ラウンド 9 チームロチェスター: A.A Beam vs. Scarecrow

Posted in Event Coverage on September 13, 2003

By Keita Mori

二日目に進んだものの...どうにも歯車がかみ合わないA.A Beam。ドラフティングでしてやったり...と思っても、肝心のマッチで対戦相手がブンまわり、もしくは自分たちが事故事故。4勝2敗というスコアで二日目に進出できたものの...今日の不調が響いてトータル4勝4敗という有様である。

そんな Akira Asahara Beamがここでマッチアップされたのは、ライターとしてちょっとばかり有名なSean McKeonとSeth Burnが組んだScarecrow。第三の男である巨漢のKevin Auは正体不明。まさしくミステリアス・サードそのものである。

Scarecrow側の先手でロチェスターがはじまった。

-A.A Beam(Japan)
Player A 上野一樹
Player B 大磯正嗣
Player C 浅原晃

-Scarecrow (USA)
Player A Kevin An
Player B Seth Burn
Player C Sean McKeon

・オンスロート
Pack #1

Player B, Seth Burn-《うなるアンドラック/Snarling Undorak
Player C, Sean McKeon-《死の脈動/Death Pulse
Player A, 上野一樹-《堕ちたる僧侶/Fallen Cleric
Player B, 大磯正嗣-《霧衣の夢幻/Mistform Dreamer
Player C, 浅原晃-《スカークの猛士/Skirk Commando》+《正義の理由/Righteous Cause
Player A, Kevin An-《突進する石背獣/Charging Slateback

一番最初の自己主張タイム。A.A.Beam側には当初から上野が緑黒、大磯が青赤、浅原に白いデッキ(おそらく白黒)という基本的なルールが定まっていたのだが、浅原はまだ主張らしい主張に至っていない。

Pack #2

Player C, Sean McKeon-《めった切り/Slice and Dice
Player A, 上野一樹-《残酷な蘇生/Cruel Revival》+《ワイアウッドのエルフ/Wirewood Elf
Player B, 大磯正嗣-《狙いすましたなだれ/Pinpoint Avalanche
Player C, 浅原晃-《臓物にかぶりつく者/Entrails Feaster
Player A, Kevin An-《夜明けの浄化者/Dawning Purist》+《ダールの槍騎兵/Daru Lancer
Player B, Seth Burn-《ただれたゴブリン/Festering Goblin

McKeonは当初《残酷な蘇生/Cruel Revival》をピックして初手の《死の脈動/Death Pulse》とあわせて強力な黒いデッキを実現したかったようだが...仲間たちが必死に説得して《めった切り/Slice and Dice》ピックをしびしぶ了承していた。上野は緑黒、大磯は青赤へまっしぐら。

Pack #3

Player A, 上野一樹-《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk
Player B, 大磯正嗣-《狙いすましたなだれ/Pinpoint Avalanche
Player C, 浅原晃-《戦場の衛生兵/Battlefield Medic
Player A, Kevin An-《隔離されたステップ/Secluded Steppe
Player B, Seth Burn-《根囲いの壁/Wall of Mulch
Player C, Sean McKeon-《堕ちたる僧侶/Fallen Cleric》+《不敬の祈り/Profane Prayers

浅原が《戦場の衛生兵/Battlefield Medic》ピックでクレリック路線を示唆するや、McKeonもにやりと笑ってクレリックとクレリック式《生命吸収/Drain Life》こと《不敬の祈り/Profane Prayers》をピック。

Pack #4

Player B, 大磯正嗣-《火花鍛冶/Sparksmith
Player C, 浅原晃-《間に合わせの鎧/Improvised Armor
Player A, Kevin An-《篤信の魔除け/Piety Charm
Player B, Seth Burn-《うなるアンドラック/Snarling Undorak
Player C, Sean McKeon-《樹を跳ねるロリアン/Treespring Lorian
Player A, 上野一樹-《アフェット式底ざらい/Aphetto Dredging

