決勝 チームロチェスター: The Brockafellers vs. Original Slackers

Posted in Event Coverage on September 14, 2003

By Keita Mori

Link Top 4 Profile

今年のチーム・プロツアーは波乱含みといっても過言ではないだろう。無敵の鳳凰とCMUのZabutan Nemonautが準決勝で敗れてしまい、栄光の決勝戦で刃を交えることになったのはThe BrockafellersとOriginal Slackersということになったからだ。

ライトアップされたステージの下で、テレビカメラを前に6人のプレイヤーが着席した。先攻はOriginal Slackersだ。

-The Brockafellers(USA)
A:Brock Parker
B:William Jensen
C:Matt Linde

-Original Slackers(International)
A:Lovre Crnobori
B:Jake Smith
C:Rickard Osterberg

-Onslaught
-Pack #1

B:Jake Smith-《残酷な蘇生/Cruel Revival》+《不敬の祈り/Profane Prayers
C:Rickard Osterberg-《ダールの槍騎兵/Daru Lancer
A:Brock Parker-《エルフの戦士/Elvish Warrior
B:William Jensen-《ただれたゴブリン/Festering Goblin
C:Matt Linde-《天然の城塞/Crude Rampart
A:Lovre Crnobori-《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》+《夜明けの浄化者/Dawning Purist

見渡したパックにはPit Fighter(1st pick Rare)もなく、除去らしい除去は1枚。その黒い《残酷な蘇生/Cruel Revival》を開封者のSmith(B席)がピック。続くOsterberg(C席)は《エルフの戦士/Elvish Warrior》でなく《ダールの槍騎兵/Daru Lancer》を選択。つまりA席のCrnoboriに緑をやらせるつもりということだろう。

この最初の2ピックを見たThe Brockerfellersはちらりと目配せでアイコンタクト。司令塔Huey(B席)の指示でParker(A席)は《エルフの戦士/Elvish Warrior》をピック。中央のJensen自身は《ただれたゴブリン/Festering Goblin》で黒を主張し、Linde(C席)は白い《天然の城塞/Crude Rampart》をピックした。Crnobori(A席)は残骸の中でもっとも強力そうな2枚を拾った。赤い《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》を活かした赤緑に進むのだろうか。

-Pack #2

C:Rickard Osterberg-《争乱の崖地/Contested Cliffs
A:Brock Parker-《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage
B:William Jensen-《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》+《憑依された死者/Haunted Cadaver
C:Matt Linde-《間に合わせの鎧/Improvised Armor》+《霊体の地滑り/Astral Slide
A:Lovre Crnobori-《クローサの大牙獣/Krosan Tusker
B:Jake Smith-《溶岩使いの技/Lavamancer's Skill

Osterberg(C席)が開封したパックには堂々の初手レアがきらり。しかし、まだまだ修正可能とはいえ、Osterbergは白いデッキ(おそらく青白)を標榜しているだけになんとも困った一枚。もちろん敵には渡したくないのでこれをOsterbergはピックしたわけだが、このカードを活かすためにはCrnobori(A席)と完全に役割をスイッチするしかないだろう。これはおそらく純粋なカットでの飼い殺しになってしまいそう。

このパックには緑の強力なコモンが2枚入っており、《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage》をParker(A席)が、《クローサの大牙獣/Krosan Tusker》をCrnovori(A席)がピックしていった。The BrockafellersにはMatt Lindeに《間に合わせの鎧/Improvised Armor》、William Jensen(B席)に《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》と強力なカードが行き渡る。

《溶岩使いの技/Lavamancer's Skill》は青赤砲台デッキのキーカードになる一枚だが、Original SlackersのSmith(B席)がピック。赤黒か飼い殺しか。

-Pack #3

A:Brock Parker-《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage
B:William Jensen-《腐敗を導く者/Shepherd of Rot
C:Matt Linde-《篤信の魔除け/Piety Charm
A:Lovre Crnobori-《無頓着の波/Wave of Indifference》+《樹皮革のやっかいもの/Barkhide Mauler
B:Jake Smith-《噛みつくスラッグ/Snapping Thragg》+《憤怒の冠/Crown of Fury
C:Rickard Osterberg-《黄金化/Aurification》+《流水の長魚/Slipstream Eel

