団体戦決勝: 大礒 正嗣(広島) vs. Neil Reeves(アメリカ)

Posted in Event Coverage on December 4, 2005

By Yusuke Osaka

大礒 正嗣(広島)

日本チームのエースの大礒。今回の国別対抗戦において、ピック部門で一番の活躍をした大礒正嗣が決勝戦の舞台に上がる。

強力なカードはないがバランスよくくみ上げらた大礒の青黒。青黒に対して強力な、《ウルサパイン/Ursapine》、《戦利品狩り/Trophy Hunter》を持つNeilが若干有利と思われる。

試合前にタオルで手をふく大礒だ。手に汗じっとり。

Game 1

先手は大礒で、互いにマリガンは無し。

大礒は《土を形作る者/Terraformer》、《死足虫/Mortipede》、《不死の断片/Strands of Undeath》、《潮水の下僕/Tidewater Minion》、《ヴィダルケンの放逐者/Vedalken Dismisser》と流れるように展開する大礒だが、Neilも負けずに、《戦利品狩り/Trophy Hunter》、《噛みつきドレイク/Snapping Drake》、《包囲ワーム/Siege Wurm》と綺麗な展開をし、カードパワーの高い睨み合いが続く。

9ターン目にNeilが《ウルサパイン/Ursapine》を出した所でゲームが動くかと思われたが、大礒が《戦利品狩り/Trophy Hunter》のおとりに《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》を出してNeilをフルタップさせ、《ウルサパイン/Ursapine》に《最後の喘ぎ/Last Gasp》を打ち込むという絶妙なプレイを見せる。

Neilのプレイングはとにかく遅い。最近活躍する日本人プレイヤーのプレイングが全体的に早いのもあり、Neilの遅いプレイを見ていたら眠くなってしまう。というか本当にしばらくの間寝てしまった。

寝て起きると、Neil Reevesがかなり有利になっていて、数ターン後に勝利した。

Reeves 1-0 大礒

Neil Reeves(アメリカ)

Game 2

Neilは2ターン目《光と成す者/Transluminant》、3ターン目《光と成す者/Transluminant》、4ターン目に《遥か見/Farseek》2枚、5ターン目に《噛みつきドレイク/Snapping Drake》と《ゴルガリの茶鱗/Golgari Brownscale》という綺麗な展開をしてる一方、大礒の初動は5ターン目の《鐘塔のスフィンクス/Belltower Sphinx》。

大礒の手札を覗き込んでみると、《巻き込み/Convolute》、《死足虫/Mortipede》の他は土地だらけという散々な手札。

そこから特別良い引きをするわけでもなく、手札にスペルの雰囲気を漂わせつつ、Neilの猛攻を止めていく。土地が13枚くらい並んだ時点で大礒が引いたスペルは6,7枚であったが、大礒は巧みなプレイで、巻き返していく流れを見せた。

…が、しかし。

この時点で諸藤と志村が勝利し、チームの趨勢は決まってしまう。

心が折れたNeilは半端な場でマッチそのものに投了し、大礒も勝利した。

大礒 2-1 Reeves

日本チームの優勝に最大限に貢献した大礒。日本代表として優勝しただけでなく、日本人PT最多ベスト8進出回数を記録し、プレイヤーオブザイヤーレースでもOlivier Ruel津村 健志と僅差で争い3位でシーズンを終えた。1位の津村と4点差しかない事を考えると、今年度最高位の称号を得た津村と、日本を初の国別対抗戦で優勝もさせた大礒は、津村にもひけをとらない大活躍をしたわけだ。

今年の日本代表はドリームチームと言われ、周囲に大きく期待されていたが、予選ラウンドを終えての順位は7位と奮わなく、皆が日本代表チームにかける期待が薄まってきていた。だが、実力が強く反映されるチームドラフトというレギュレーションにおいての4勝0敗1引き分けという素晴らしい成績によって…ドリームチームの強さは本物だったと証明したのだ。

大礒 正嗣、志村 一郎、諸藤 拓馬。

この3人の名前はマジックの歴史が続く限り、いつまでも語り継がれる。

日本代表優勝!

Masashi Oiso

Download Arena Decklist

Neil Reeves

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All