ラウンド 7: Ayumi Gundan vs. I Blame Bung

Posted in Event Coverage on September 13, 2003

By Tsuyoshi Fujita

A:Adam Hurd vs. ふじしゅー
B:Jeremy Elgar vs. 東野
C:Nick Page vs. 長岡教祖

初日5-1とすばらしい成績で勝ちあがった両チーム。
長岡とNick Pageの戦いを注目してお送りする。

Drafting

Pageが青、黒、黒、青ととったのに対し、長岡が黒、赤、黒、黒というピックでスタート。黒青対黒赤かと思われた序盤のドラフトだったが...長岡が5手目に《上昇するエイヴン/Ascending Aven》を取り青への布石を見せ、一方のPageが6手目に《溶岩使いの技/Lavamancer's Skill》を取り赤青へ向かうそぶりを見せる。

Adam Hurd vs. ふじしゅーそしてlegionの1パック目、長岡が《残響の追跡者/Echo Tracer》を、Pageが黒同士のメタカード《宝石の手の汚染者/Gempalm Polluter》を取ったところでお互いの色が青黒ミラーマッチの様相を呈してきた。

LegionでPageが《皮を剥ぐ者/Skinthinner》、《死体の収穫者/Corpse Harvester》とゾンビ路線を取ったのに対し、長岡は《墓所スリヴァー/Crypt Sliver》、《神経スリヴァー/Synapse Sliver》にIllusion軍団とマニアックなスリヴァー路線に走ることになる。

ScourgeではPageがタフネス1の多い長岡デッキに効く《死神頭のノスリ/Death's-Head Buzzard》を加えさらに《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat》《よじれた嫌悪者/Twisted Abomination》まで追加して大幅パワーアップしたのに対し、長岡は同キャラで効くのかわからない《墓への呼び声/Call to the Grave》を2枚と《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat》《長引く死/Lingering Death》《流れ込む知識/Rush of Knowledge》さらにゾンビに良く効く《復讐に燃えた死者/Vengeful Dead》をゲット。

特に《流れ込む知識/Rush of Knowledge》は地戦相手が《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat》を取って流してきたおいしい一品。対戦相手が何を持っているかわかってるチームロチェでは明らかに《流れ込む知識/Rush of Knowledge》の方が評価が上だと思うのだが・・・。とはいえScourgeは明らかにPage側に実りが多かったと言える。

さてデッキ構築中の話を聞きに行くと東野、長岡がお互いに早くも負けの責任を擦り付け合っている始末。「《墓への呼び声/Call to the Grave》なんかいらんかったのに東野君が取れ言うから・・・」他方は「そんなん欲しかったら無視して他の取ったらいいのに」とまぁこんな具合。

果たしてゾンビ対スリヴァーはどちらに軍配が上がるのか?。
「だいたいあの黒デクリーはオレが・・・」まだやってる・・・(笑)

Game 1

先攻のPageがマリガンしてのスタート。
先に動いたのは長岡で、2ターン目に《墓所スリヴァー/Crypt Sliver》を召喚してスリヴァーシステムへの第一歩を。しかし返す刀でPageが《死神頭のノスリ/Death's-Head Buzzard》を呼んでいきなりその野望が崩されることに。

Jeremy Elgar vs. 東野3ターン目長岡が《憑依された死者/Haunted Cadaver》を《変異/Morph》で召喚するとPageは《上昇するエイヴン/Ascending Aven》を呼び《死神頭のノスリ/Death's-Head Buzzard》を攻撃に出して上空からの攻撃を開始。しかしこの時Pageは長岡の《変異/Morph》と《墓所スリヴァー/Crypt Sliver》が起こす悲劇を全く予想していなかったに違いない。もしこの時《死神頭のノスリ/Death's-Head Buzzard》をブロッカーとしておいていればこの後の展開はまったく違うものになっていたかもしれない。