Parker(A席)は2枚目の《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage》をピック。これは赤緑ミラーマッチではかなり大きなアドバンテージとなりそうだ。各位が順当なピックをしていった中で、Osterbergは《流水の長魚/Slipstream Eel》をピックしたときにニンマリ。青白ミラーとなったときはこれが大きなビートダウンモンスターになるの...かもしれない。《シー・モンスター/Sea Monster》をあなどるなかれ。

-Pack #4

B:William Jensen-《魂無き者/Soulless One
C:Matt Linde-《狙いすましたなだれ/Pinpoint Avalanche
A:Lovre Crnobori-《毒吐きゴルナ/Spitting Gourna
B:Jake Smith-《やせた原野/Barren Moor》+《堕ちたる僧侶/Fallen Cleric
C:Rickard Osterberg-《砂の皮膚/Sandskin》+《常籠手の急使/Everglove Courier
A:Brock Parker-《樹を跳ねるロリアン/Treespring Lorian》+《共生するエルフ/Symbiotic Elf

Jensenは黒いミラーマッチでは効果覿面となりそうな《魂無き者/Soulless One》をピック。

-Pack #5

C:Matt Linde-《沈黙の死霊/Silent Specter
A:Lovre Crnobori-《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage
B:Jake Smith-《燻し/Smother》+《無頓着の波/Wave of Indifference
C:Rickard Osterberg-《篤信の魔除け/Piety Charm
A:Brock Parker-《クローサの大牙獣/Krosan Tusker》+《ワイアウッドの誇り/Wirewood Pride
B:William Jensen-《腐敗を導く者/Shepherd of Rot

やっちゃいました。Pit Fighter級降臨。
ここでThe Brockafellersはジェスチャーで会議をしはじめて...結局Linde(C席)がこれをピックすることに。カードの背に描かれているマナシンボルを使ってJensen(B席)がスイッチすべき方向性を指示していった。以下、ジェスチャーでのやりとりを筆者的に脳内翻訳。

Jensen「Lindeはこのスペクターを活かすべく黒白に。オレが赤黒。Brock(A席)は青緑かな」
Linde(うなずいて)「しゃあないっすね」
Brock(すごく厭々な表情で)「青緑かぁ...。いまから青やるしかないかぁ...」

Parkerの表情がとてもとても印象的な一幕。

-Pack #6

A:Lovre Crnobori-《疾風衣の侵略者/Gustcloak Harrier
B:Jake Smith-《魂無き者/Soulless One
C:Rickard Osterberg-《上昇するエイヴン/Ascending Aven
A:Brock Parker-《樹を跳ねるロリアン/Treespring Lorian》+《霧衣の壁/Mistform Wall
B:William Jensen-《切り刻まれた軍勢/Severed Legion》+《陰謀団の執政官/Cabal Archon
C:Matt Linde-《新たな信仰/Renewed Faith

このパックでJensenだけでなくSmithにも《魂無き者/Soulless One》が行き渡った。
ともあれ、オンスロートを終えた段階でのマッチアップは以下の通り。

A:赤緑(Crnobori) vs. 青緑(Parker)
B:赤黒ミラーマッチ
C:青白(Osterberg) vs. 黒白(Linde)

また、3枚もの《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage》が出た反面、黒や赤の除去の出現が少なかったかもしれない。《火花鍛冶/Sparksmith》や《ショック/Shock》、《虫つぶし/Swat》といったコモンのスペルがまったくあらわれないオンスロートだった。 

-Legions
-Pack #1

A:Lovre Crnobori-《クローサのむさぼり獣/Krosan Vorine
C:Matt Linde-《刀刃スリヴァー/Blade Sliver
B:William Jensen-《皇帝ヘルカイト/Imperial Hellkite
A:Brock Parker-《慧眼のエイヴン/Keeneye Aven
C:Rickard Osterberg-《希望の壁/Wall of Hope
B:Jake Smith-《冥府の世話人/Infernal Caretaker

Slackersは《皇帝ヘルカイト/Imperial Hellkite》をカットするかどうか考えたが、結局そうしなかった。

-Pack #2

C:Matt Linde-《皮を剥ぐ者/Skinthinner
B:William Jensen-《死体の収穫者/Corpse Harvester》+《鎚鉾尾のヒストロドン/Macetail Hystrodon
A:Brock Parker-《残響の追跡者/Echo Tracer
C:Rickard Osterberg-《天界の門番/Celestial Gatekeeper
B:Jake Smith-《宝石の手の汚染者/Gempalm Polluter
A:Lovre Crnobori-《岩石樹の発動者/Stonewood Invoker

