ラウンド 9: 森勝洋 vs 湯浅謙太郎

Posted in Event Coverage on August 25, 2002

By 平林和哉

独自路線の白緑を選択した森勝洋共にシドニーからの札幌参戦となった両者。

森が白緑で、湯浅が Tomi Walamies らが使用していた白青ウィニー(国内では Quiet Screech などと呼ばれるタイプ)。
最近人気を集めつつある白系同士の対決となった。

Game 1

先攻の湯浅が《陽光尾の鷹/Suntail Hawk》スタート。
後手の森は《野生の雑種犬/Wild Mongrel》《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》《尊大なワーム/Arrogant Wurm》《栄光/Glory》と全てが揃った手札-ただし土地が《サングラスの大草原/Sungrass Prairie》のみという危険な手札をキープする賭けに出る。

確かに最初のドローでは引けなかったものの、湯浅が《物静かな思索/Quiet Speculation》から《綿密な分析/Deep Analysis》を使う間に森は《森/Forest》《平地/Plains》と並べているではないか!

Glory
もちろん土地が薄かったということはそれだけ強力な手札だったということであり、《野生の雑種犬/Wild Mongrel》からの《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》 2 体、《尊大なワーム/Arrogant Wurm》《幻影のケンタウルス/Phantom Centaur》と並べ立て、湯浅がキーとなる《金切るときの声/Battle Screech》を引けない間に場のダメージソースで圧倒していく。

そう、白青は白緑には非常に苦しい。

ダメージクロックにおいて上回ることが難しく、いくら鳥トークンを並べ立てても《栄光/Glory》で強引に押し込まれてしまうために、仮想敵となっている青緑のように守り切るのが不可能に等しいのだ。

もちろんこの場合も一度は《虹色の断片/Prismatic Strands》によって防いだものの、《栄光/Glory》の加護を受けた森の総突撃の前に湯浅はどうすることもできなかった。

森 1-0 湯浅

Game 2

淡々とプレイする湯浅謙太郎 きちんと白青もメタってある森が《真理の領域/Sphere of Truth》《一瞬の平和/Moment's Peace》を投入し、湯浅は《ねじれの光/Ray of Distortion》、追加の《虹色の断片/Prismatic Strands》、どうしようもない《栄光/Glory》を処理するために《蒸気爪/Steamclaw》と大量にサイドボード。

その代償として《物静かな思索/Quiet Speculation》をあきらめることに。

湯浅が 1 回マリガンした後に《敬愛される司祭/Beloved Chaplain》を 3 連打する奇妙なスタート。

ただ《栄光/Glory》を墓地に落とす手段を持たなずにせめあぐねている森に対してここで攻めたいところなのだが、《聖餐式/Divine Sacrament》《金切るときの声/Battle Screech》が引けていないため緩やかなダメージクロックにしかなり得ない。

だが脆弱な《敬愛される司祭/Beloved Chaplain》とはいえ黙っていては攻めきられてしまう森。
覚悟を決めて《栄光/Glory》を 2 枚場に出し、《象の導き/Elephant Guide》まで装着して反撃に出る。

Moment's Peace
《敬愛される司祭/Beloved Chaplain》で地上のクリーチャーは止めることができるが、空飛ぶ《栄光/Glory》を止める手段を湯浅は持っておらず(《拒絶魔道士の代言者/Spurnmage Advocate》で殺すわけにはいかない)やむを得ず湯浅が《虹色の断片/Prismatic Strands》で防いで、返しに総突撃での決着を狙うもそれには森の《一瞬の平和/Moment's Peace》。

さらなる森の突撃はフラッシュバック《虹色の断片/Prismatic Strands》、そして湯浅の番が来るのだが森の攻勢を押しとどめることができないために《一瞬の平和/Moment's Peace》をフラッシュバックさせることすら出来ない。

結局最後に湯浅の防御網を突破したのは《尊大なワーム/Arrogant Wurm》のトランプルダメージだった。

Final Result:森 2-0 湯浅

森勝洋 Wins!

Yuasa Kentarou

Download Arena Decklist

Mori Katsuhiro

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All