ラウンド 8: 鹿田暢亮 vs. 藤田修

Posted in Event Coverage on August 24, 2002

By 松井健治

 藤田修第 8 回戦を全勝で迎えたのは 6 人、その中の一つの試合をお送りしよう。

 鹿田暢亮と藤田修。
 2 人とも藤田剛史を筆頭とする関西勢と同じ場所で調整し、今回も同じ宿でデッキを調整し、2 人ともデッキの内容は熟知している。
 この試合の流れを藤田修と同じ黒単コントロールを調整していた東野の言葉を借りて表現すると、「Budde 型?余裕、余裕(黒コン側が余裕)。」との事。

 では、本日の最終戦を始めよう。

Game 1

 先手の鹿田が初手を眺めて 1 分程考える。
 《島/Island》が 2 枚に、5 枚の緑のカード。
 Kai Budde タイプの青緑を操る鹿田のデッキには 10 枚の森と 13 枚の島が入っており、森を 1 枚引けば大回転すると言った感じの手札。

 結果から言うと、鹿田はこの手札をキープし、 6 ターン後に負けるまで森を見かけることはなかった。

 話を追うと、緑マナの出なかった鹿田に対して 2 ターン目に《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》を呼んだ藤田は 5 点、 6 点、、 7 点と、一気に鹿田のライフを削りきってしまったのだ。

鹿田 0 - 1 藤田

Game 2

 再び先手は鹿田の元に移り、初手に《島》しか無いものの、今回は青いスペルを大量に抱えているので、そのまま発進。
 《物静かな思索/Quiet Speculation》を 2 回撃ち、それでも《島》しか引いてこないのを見ると一抹の不安を覚えるが、《入念な研究/Careful Study》を引き、それを打つと一気に 2 枚の《森/Forest》をゲット。

 そこから鹿田は反撃に移る。
 《入念な研究》のディスカードで《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》を出し、それを除去されずに次の鹿田のターンに移ると、墓地に用意していた《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》を安全にキャストしていく。

 《もぎとり/Mutilate》の為に、なんとしても沼を 6 枚並べる必要のある藤田が、ここでセットした土地は、《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》。

 この遅れで藤田の負けが確定してしまった。
  4 枚の沼と 1 枚の《陰謀団の貴重品室》。
 後に続けて鹿田がワームトークンを場に出すと、藤田はそのまま投了を宣言。

鹿田 1 - 1 藤田

Game 3

Cabal Coffers
Nantuko Shade
Mutilate
計算は面倒ですが・・・

 3 度、鹿田の初手には《島》しかなく、それも今回はそれ 1 枚のみ。
 だがその横にある 1 枚の《入念な研究》に自分を託し、ゲームを開始。
 1 回目の《入念な研究》では引いてこなかったが、その後のドローで《森》を手に入れ、攻撃を開始。

 何とか《森》をゲットした鹿田はクリーチャーを展開し始めるが、藤田も鹿田の出遅れを見逃すわけ無く、《ナントゥーコの影》を早々にキャストし、休むことなく攻め続ける。
 鹿田がワームトークンを呼べば、藤田は《顔なしの解体者/Faceless Butcher》でピンポイント除去をし、鹿田を常に守衛に追い込みながら、とどめの《腐臭の地/Rancid Earth》を鹿田の唯一の《森》に打ち込み、これで終了かと思われた。

 だが、突然《森》を重ねて引いてきた鹿田は、《灰毛の定め/Grizzly Fate》を撃ち、このくまトークンをブロッカーにし、再び《灰毛の定め》をフラッシュバックで撃ち、返しで殴りかかれば、逆転の目が出てくるところで、藤田のとどめが入る。

  3 枚の《陰謀団の貴重品室》からの《ナントゥーコの影》を生き残らせながら打つ《もぎとり/Mutilate》だ。

 これによって鹿田のくまトークンが一掃され、無人の荒野を《ナントゥーコの影》が一人で鹿田に攻撃し、本日の全勝が決定した。

鹿田 1 - 2 藤田

Final Result : 藤田 Win

Shikata Nobuaki

Download Arena Decklist
Creature (10)
4 Wild Mongrel 3 Wonder 3 Basking Rootwalla
Instant (8)
4 Mental Note 3 Envelop 1 Moment's Peace
Artifact (3)
3 Catalyst Stone
Land (23)
13 Island 10 Forest
Other (4)
4 Careful Stady
60 Cards
Sideboard (15)
1 Grizzly Fate 1 Envelop 2 Moment's Peace 3 Upheaval 3 AEther Burst 1 Alter Reality 1 Rey of Revelation 1 Howling Gale 2 Bearscape

Fujita Osamu

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All