決勝戦: 宮島 淳一(新潟) vs.
梅原 啓(大阪)

Posted in Event Coverage on June 22, 2012

By Wizards of the Coast

 国内最大規模のグランプリが、今まさに終わりを迎えようとしている。

 その最後の大一番。

 モダン環境の頂点を決める戦いが、ジャンドでも、親和でも、トロンでも、青白No-Cawでもなく。

 白黒トークンと青単フェアリーによるものであると、一体誰が予想できただろうか。

 しかし現実には、1500人を超えるプレイヤーの中から勝ち残ったのは、宮島と梅原の2名。それが結論だ。

 だが今になって考えてみれば、それも納得いく気がしてくるから不思議なものだ。

 つまりは。

 宮島はトークンを究めて。梅原はフェアリーを極めた。ただそれだけのことだ。

 混沌としたモダン環境の中にあって、メタゲームやデッキパワーといったお仕着せの既成概念にとらわれず、ひたすらに己を識り、そして高め続けた。

 それ故に2人はこの貴く高い領域まで登りつめたのだと、言ってみればそういうことなのだろう。

 だからまずは、ここに至った両名に惜しみない賛辞を送ろう。

 全ての競技マジックプレイヤーがそこに至ることを求めてやまない、最も誇るべき地点に、彼らは今立っているのだ。

グランプリ・横浜2012決勝戦 宮島 淳一 vs. 梅原 啓

 そして。

 そうであるからこそ。

 このマッチだけは、きちんと勝敗をもって決着しなければならない。

 それがあるべき世界の姿。いわばお約束だ。様式美と言ってもいい。

 優勝トロフィーを掲げることができるのは最強なる者一人だけだという、古来よりの伝統に則り。

 どちらがより強いのかを、これから容赦なく決めなければならないのだ。

 だから皆さんにも、ぜひこの言葉を心の中で唱えてほしい。

 宮島と梅原の生き様を。彼らの知性溢れる魂の輝きを、歴史に残すべき名勝負を、やがては決定されるべきグランプリチャンピオンのその名前を。

 余すところなく見届け、堪能し、そして記憶しておくために。

 これがグランプリ・横浜2012で本当に最後の、

 「You may begin.」

ゲーム1

 スイスラウンド2位の宮島が先攻。どちらもワンマリガンすると、宮島の3ターン目の《未練ある魂》を梅原が《差し戻し》したのが互いのファーストアクションとなる。

 続くターン、梅原は宮島のドロー後に《ヴェンディリオン三人衆》。

 

 という高カロリーの手札から《刃砦の英雄》を抜き去り、イージーウィンを許さない。

 一方の宮島は構わず《風立ての高地》をセットしてからの《幽体の行列》で、まずは飛行3点クロックを形成していく。そして次のターンにはそのまま3体でアタック、《ヴェンディリオン三人衆》がトークンの1体と交換となる。さらに秘匿解除はまだ温存しつつも、戦闘後の手札からの《未練ある魂》プレイで攻撃の手を緩めない。対する梅原も、エンド前に2体目の《ヴェンディリオン三人衆》を送り出して能力は自身を対象とし、手札の不要なカードを整理してドローを進める。

梅原 啓

 それでもフェアリーというデッキの性質上、梅原は自ターンには淡々と土地を置きつつマナを立たせてターンを返すだけ。

 宮島はこれとは対照的に、《変わり谷》まで起動して愚直にフルアタックを続ける。その上で今回はブロック前に秘匿解除、プレイされたのは《盲信的迫害》。これは梅原が《呪文嵌め》でかわし、さらに《フェアリーの集会場》を起動してブロッカーに立たせようとし・・・たところで、なおも宮島、手札から2枚目の《盲信的迫害》をプレイする2段構え。

 だがそれすらも梅原は読み切っていたのか、《呪文づまりのスプライト》でしっかりとキャッチ。6点スルーしてライフ12とし、返すターンには《ヴェンディリオン三人衆》と《フェアリーの集会場》でカウンター気味に5点アタック。《謎めいた命令》をいつ引いても差し切れるように、宮島のライフをできる限り詰めておくプランだ。

 それでも、梅原に残されたターンは実はそれほど多くはない。続くターンの宮島の3度目のアタックは、《呪文づまりのスプライト》とスピリットトークンの1体を相打ちにとるものの、5点を受けて既に残り7。

 ここで梅原、宮島の《未練ある魂》フラッシュバックに《マナ漏出》で応じると、返すターンには《変わり谷》《フェアリーの集会場》《ヴェンディリオン三人衆》でこちらも3体フルアタック。さらに飛んできた予定調和の《流刑への道》には最後の1枚の手札=2枚目の《マナ漏出》を合わせ、一挙7点を押し通して宮島の残りライフを6まで削る勝負に出る。