大磯が開封したパックに待望の《火花鍛冶/Sparksmith

Pack #5

Player C, 浅原晃-《残酷な蘇生/Cruel Revival
Player A, Kevin An-《稲妻の裂け目/Lightning Rift
Player B, Seth Burn-《ワイアウッドの伝令/Wirewood Herald
Player C, Sean McKeon-《燻し/Smother》+《石弾投擲兵/Gravel Slinger
Player A, 上野一樹-《天然の城塞/Crude Rampart》+《ダールの槍騎兵/Daru Lancer
Player B, 大磯正嗣-《溶岩使いの技/Lavamancer's Skill》+《霧衣の壁/Mistform Wall

浅原が開封した第5パックはA.A Beamにとって大きな大きな意味をもつものとなった。もっとも、対戦相手も相当に強化されたわけだが...対戦相手3人をまたいで大磯の青赤デッキに待望の《溶岩使いの技/Lavamancer's Skill》と砲台専用台ともいうべき《霧衣の壁/Mistform Wall》をトスできたからだ。上野はおとなしくMcKeonやAuに戻っていくはずだった2枚の白いカードを淡々とカット。

Pack #6

Player A, Kevin An-《火花鍛冶/Sparksmith
Player B, Seth Burn-《絹鎖の蜘蛛/Silklash Spider
Player C, Sean McKeon-《圧倒する防衛者/Daunting Defender
Player A, 上野一樹-《うなるアンドラック/Snarling Undorak
Player B, 大磯正嗣-《孤立した砂州/Lonely Sandbar
Player C, 浅原晃-

Scarecrowの開封した最終パックは実に強烈だった。《稲妻の裂け目/Lightning Rift》を手に入れたばかりだったAnがここで《火花鍛冶/Sparksmith》を手にし、青赤の大磯正嗣とマッチアップすることになっているSeth Burnは決戦兵器《絹鎖の蜘蛛/Silklash Spider》を入手したのだ。

ともあれ、オンスロートを終えてマッチアップの概要がおぼろげに見えてきた。

Player A, 上野一樹(緑黒) vs. Kevin An(赤白)
Player B, 大磯正嗣(青赤) vs. Seth Burn(緑)
Player C, 浅原晃(白黒) vs. Sean McKeon(白黒)

上野は《ワイアウッドのエルフ/Wirewood Elf》によるマナブースト、除去に《残酷な蘇生/Cruel Revival》、アタッカーに《うなるアンドラック/Snarling Undorak》や《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》という具合に堅実な緑黒。対するAnは《稲妻の裂け目/Lightning Rift》と《火花鍛冶/Sparksmith》をフューチャーした赤いデッキ。二色目は今のところ白が濃厚だがまだ不安定かもしれない。

大磯は《火花鍛冶/Sparksmith》と《溶岩使いの技/Lavamancer's Skill》を含んだ理想的な赤青の砲台+フライヤーデッキに進もうとしているが、一方のBurnには2体の《うなるアンドラック/Snarling Undorak》や《絹鎖の蜘蛛/Silklash Spider》をフューチャーした強固なビートダウンという路線が確立された。

浅原とMcKeonは白黒のミラーマッチとなり、それを踏まえた上での今後のピックに注目したい。

・レギオン
Pack #1

Player A, Kevin An-《霧衣のウミツバメ/Mistform Seaswift
Player C, 浅原晃-《エイヴンの戦鷹/Aven Warhawk
Player B, 大磯正嗣-《霧衣の究極体/Mistform Ultimus
Player A, 上野一樹-《皮を剥ぐ者/Skinthinner
Player C, Sean McKeon-《鞭草の絡め手/Whipgrass Entangler
Player B, Seth Burn-《岩石樹の発動者/Stonewood Invoker

ここまでは赤白だったAuが《稲妻の裂け目/Lightning Rift》や《火花鍛冶/Sparksmith》との相性のよさを考慮して青に走った模様。

Pack #2

Player C, 浅原晃-《熟達の刃の精鋭/Deftblade Elite
Player B, 大磯正嗣-《慧眼のエイヴン/Keeneye Aven
Player A, 上野一樹-《ブロントセリウム/Brontotherium
Player C, Sean McKeon-《煤羽の群れ/Sootfeather Flock
Player B, Seth Burn-《暴れまわるマーロドント/Berserk Murlodont
Player A, Kevin An-《宝石の手の焼却者/Gempalm Incinerator