-Pack #3

B:William Jensen-《スカークの匪賊/Skirk Marauder
A:Brock Parker-《霧衣のウミツバメ/Mistform Seaswift
C:Rickard Osterberg-《ダールのとげ刺し/Daru Stinger
B:Jake Smith-《大荒れの悪魔/Havoc Demon
A:Lovre Crnobori-《岩石樹の発動者/Stonewood Invoker
C:Matt Linde-《有毒グール/Noxious Ghoul》+《煤羽の群れ/Sootfeather Flock

Slackersが無理に《皇帝ヘルカイト/Imperial Hellkite》をピックしなかったように、The Brockafellersも《大荒れの悪魔/Havoc Demon》を無理にとらずに流した。そのおかげもあってか、6番手のLinde(C席)がおいしく《有毒グール/Noxious Ghoul》と《煤羽の群れ/Sootfeather Flock》を折り返しの場所でゲッツ。

-Pack #4

A:Brock Parker-《逃げ出したプライモック/Primoc Escapee
C:Rickard Osterberg-《宝石の手の報復者/Gempalm Avenger
B:Jake Smith-《闇の末裔/Scion of Darkness
A:Lovre Crnobori-《針撃ちゴルナ/Needleshot Gourna
C:Matt Linde-《斧のしもべ/Liege of the Axe
B:William Jensen-《炎波の発動者/Flamewave Invoker

Smithはこのカードが好きなのかも。すごく嬉しそうに《闇の末裔/Scion of Darkness》をピック。

-Pack #5

C:Rickard Osterberg-《残響の追跡者/Echo Tracer
B:Jake Smith-《宝石の手の汚染者/Gempalm Polluter
A:Lovre Crnobori-《霧衣のウミツバメ/Mistform Seaswift
C:Matt Linde-《煤羽の群れ/Sootfeather Flock》+《ナントゥーコ自警団/Nantuko Vigilante
B:William Jensen-《スカークの教練教官/Skirk Drill Sergeant》+《炎波の発動者/Flamewave Invoker
A:Brock Parker-《意志を曲げる者/Willbender》+《枝折りロリアン/Branchsnap Lorian

-Pack #6

B:Jake Smith-《宝石の手の汚染者/Gempalm Polluter
A:Lovre Crnobori-《残響の追跡者/Echo Tracer
C:Matt Linde-《宝石の手の報復者/Gempalm Avenger》+《煤羽の群れ/Sootfeather Flock
B:William Jensen-《ゴブリンの働き者/Goblin Dynamo》+《炎波の発動者/Flamewave Invoker
A:Brock Parker-《激浪の刻み獣/Riptide Mangler》+《針撃ちゴルナ/Needleshot Gourna
C:Rickard Osterberg-《ダールの修理人/Daru Mender》+《覆い隠しの達人/Master of the Veil

緑をやっていたA席の二人は結局《森林守りのエルフ/Timberwatch Elf》も《梢を這うもの/Canopy Crawler》もピックできず。まあ、出ないものは仕方ない。

-Scourge
-Pack #1

B:Jake Smith-《よじれた嫌悪者/Twisted Abomination
C:Rickard Osterberg-《待ち伏せ司令官/Ambush Commander
A:Brock Parker-《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote
B:William Jensen-《黒焦げ牙のクーガー/Chartooth Cougar
C:Matt Linde-《翼の破片/Wing Shards》+《最前線の策士/Frontline Strategist
A:Lovre Crnobori-《海辺のレインジャー/Shoreline Ranger

ランドサイクリング出現しすぎかも。

-Pack #2

C:Rickard Osterberg-《クローサの戦長/Krosan Warchief
A:Brock Parker-《激情の共感者/Fierce Empath
B:William Jensen-《すがりつく不死/Clutch of Undeath》+《ドラゴン語りのシャーマン/Dragonspeaker Shaman
C:Matt Linde-《ドラゴンの鱗/Dragon Scales》+《荷降ろし/Unburden
A:Lovre Crnobori-《黒焦げ牙のクーガー/Chartooth Cougar》+《分散の盾/Dispersal Shield
B:Jake Smith-《屍肉喰らい/Carrion Feeder》+《アフェットのルーン術士/Aphetto Runecaster

