ラウンド 8:

Posted in Event Coverage on February 27, 2004

By 藤枝 勇

Game 1

Mono Red Control vs. Affinity

石田先攻で始まり、そこから立て続けに《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》《酸化/Oxidize》《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》 * 2 とキャストし続けて、ラストの 6 ターン目には《炉のドラゴン/Furnace Dragon》キャスト。( タリスマン 2 枚と《大焼炉/Great Furnace》 )

Caumes に 3 枚目のランドを置かせない猛攻で 1 本目を圧勝する。

石田 1 – 0 Caumes

Game 2

Game 1 のうさを晴らすかの様に 1 ターン目から《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》、 2 ターン目に《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》《頭蓋骨絞め/Skullclamp》と展開して一気に攻める Caumes。

石田も《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》で 1 体の《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》を除去するものの後続が続かず、思ったよりマナが伸びない。《減衰のマトリックス/Damping Matrix》で《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》の能力そのものは封じるが、置いたときに 3 / 3 になっているためそれのダメージ自体がとても辛い。

《酸化/Oxidize》や《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》でゆっくりと体勢を立て直そうとするのだがその度に《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》からの 1 点が響き最後まで生き残った 1 体の《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》がどうしようもなく Caumes に押し切られる形となる。

石田 1 – 1 Caumes

Game 3

勢いに乗ったのか Caumes は 1 ターン目から《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》《溶接の壺/Welding Jar》《金属ガエル/Frogmite》と一気に展開。次のターンには《霊気の薬瓶/AEther Vial》《マイアの処罰者/Myr Enforcer》と追加していわゆるぶん回りの状態になる。

対して石田側の手札を見ると、《弧炎撒き/Arc-Slogger》が 2 体に《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》が 1 枚で後は土地・・・・・・。

Caumes は 3 ターン目に《電結の働き手/Arcbound Worker》と手は止まらずに、石田がようやく《弧炎撒き/Arc-Slogger》を出すと、返しに《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》を出してゲームセット。

石田格、無念の初日落ち。

Final Results : Benjamin Caumes Win

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All