ラウンド 5:

Posted in Event Coverage on February 27, 2004

By 吉川 祐輔

Deck Information

中島:黒赤Affinity
逢坂:赤緑アンチアーティファクト

GP岡山で権利を獲得した茨城の中島主税、地元札幌のPTQを制し神戸に乗り込んできた逢坂。共に実力派で、ここまで3勝1敗と順調な滑り出しの両者である。

中島は環境最速の親和を使用しているのだが、逢坂のデッキはアンチアーティファクトの赤緑で、分が悪いとこぼしていた。
さて、その結果はいかに。

Game 1

ダイスロールにより逢坂先攻。《山/Mountain》スタートの逢坂に対し、中島は《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》《溶接の壺/Welding Jar》2枚、《頭蓋骨絞め/Skullclamp》《金属ガエル/Frogmite》とロケットスタート。《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》2枚で対抗していく逢坂だが、《溶接の壺/Welding Jar》の前にどうも分が悪い。

第2ターンにも《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》を続け、《頭蓋骨絞め/Skullclamp》とあいまって親和らしい軽快な展開を行っていく中島。確実に時計を縮め、逢坂が《弧炎撒き/Arc-Slogger》をようやく出せたころには《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》と《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》、《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》でゲームを決めていた。

「ミスってくれないかな、と思ってた」と逢坂。
「ミスりませんよ~」とは中島。

中島 –1 逢坂 -0

Game 2

再び逢坂先攻。

《山/Mountain》《伝承の樹/Tree of Tales》から《耽溺のタリスマン/Talisman of Indulgence》スタートの逢坂に対し、《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》《電結の働き手/Arcbound Worker》、さらに《空僻地/Glimmervoid》《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》と再び激回りの予感の中島。

だが逢坂も第3ターンの《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》で逆転の礎を作る。中島は「2セット」と笑いながら《電結の働き手/Arcbound Worker》《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》を展開し、少し悩んだ後もともと出してあった1セットで攻撃宣言。逢坂は《電結の働き手/Arcbound Worker》をブロックし、《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》にその力が移り逢坂に4点を。

返すターン逢坂は2枚目となる《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》をプレイし、これは即座に4/4《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》をチャンプブロック、ドローに換わる。中島は《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》が邪魔で効果的な攻撃ができない。《エイトグ/Atog》を戦列に加え終了。

こうなれば、「例のカード」の登場である。《炉のドラゴン/Furnace Dragon》が降臨し、中島の戦線を溶かす。中島は浮かせたマナで竜を《恐怖/Terror》するが、やはり厳しい状態は否めない。

一つ残った《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》から《頭蓋骨絞め/Skullclamp》で望みをつなぐ中島だが、これを《酸化/Oxidize》され、巨大な《火の玉/Fireball》を2発撃ちこまれ敗北した。

「(逢坂の《弧炎撒き/Arc-Slogger》で、ライブラリの中身を)見せてもらおうと思ったんだけどな」、と中島はひとこと。

中島 –1 逢坂 –1

Game 3

念入りにシャッフルをする中島、「シャッフルが大事ですから」。

しかしその願いも空しく、ダブルマリガンに追い込まれてしまう。続く5枚の初手にも苦笑い。第1・2ターンと《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を出してはみるが、土地が1枚、それも《山/Mountain》1枚で止まってしまっては厳しい。その間に逢坂は悠々と《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》から《弧炎撒き/Arc-Slogger》を展開。

何とか2枚目の土地として《山/Mountain》…を引いてはみる中島だが、出てくるクリーチャーは《エイトグ/Atog》、しかも餌が《頭蓋骨絞め/Skullclamp》ではどうもチグハグ。逢坂は的確に《弧炎撒き/Arc-Slogger》の能力を起動し、中島に隙を与えず押し切った。

中島 –1 逢坂 -2

ここまで5ラウンド全ての対戦相手がAffinityであるという逢坂。メタデッキを手に、上りつめられるか。

Yusuke Osaka defeats Chikara Nakajima.

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All