Pack #3

Player B, 大磯正嗣-《梢を這うもの/Canopy Crawler
Player A, 上野一樹-《森林守りのエルフ/Timberwatch Elf
Player C, Sean McKeon-《鞭草の絡め手/Whipgrass Entangler
Player B, Seth Burn-《針撃ちゴルナ/Needleshot Gourna》+《にらむローガン/Glowering Rogon
Player A, Kevin An-《残響の追跡者/Echo Tracer
Player C, 浅原晃-《ダールの奉納者/Daru Sanctifier》+《アクローマに仕える者/Akroma's Devoted

Pack #4

Player A, 上野一樹-《梢を這うもの/Canopy Crawler
Player C, Sean McKeon-《不快な助祭/Vile Deacon
Player B, Seth Burn-《針撃ちゴルナ/Needleshot Gourna
Player A, Kevin An-《意志を曲げる者/Willbender
Player C, 浅原晃-《幽体スリヴァー/Spectral Sliver
Player B, 大磯正嗣-《炎波の発動者/Flamewave Invoker

2枚目の《針撃ちゴルナ/Needleshot Gourna》で対空装備をさらに追加したBurn。上野は《森林守りのエルフ/Timberwatch Elf》に続いて《梢を這うもの/Canopy Crawler》が手に入った。

Pack #5

Player C, Sean McKeon-《羽ばたく戦士/Wingbeat Warrior
Player B, Seth Burn-《残忍な先祖返り/Feral Throwback
Player A, Kevin An-《残響の追跡者/Echo Tracer
Player C, 浅原晃-《宝石の手の汚染者/Gempalm Polluter
Player B, 大磯正嗣-《慧眼のエイヴン/Keeneye Aven
Player A, 上野一樹-《ナントゥーコ自警団/Nantuko Vigilante》+《超大なベイロス/Enormous Baloth

Pack #6

Player B, Seth Burn-《鉤爪の統率者/Caller of the Claw
Player A, Kevin An-《スカークの匪賊/Skirk Marauder
Player C, 浅原晃-《煤羽の群れ/Sootfeather Flock
Player B, 大磯正嗣-《霧衣のウミツバメ/Mistform Seaswift》+《覆い隠しの達人/Master of the Veil
Player A, 上野一樹-《岩石樹の発動者/Stonewood Invoker》+《暴れまわるマーロドント/Berserk Murlodont
Player C, Sean McKeon-

2パック目を終えてもっとも印象的だったのは、Kevin Auが完全に青赤へとシフトしきったこと。対する上野は《森林守りのエルフ/Timberwatch Elf》と《梢を這うもの/Canopy Crawler》といった貴重なシステムカードを手に入れている。

また、白黒のミラーマッチは浅原が兵士よりでビートダウン色が濃く、McKeonは2枚の《鞭草の絡め手/Whipgrass Entangler》ピックに代表されるようにクレリックタイプだ。

大磯は懸命にフライヤーをかきあつめてビートダウン色を濃くし、他方でSeth Burnも2体の《針撃ちゴルナ/Needleshot Gourna》や《残忍な先祖返り/Feral Throwback》といったビーストの大群をピックし、緑単色まっしぐら。

・スカージ

***
Player A, 上野一樹-
Player B, 大磯正嗣-
Player C, 浅原晃-
Player A, Kevin An-
Player B, Seth Burn-
Player C, Sean McKeon-

Pack #1

Player B, Seth Burn-《凶暴の命令/Decree of Savagery
Player C, Sean McKeon-《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat
Player A, 上野一樹-《ワイアウッドのかぎ爪/Claws of Wirewood
Player B, 大磯正嗣-《流れ込む知識/Rush of Knowledge
Player C, 浅原晃-《最前線の策士/Frontline Strategist》+《気高き院僧/Noble Templar
Player A, Kevin An-《促成の突然変異/Accelerated Mutation

デッキ構築後のインタビューで聞いたことだが、A.A BeamはここでScarecrowのピックのちぐはぐさを感じたという。それは、大磯の赤青に対するに当たって、《ワイアウッドのかぎ爪/Claws of Wirewood》でなく《凶暴の命令/Decree of Savagery》をSeth Burnがピックしていることだ。

早い時間にクロックをかけなければいけない赤青ビートダウンの大磯にとっては致命的な一枚が《ワイアウッドのかぎ爪/Claws of Wirewood》だったわけだが、ここでScarecrowはオーバーパワーな《凶暴の命令/Decree of Savagery》を選択している。大磯などにいわせると、「命令打たれるようなマナ域になってたらどのみち勝てないですからね」ということになる。大磯は《ワイアウッドのかぎ爪/Claws of Wirewood》が出現してしまったのをみて内心では冷や汗ものだったそうだが、はたしてここでのピックは実際の勝敗にどのような影響をもたらすだろうか?

