ラウンド 9: 逢坂 有祐 vs. 笹川 知秀

Posted in Event Coverage on September 2, 2005

By Yukio Kozakai

逢坂 有祐

ドラフトを取材させて貰った、チンネンこと逢坂 有祐(北海道)が見事ドラフト5連勝でフィーチャーエリアへ招待と相成った。このまま、ドラフト7連勝で奇跡の扉を開くのだろうか? ちなみに、スタンダードは0-3。

笹川「いやー、このラインで呼ばれるとは思わなかったよー」
逢坂「記念になるなぁ」

いや、だから2人とも。まだ目があるんだってば。

Game 1

先手の笹川。じっと手を見る。

白の軽量クリーチャーと《大牙の衆の忍び/Okiba-Gang Shinobi》。文句なし。しかし、土地は《沼/Swamp》だけ。以降、《沼/Swamp》しか出せずに何も展開出来ない笹川に対し、逢坂はマリガンスタートながら《木霊の手の内/Kodama's Reach》から《霜剣山の呪刃/Sokenzan Spellblade》召喚につなげる。

ようやく《平地/Plains》に届いた笹川は、《荒場の蛾乗り/Araba Mothrider》から《大牙の衆の忍び/Okiba-Gang Shinobi》を通して逢坂を攻めるが、《夜泥の神/Nightsoil Kami》に構えられてはうかつに殴れない。

笹川の手札に除去があるのを見越して、逢坂は後続を並べるまで2体での攻撃を控え、《罠根の神/Traproot Kami》《霊光の養育者/Ghost-Lit Nourisher》と調達した後に11点の強襲。さらに《悪忌の手下/Akki Underling》《尊い蜘蛛/Venerable Kumo》を加えて殴り値を上げると、笹川は《狐の伝承織り/Kitsune Loreweaver》と《目つぶしの粉/Blinding Powder》で防戦一方だ。

だが、笹川の手札には《浄火明神/Myojin of Cleansing Fire》が。

しかし、逢坂の場には転生持ちが2体。あまり分のいいトレードではない。現在土地は7枚。押しの一手の逢坂は、《木霊の手の内/Kodama's Reach》から《溶岩流/Torrent of Lava》を連繋し、笹川の守りを切り崩す。もう待っている状態ではないのだが、あと1枚、明神を降臨させる為の8枚目の土地がずっと見えてこない。

やむを得ず、《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》《古の法の神/Kami of Ancient Law》に手を掛けたが、フルタップの代償として《凍らし/Frostling》の一刺しをかわし切れず、《溶岩流/Torrent of Lava》も浴びせられた笹川に、逢坂の大攻勢は止められなかった。

逢坂 1-0 笹川

Game 2

笹川が《狐の伝承織り/Kitsune Loreweaver》からのスタートで《大牙の衆の忍び/Okiba-Gang Shinobi》への期待を抱くが、逢坂は《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》《木霊の手の内/Kodama's Reach》と、前スタンダードの緑コントロールのような動きを展開。

《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》との戦闘でマナを失った笹川に対して《凍らし/Frostling》でしっかり《狐の伝承織り/Kitsune Loreweaver》を除去して見せ、早くも6マナに達した逢坂は《夜泥の神/Nightsoil Kami》を戦線に送り込む。

笹川も《月明かりの徘徊者/Moonlit Strider》プレイから、「普通に」《大牙の衆の忍び/Okiba-Gang Shinobi》を召喚するが、逢坂は《溶岩流/Torrent of Lava》を匂わせつつ《霊光の略奪者/Ghost-Lit Raider》をプレイ。

ここでゲームがさらに加速度を増す。

逢坂が、《大牙の衆の忍び/Okiba-Gang Shinobi》に対して略奪者を起動すると《来世への旅/Otherworldly Journey》で回避し、返しに笹川が《精神の槍/Psychic Spear》で逢坂の手札を暴きに行くと、《溶岩流/Torrent of Lava》で忍びを除去しにいく。

笹川 知秀

逢坂の計算では、隣にいる《月明かりの徘徊者/Moonlit Strider》との交換ならまだ、という考えがあっただろうが、笹川の手には《不退転の意志/Indomitable Will》。5/5となった忍びが、逢坂へ殴りかかる。

しかし、《憤怒の炎の思念/Shinen of Fury's Fire》《凍らし/Frostling》と並べて略奪者が構え、膠着状態を作り上げた逢坂。笹川も《虚飾の道の神/Kami of the Painted Road》でこじ開けたかに見えたが、逢坂は《溶岩の魂/Soul of Magma》からの《尊い蜘蛛/Venerable Kumo》+略奪者起動で砲台環境を構築。

いよいよ反撃の狼煙を上げた逢坂。前衛部隊と後方支援部隊が噛み合うと強いのは、マジックでも同じ。笹川の手札にクリーチャーがいるにはいるが、出した端から撃ち落されるのは目に見えている。

笹川の祈りを込めたドローの先には……《浄火明神/Myojin of Cleansing Fire》! しかし、またしてもあと1マナ足りなかったのだった。

逢坂、怒涛のドラフト6連勝だ!

逢坂「でも、スタンに戻ったらきっとダメだねー」

そう話す逢坂だが、ここまで来たのだから、ぜひあと1つ狙って欲しい。
そのままトップ8まで。

逢坂 2-0 笹川

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All