The Brockafellersは《激情の共感者/Fierce Empath》と《クローサの戦長/Krosan Warchief》のどっちをとるか相談していたようだが...Osterbergが《クローサの戦長/Krosan Warchief》をカットしたために一択に。おかげLinde(C席)はライバルがとりたかったであろう《ドラゴンの鱗/Dragon Scales》をピックできてニンマリ。

-Pack #3

A:Brock Parker-《流れ込む知識/Rush of Knowledge
B:William Jensen-《よじれた嫌悪者/Twisted Abomination》+《ドラゴンの暴君/Dragon Tyrant
C:Matt Linde-《ドラゴンの鱗/Dragon Scales
A:Lovre Crnobori-《促成の突然変異/Accelerated Mutation》+《銀騎士/Silver Knight
B:Jake Smith-《死神頭のノスリ/Death's-Head Buzzard》+《雷雲の精霊/Thundercloud Elemental
C:Rickard Osterberg-《ダールの戦長/Daru Warchief》+《エイヴンの解放者/Aven Liberator

ついに《流れ込む知識/Rush of Knowledge》が。青緑でのこのスペルは特に期待値も大きそう。そしてLinde(C席)は二枚目の《ドラゴンの鱗/Dragon Scales》。

Jensen(B席)が《ドラゴンの暴君/Dragon Tyrant》をピックしたことで《ドラゴン語りのシャーマン/Dragonspeaker Shaman》から2体の竜を召喚という夢のデッキも視野に!?
-Pack #4

B:William Jensen-《刃の翼の虜/Bladewing's Thrall
C:Matt Linde-《すがりつく不死/Clutch of Undeath
A:Lovre Crnobori-《海辺のレインジャー/Shoreline Ranger
B:Jake Smith-《黒焦げ牙のクーガー/Chartooth Cougar
C:Rickard Osterberg-《エイヴンの遠見/Aven Farseer》+《最前線の策士/Frontline Strategist
A:Brock Parker-《促成の突然変異/Accelerated Mutation》+《翼の破片/Wing Shards

-Pack #5

C:Matt Linde-《ドラゴンの鱗/Dragon Scales
A:Lovre Crnobori-《凶暴の命令/Decree of Savagery
B:Jake Smith-《朽ちゆく猛禽/Putrid Raptor
C:Rickard Osterberg-《凍結/Frozen Solid
A:Brock Parker-《激情の共感者/Fierce Empath》+《剛力のブルヴァックス/Titanic Bulvox
B:William Jensen-《屍肉喰らい/Carrion Feeder》+《すがりつく不死/Clutch of Undeath

3枚目の《ドラゴンの鱗/Dragon Scales》。

-Pack #6

A:Lovre Crnobori-《海辺のレインジャー/Shoreline Ranger
B:Jake Smith-《朽ちゆく猛禽/Putrid Raptor
C:Rickard Osterberg-《エイヴンの遠見/Aven Farseer
A:Brock Parker-《剛力のブルヴァックス/Titanic Bulvox
B:William Jensen-《長引く死/Lingering Death》+《火花のしぶき/Spark Spray
C:Matt Linde-《時間の亀裂/Temporal Fissure》+《乱射/Scattershot

とにもかくにもランドサイクリングが出るは出るは。これを活用してCrnoboriはなんと3cGに!

最終的なマッチアップは以下の通りとなった。

A:Crnobori(緑+赤青)-Parker(緑青)
B:Smith(赤黒)-Jensen(赤黒)
C:Osterberg(青白)-Linde(黒白)

無敵の鳳凰の息の根をとめたThe Brockafellersのデッキにアドバンテージがあるように愚考するが、はたしてどうなるだろう?

ともあれ...残念ながら、Jensenはドリームドラゴンデッキの道はとらなかったようだ。

Lovre Crnobori

Download Arena Decklist

Jake Smith

Download Arena Decklist

Richard Osterberg

Download Arena Decklist

Brock Parker

Download Arena Decklist

William Jensen

Download Arena Decklist

Matt Linde

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All