Pack #2

Player C, Sean McKeon-《朽ちゆく猛禽/Putrid Raptor
Player A, 上野一樹-《すがりつく不死/Clutch of Undeath
Player B, 大磯正嗣-《海辺のレインジャー/Shoreline Ranger
Player C, 浅原晃-《エイヴンの遠見/Aven Farseer
Player A, Kevin An-《岩乗り/Rock Jockey
Player B, Seth Burn-《促成の突然変異/Accelerated Mutation

Pack #3

Player A, 上野一樹-《屍肉喰らい/Carrion Feeder
Player B, 大磯正嗣-《ペミンのオーラ/Pemmin's Aura
Player C, 浅原晃-《ドラゴンの鱗/Dragon Scales
Player A, Kevin An-《乱射/Scattershot
Player B, Seth Burn-《クローサの家畜商人/Krosan Drover
Player C, Sean McKeon-《復讐に燃えた死者/Vengeful Dead

Pack #4

Player B, 大磯正嗣-《火炎流/Torrent of Fire
Player C, 浅原晃-《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat
Player A, Kevin An-《沿岸の見張り/Coast Watcher
Player B, Seth Burn-《墓の刈り取り/Reaping the Graves
Player C, Sean McKeon-《刃の翼の虜/Bladewing's Thrall
Player A, 上野一樹-《芽吹くツタ/Sprouting Vines

Pack #5

Player C, 浅原晃-《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat
Player A, Kevin An-《凍結/Frozen Solid
Player B, Seth Burn-《最上位/Alpha Status
Player C, Sean McKeon-《屍肉喰らい/Carrion Feeder
Player A, 上野一樹-《ドラゴンの影/Dragon Shadow
Player B, 大磯正嗣-《ゴブリンの盗賊/Goblin Brigand

Pack #6

Player A, Kevin An-《海辺のレインジャー/Shoreline Ranger
Player B, Seth Burn-《クローサの家畜商人/Krosan Drover
Player C, Sean McKeon-《ダールの戦長/Daru Warchief
Player A, 上野一樹-《長引く死/Lingering Death
Player B, 大磯正嗣-《ゴブリンの盗賊/Goblin Brigand
Player C, 浅原晃-《エイヴンの遠見/Aven Farseer》+《最前線の策士/Frontline Strategist

かくて、マッチアップは以下の通りとなった。

Player A, 上野一樹(緑黒) vs. Kevin An(赤青)
Player B, 大磯正嗣(青赤) vs. Seth Burn(緑単色)
Player C, 浅原晃(白黒) vs. Sean McKeon(白黒)

奇しくもAとBの席が緑対赤青という構図となっているが、ともにA.A Beamのデッキのほうがマナカーブ的に前倒しとなっており、安定したまわりを期待できそうだ。というか、とくにSeth Burnのデッキがそうなのだが...不気味なほどに重いのである。

大磯がつけこむべきはまさにここで、《絹鎖の蜘蛛/Silklash Spider》にハメ殺されてしまわない限りは、「テンポよくビートしたいですね」と本人談。

浅原のデッキは《エイヴンの戦鷹/Aven Warhawk 》や《エイヴンの遠見/Aven Farseer》のようなカードが象徴するようなビートダウンとなったわけで、McKeonのシステマティックなデッキとは互角の戦いとなるだろう。

他方で上野は「早いターンの《火花鍛冶/Sparksmith》からの完封負けだけは本当に怖い」と語っている。しかし、そういった特定のパターンにハマらない限り、途中で色がえして赤青に落ち着いたAnよりも全体的なデッキパワーでは勝っているという自身もあるようだ。

順当にいけば2-1でA.A Beamの土曜日初勝利となるのではないかと筆者は邪推するが、はたしてどうなるだろうか。

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All