ラウンド 8: Olivier Ruel vs. 田村 亮

Posted in Event Coverage on March 29, 2003

By 松井健治

Olivier Ruel本日最終戦のフィーチャーマッチは、 5 勝 2 敗ラインの勝てば明日の目があるかも知れない所で対峙するのは Ruel と田村。

Game 1

先手 Ruel の《爆発的植生/Explosive Vegetation》から《にらむローガン/Glowering Rogon》で +1 増幅。
そのまま《樹皮革のやっかいもの/Barkhide Maulerv》、《針撃ちゴルナ/Needleshot Gourna》と大きい所を並べて行く。

対する田村は、赤と白の小さなクリーチャーしか引かないため、この大きなクリーチャー軍を多数ブロックによって処理するしかなく、どんどん劣勢になっていく。

単純なサイズ差のやり取りをしているせいで、田村の場には何も無くなり、そのまま緑のデカブツがそのまま田村を踏み荒らすこととなった。

Ruel 1 - 0 田村

Game 2

田村が先手を取り、赤白の軽量ゾーンでビートダウンを始め、《スカークの匪賊/Skirk Marauder》や《斧のしもべ/Liege of the Axe》なのでアドバンテージを取りつつ攻めることが出来ているが、これは Ruel の《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》で全てを無に。

ここから十分にマナの溜まった Ruel が一気にデカブツ軍団を場に放っていくのだが、序盤にあまりに殴られすぎたために攻めに転ずることが出来ず、そろそろかなと言った所で、田村から止めの《炎波の発動者/Flamewave Invoker》が登場。

Ruel のデッキは白緑タッチ青のデッキであり、Ruel のいデッキで《炎波の発動者》に対する答えは、残す所《残響の追跡者/Echo Tracer》のみ。

だが、このターンの間に倒しきることが出来ないと悟ると早々に投了。

Ryo Tamuraそしてこれが田村のデッキで、唯一 Ruel に勝つ方法ではないだろうか。

Ruel 1 - 1 田村

Game 3

再び、先手は Ruel に移り、デカブツこそ今回はまだ引いてはいないが、白と緑の強い部分のカードを使い、《クローサのむさぼり獣/Krosan Vorine》にいろいろオプションつけていき、生物兵器を作成。

この隙を突くことが出来なかった田村はなすがままにされ、《間に合わせの鎧/Improvised Armor》まで装着したこの暴れん坊に蹂躙され尽くす。

もうだめかと思ったときに、《砂の皮膚/Sandskin》を引いた田村はすぐさま《クローサのむさぼり獣》にはるが、即座に Ruel の《ナントゥーコ自警団/Nantuko Vigilante》が表がえり、ゲーム終了。

Final Result : Ruel 2 - 1 田村

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All