と談笑していた《悪忌の隠者、ベンベン/Ben-Ben, Akki Hermit》が、6枚の山のバックアップで森田の《狐の守護神/Patron of the Kitsune》までも許容範囲に巻き込んでみせる。

森田 雅彦

一方で、2枚目の《思考縛り/Thoughtbind》と《繕いの手/Mending Hands》で安藤の猛攻撃を逃れた森田。何とか膠着状態に持ち込むが、安藤の《悪忌の隠者、ベンベン/Ben-Ben, Akki Hermit》が邪魔でなかなかライフが削れない。そう思っていた矢先に引き込んできたのが《寄せる潮のずべら/Rushing-Tide Zubera》。

安藤「せこっ!!」

殺したくないハードパンチャーの登場で、残ライフ5の安藤は本気でマナバーン覚悟のベンベン起動を考え始める。

さらに、その次に森田が引いてきたのが《月明かりの徘徊者/Moonlit Strider》。場にはパワー5の《狐の守護神/Patron of the Kitsune》。

安藤「……」
安藤「…………」
安藤「………………ばかーーー!!!」

安藤 0-2 森田

Final Results:森田 Wins!

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All