次のターン長岡は《変異/Morph》で攻撃、《上昇するエイヴン/Ascending Aven》はもちろんブロックできないので通ると長岡は《変異/Morph》を解除。マリガンで3枚になっていたPageの手札を全て捨てさせる事を選んだ。マナのない長岡はそのターンは何も召喚できずエンド。一方のPageは今引いた《霧衣の壁/Mistform Wall》を召喚して現存する航空部隊で攻撃を繰り返す。この攻撃で長岡のライフは13に。

次ターン長岡は5マナある状態なのに《霧衣のウミツバメ/Mistform Seaswift》を《変異/Morph》で召喚し、さらにPageの攻撃を《変異/Morph》解除せず体で受けライフを8までへらした。普通に呼ぶことも出来るし《変異/Morph》解除してブロックすることも出来たのにあえて長岡はそれをせず5ライフ失った。一体それはなぜか考えてみて欲しい。

長岡軍に飛行クリーチャーなしとみたPageは更に2体で攻撃を続ける。すると準備完了とばかりに長岡は豊富なマナを元に《霧衣のウミツバメ/Mistform Seaswift》の《変異/Morph》を解除し《上昇するエイヴン/Ascending Aven》をブロック、そして《霧衣のウミツバメ/Mistform Seaswift》の種族をスリヴァーへと変え再生した。まさに長岡はこれを狙っていた。5ライフよりも1枚のカードアドバンテージを優先したのである。

この作戦により場は急速に長岡有利に傾いていく。ライフは6となったもののお互いのコントロールしてるパーマネントは、

Page:《霧衣の壁/Mistform Wall》《死神頭のノスリ/Death's-Head Buzzard
長岡:《霧衣のウミツバメ/Mistform Seaswift》《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat》《変異/Morph》《墓所スリヴァー/Crypt Sliver

と長岡が圧倒的優位な場になる。

Pageが次ターン《宝石の手の汚染者/Gempalm Polluter》をサイクリングし長岡のライフは4に、さらにドローしたカードと合わせて一気に《変異/Morph》《ゴブリンの裏切り者/Goblin Turncoat》と召喚して意地を見せるがそこで長岡のドローは《墓への呼び声/Call to the Grave》。あれだけ擦り付け合った役立たずカードでまず長岡が1本先取。

長岡-1 Page-0

Game 2

今度は後手の長岡がマリガンしてのスタート。

Nick Page vs. 長岡教祖先攻Pageが《ゴブリンの裏切り者/Goblin Turncoat》、《死神頭のノスリ/Death's-Head Buzzard》と快調なスタートに対し、長岡は増幅1(《憑依された死者/Haunted Cadaver》)の《腐れざる喧嘩屋/Embalmed Brawler》《上昇するエイヴン/Ascending Aven(ON)》と召喚して対抗する。

しかしPageはその後何も召喚せず2ターンエンド、長岡は《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat》を呼んで《腐れざる喧嘩屋/Embalmed Brawler》で攻撃に出る。

するとPageは《ゴブリンの裏切り者/Goblin Turncoat》でチャンプブロック。この時多分長岡、自分を含む全てのギャラリーが思ったに違いない「なんで?」で、更にPageは《死神頭のノスリ/Death's-Head Buzzard》でアタックしてきたので長岡は《上昇するエイヴン/Ascending Aven》でブロック、すると何事もなく相打ちに・・・
だから「なんで???」

そして長岡が2体の《変異/Morph》を追加するとPageは手札が全部ランドなのを見せて投了。

長岡-2 Page-0

「これぞ実力」と長岡談

一方チームの方は東野が《荒廃の箱/Ark of Blight》×3の」ランデスで負けはしたものの。
最近絶好調のフジシューが《ハンドルーグ/Hundroog》パワー?で奇跡の勝利し、チームも辛くも勝利。

「作戦通り」東野談

(日高)あゆみ軍団が決勝進出にむけて好発進となった。

Final Results:Ayumi Gundan-2, I Blame Bung-1

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All