ラウンド 7: 安藤玲二 vs. Justin Polin

Posted in Event Coverage

By 森慶太

初日最終戦。

日本勢勝ち頭は安藤玲二。彼はすでに二日目進出ラインの 13point を獲得している(5-1)ため、明日を踏まえてここで Intentional Draw はしなかったのだった。

6-1 なるか?

Game 1

《リスのお喋り/Chatter of the Squirrel》、《墓所を歩くもの/Crypt Creeper》、《 Diligent Farmhand / 精励する農場労働者 》と序盤の大攻勢にでる Polin。

安藤も《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》から《不屈の部族/Tireless Tribe》、《天使の壁/Angelic Wall》とブロッカーを調達し、ライフ損失 10 というラインに何とか踏みとどまったのだった。

状況を膠着させたなら、もちろん緑黒の Polin より青白タッチ緑の安藤にこそ未来があるわけで、ここからは Flyer の連打となる。そう、相変わらず気合の一人ビンタを繰り返しながら《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》と《エイヴンの群れ/Aven Flock》を見事に引き当てて来たのだった。

Polin も《ゴリラのタイタン/Gorilla Titan》と《サディストの催眠術師/Sadistic Hypnotist》を召喚してきたものの、フライヤーでアタックしつつ《一瞬の平和/Moment's Peace》を使用し、ライフ差をイーブンの 10-10 にまで持ち込んだのだった。ただ、Polin が《苦悩/Afflict》で《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter》を除去しつつ《飛びかかる虎/Springing Tiger》までを戦列に加えてきたために、安藤の進撃はストップした。

そして、Polin は思わせぶりなアタック。
明らかに制御可能な状況であったのだが、なぜか安藤は《ゴリラのタイタン/Gorilla Titan》をブロックしなかった。...もちろん、ブロックアサインの直後に安藤は正気に戻ったのだったが、通してしまったダメージと《病的な飢え/Morbid Hunger》とで安藤は残り 10 点のライフをあっという間に失ってしまったのだった。

「なんてミスだ...」
-安藤玲二

Polin Justin 1-1

Game 2

《リスのお喋り/Chatter of the Squirrel》連打から《ナントゥーコの信奉者/Nantuko Disciple》と並べた Polin。対する安藤はハンドの《カーターの怒り/Kirtar's Wrath》を効果的に活用するために《森林地帯のドルイド/Woodland Druid》と《秘教の盲信者/Mystic Zealot》でお茶を濁しつつ時間を稼ぐ。Polin が《Elephant Ambush/象の待ち伏せ》まで使ってきた段階で場をリセット。

ただ、Polin がトップデッキ《ゴリラのタイタン/Gorilla Titan》。

安藤はハンドに《一瞬の平和/Moment's Peace》が 2 枚あったために 2 体の《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》でビートダウンに走った。
そして、安藤も《ゴリラのタイタン/Gorilla Titan》を引き当てたことでこれらが相打ち、安藤優位となる。

Polin もここで《野生の犬/Wild Dogs》、《モルグの窃盗/Morgue Theft》した《ナントゥーコの信奉者/Nantuko Disciple》、フラッシュバックの《象の待ち伏せ/Elephant Ambush》と連打したのだが、安藤は《一瞬の平和/Moment's Peace》のマナを残したままの状態で《むら気な天使/Wayward Angel》!

残しておいた 2 マナがサックランドであったがために、Polin の《恐ろしい死/Ghastly Demise》を見事にスレッショルドを満たす形で回避できたのだった。

《一瞬の平和/Moment's Peace》フラッシュバックを残してあった、安藤がレアパワーを見せ付けた。

安藤 1-1

Game 3

安藤の気持ちが高ぶっているのがひしひしと伝わってくる。
せわしない動き、頬が赤くなっているのにひたすら一人ビンタ。
このマッチがどれだけ重要であるかを痛感しているからだろうか?

先攻は Polin。
またしても《リスのお喋り/Chatter of the Squirrel》スタートで、第 2 ターンにも《野生の犬/Wild Dogs》をトップデッキ。さらに《精励する農場労働者/Diligent Farmhand》、《 Springing Tiger / 飛びかかる虎 》と後続は続き、安藤が 4 ターン目に最初のクリーチャーである《飛びかかる虎/Springing Tiger》を引き当てた段階でライフを 7 点も削られてしまっていたのだった。

続く Polin のフルアタックで《飛びかかる虎/Springing Tiger》同士が相打ちをとったあと、安藤は待望のマナを揃えて《カーターの怒り/Kirtar's Wrath》!

マス・デストラクションの後も、」 Polin は《飛びかかる虎/Springing Tiger》、《リスのお喋り/Chatter of the Squirrel》と素早く戦線を再構築した。

そして、安藤はここで《玉虫色の天使/Iridescent Angel》を召喚し、取り囲む日本人ギャラリーも表情を明るくした。

安藤は続くターンにも《ひたむきな殉教者/Dedicated Martyr》、《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》、《不屈の部族/Tireless Tribe》と続け、ビートダウンを開始した。

さらに、安藤はここで《一瞬の平和/Moment's Peace》までを引き当ててきた。もはや勝利は確定的かとさえ思えたが、ライフトータルを先に 0 にされてしまったのは他ならぬ安藤玲二なのだった。一方、制空権をとった安藤に殴れ続けられながらも、フラッシュバックの《象の待ち伏せ/Elephant Ambush》などを連打して地上に軍勢を集結させていく Polin。

Polin は《不屈の部族/Tireless Tribe》を《恐ろしい死/Ghastly Demise》で、《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》を《総帥の願望/Patriarch's Desire》で除去し、...それでも安藤が《秘教の盲信者/Mystic Zealot》を展開しつつ《玉虫色の天使/Iridescent Angel》でのアタックを継続してきたに及んで、ついに決起した。

2 枚目の《総帥の願望/Patriarch's Desire》で《ひたむきな殉教者/Dedicated Martyr》を除去し。そしてフルアタック。

...安藤は唯一残された《秘教の盲信者/Mystic Zealot》で《飛びかかる虎/Springing Tiger》を機械的にブロックするしか出来ることが無い。

Justin Polin は墓地に《精励する農場労働者/Diligent Farmhand》が落ちていることを確認したうえで《筋力急伸/Muscle Burst》をキャストした。

そう、ピッタリだ。
かくて、安藤は対戦相手を 4 点にまで追い詰めておきながらも、トップデッキの嵐にしてやられたのだった。そもそも、《カーターの怒り/Kirtar's Wrath》を打たれたとは思えない凄まじいリカバリーを見せつけられたものである。

Justin Polin「Gomen-nasai」

安藤「(独白気味に)...一本目がすべてだったか...」

Final Result:Justin Polin 2-1 安藤玲二

Latest Event Coverage Articles

December 3, 2019

Grand Prix Bologna 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Vogt, Marc Eric [DE] 40 $7,000 2 Polzl, Tristan [FR] 43 $3,500 3 Tassone, Lorenzo [IT] 39 $1,750 4 Cicchini...

Learn More

November 25, 2019

Grand Prix Columbus 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Coval, Brian [US] 36 $7,000 2 Fronsee, Adam [US] 40 $3,500 3 Luettger, Christopher [US] 39 $1,750 4 Whiteho...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All

We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more