風立ての高地

 だが、秘匿とフラッシュバックの分リソースの多い宮島。再度5点アタックで梅原のライフを2とすると、このゲーム2枚目となる秘匿解除は《流刑への道》! 梅原の《ヴェンディリオン三人衆》を除去すると、さらにブロッカーとしてダメ押しの《未練ある魂》をプレイ、梅原のプランを悉く崩壊させる盤石ぶり。

 こうなってしまうと梅原のデッキのメインボードでこの盤面をまくることはおよそ不可能なのだが、一応ドローを確認・・・するや否やカードを片付けるしかなく。

 かくして、まずは宮島が優勝に王手をかけた。

宮島 1-0 梅原

ゲーム2

 先手は梅原に移るが、またしてもマリガンを強いられてしまう。

 ゲームは梅原の3ターン目のエンドに宮島が《急報》を唱えるところから。これは客観的には《変わり谷》と合わせて《呪文づまりのスプライト》できる盤面だが、カウンターされずに無事通る。

 この一連の流れで『ということは、梅原はひとまず今のところ《呪文づまりのスプライト》を持っていないのか』と、そう判断したかはともかく、そのまま自ターンに果敢に《思考囲い》をプレイする宮島。果たして対応する梅原の2マナタップは《差し戻し》で、あえて《思考囲い》再キャストはせずにターンを返す。

 するとハンデスで抜かれてはたまらない梅原はあらかじめX=0で《仕組まれた爆薬》を設置。そして返す宮島の4ターン目にプレイされた再びの《思考囲い》には、今度こそ《呪文づまりのスプライト》を合わせる。

呪文づまりのスプライト
盲信的迫害

 とここで宮島、《呪文づまりのスプライト》が場に出たところで《盲信的迫害》。あくまでカウンターを許さない構えだ。梅原もさらに《変わり谷》起動で追いかけるが、これには宮島の《流刑への道》が突き刺さる。

 かくして攻防の結果《思考囲い》は無事解決され、明かされた梅原の残る手札は《ヴィダルケンの枷》《謎めいた命令》《無効》という3枚。この中から《ヴィダルケンの枷》が墓地に送られると、一時的にパンプアップを受けたトークンによる4点アタックで梅原のライフは14。

 さらに続くターン、宮島のドローはフェアリーキラーの《未練ある魂》。4体並んだトークンと《風立ての高地》を前に、次のターンの戦闘フェイズ前にはこれはたまらんと《仕組まれた爆薬》を起動するしかない梅原だったが、宮島は第2メインに《未練ある魂》をフラッシュバックすると、さらに手札から2枚目の《未練ある魂》!!

宮島 淳一

 一瞬でトークン4体という元通りの盤面に戻した宮島。《仕組まれた爆薬》の軛も消え去った現状、いよいよ大詰めか。

 梅原も秘匿起動からの《無形の美徳》は予定調和で《無効》するのだが、このままではスピリットトークンに撲殺されてしまう。  戦闘後の2枚目の《未練ある魂》フラッシュバックは《謎めいた命令》カウンター+ドローで捌きつつ、盤面の解決策を探しにいく。

 と、ここで2枚目の《ヴィダルケンの枷》を引き込んだ梅原は、宮島が何も持っていないことに賭けて送り出す。

 ・・・だが、宮島のドローはここにきて、この日一番と言っていいほど強かった。

 すなわち、まず《清浄の名誉》でコンバットを一方的なものにすると、戦闘宣言時にトークンの1体が梅原に寝返るが、2/2が1/1をチャンプするだけになり、4点が通って梅原残り6。  さらに戦闘後に宮島が手札からプレイしたのは、何と3枚目(!)の《未練ある魂》!!

 捌いても捌いても尽きぬ宮島のリソースに、流石の梅原もため息しか出ない。

 だがそれでも青使いとしての矜持か、最後まで表情を変えずにドローゴーを継続する梅原。

 宮島の戦闘宣言時にトークンの1体を奪い取り、4体アタックに対してはまずブロック前に《呪文づまりのスプライト》プレイする・・・のだが、ブロック前に宮島のダメ押しの《流刑への道》が飛んできてしまい。

FN_shake.jpg

 万策尽きた梅原は、ついに宮島にその手を差し出したのだった。

宮島 2-0 梅原

champion.jpg

 グランプリ・横浜2012優勝は、宮島 淳一!!

 

By Atsushi Ito

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All