ラウンド 9:

Posted in Event Coverage on February 27, 2004

By 吉川 祐輔

初日全勝を飾った黒田正城が迎える、2日目初の対戦相手はJelger Wiegersma。コンスタントに成績を残し続け、活躍を続けるオランダの長身が映えるプレイヤーである。彼の一団は、ホテルに備え付けの浴衣が大層気に入ったらしく、これを羽織って会場に登場し周囲の人間を驚かせた。

突如現われた浴衣軍団を倒し、黒田は電車道を突進し続けることができるだろうか。

Game 1

先攻で《山/Mountain》発進の黒田に対し、Jelgerは秘密兵器である《霊気の薬瓶/Aether Vial》を設置。それを利して、《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》《電結の働き手/Arcbound Worker》を展開していく。

対する黒田はあくまで静かな動きで一つ一つ丁寧に対処に当たっていく。Wiegersmaの展開する《電結の働き手/Arcbound Worker》の量が多いため多少のダメージは被るものの、《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》を2/2のブロッカーとして使ったり、《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》でカウンターを載せたWiegersmaの《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》を除去したりとテンポが良い。第4ターンには《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》、さらに相討ちを取った上で第5ターンに《弧炎撒き/Arc-Slogger》と万全の感すら受ける。

Wiegersmaは《頭蓋骨絞め/Skullclamp》が引けないため息切れを起こしてしまった感があるが、それでもカウンターを2つ載せた《霊気の薬瓶/Aether Vial》は不気味である。
しかしそれにすら黒田は回答を用意した。《爆破/Detonate》。これで憂いなし、とばかりに攻撃を開始する。

Wiegersmaが最後の抵抗にと出した《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》のコンビに少し眉を動かすが、ライフ11のWiegersmaに対し手札に《爆片破/Shrapnel Blast》、そしてドローは…《溶鉱炉の脈動/Pulse of the Forge》。
何もかも完璧だった。

Wiegersma –0 黒田 -1

Game 2

先手変わってWiegersmaから。《教議会の座席/Seat of the Synod》《電結の働き手/Arcbound Worker》、さらに《教議会の座席/Seat of the Synod》《マイアの回収者/Myr Retriever》《金属ガエル/Frogmite》、続いては《教議会の座席/Seat of the Synod》《起源室/Genesis Chamber》《マイアの処罰者/Myr Enforcer》と猛烈なスタートを見せる。
黒田の手札には《炉のドラゴン/Furnace Dragon》がある。ここまで繋げられれば勝ちではあるが、そこまでの時間を作れるかが勝負となる情勢だ。

上記の展開をされた返しの第3ターン、黒田は《マイアの回収者/Myr Retriever》に1点《火の玉/Fireball》を撃ち込んでから《残響する破滅/Echoing Ruin》を《マイアの処罰者/Myr Enforcer》に。クロックを緩和しようとするが、Wiegersmaは《頭蓋骨絞め/Skullclamp》で更なる戦力の増強を図る。ならばと黒田は《減衰のマトリックス/Damping Matrix》を。なんとか1対1交換を取り続けているのだが、《起源室/Genesis Chamber》から生まれるトークンが手を休めさせてくれない。

3/3《金属ガエル/Frogmite》と《マイアの回収者/Myr Retriever》2号機、トークンに殴られてライフが6になった返し、黒田のコントロール下には《山/Mountain》2枚、《耽溺のタリスマン/Talisman of Indulgence》2枚、《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》《減衰のマトリックス/Damping Matrix》。土地を引けば《炉のドラゴン/Furnace Dragon》をプレイできる。…が、引かない。

場を見渡す。Wiegersmaは《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》と《マイアの回収者/Myr Retriever》を追加している。《炉のドラゴン/Furnace Dragon》で逆転するためにはライフを残さなければならない。しかし。

その道は見つからなかった。

Wiegersma –1 黒田 -1

Game 3

黒田はオープニングハンドを見て悩む。《爆破/Detonate》2枚、《残響する破滅/Echoing Ruin》《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》と対処は完璧なのだが、土地が《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》3枚なのだ。悩んだ末、キープを宣言する。Wiegersmaはキープを即答。

《教議会の座席/Seat of the Synod》から《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を置かれた返し、ここで《山/Mountain》を引きたいがドローは…なんと4枚目となる《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》。どうも良く分からない偏りが生じているようだ。

その間にWiegersmaは《大焼炉/Great Furnace》《起源室/Genesis Chamber》《金属ガエル/Frogmite》、《物読み/Thoughtcast》を挟んで《教議会の座席/Seat of the Synod》《マイアの回収者/Myr Retriever》《金属ガエル/Frogmite》と怒涛の展開を見せる。黒田も第4ターンにようやく《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を出して《山/Mountain》を調達できるのだが、如何せん相手のトークンが多すぎる。

黒田の手にはドローした《減衰のマトリックス/Damping Matrix》があるものの、今更《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を止める暇がない。第5ターンには《頭蓋骨絞め/Skullclamp》で《電結の働き手/Arcbound Worker》をドローに換え攻撃力を増強した上で《マイアの回収者/Myr Retriever》《マイアの処罰者/Myr Enforcer》と追加され、返すターン黒田は長考に沈む。

手札には《衝動のタリスマン/Talisman of Impulse》《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》《減衰のマトリックス/Damping Matrix》《残響する破滅/Echoing Ruin》《爆破/Detonate》2枚とある。これだけあれば十分対処のしようもあるはずなのだが…やはり、時間が足りない。黒田は《衝動のタリスマン/Talisman of Impulse》からトークンをまとめて《残響する破滅/Echoing Ruin》し、《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を《爆破/Detonate》するのみでターンを返さざるを得ない。

Wiegersmaは一旦攻撃の構えを見せるが、黒田のライフ(11)を確認した上で《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を即装着して攻撃し、黒田のライフを1に追い込む。これで《炉のドラゴン/Furnace Dragon》を引かれようとも色マナを出せないのだ。

黒田は、状況を丁寧に確かめてから右手を差し出した。

Wiegersma –2 黒田 -1

Jelger Wiegersma defeats Masashiro Kuroda.

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All