決勝: Kai Budde vs. Nicolas Olivieri

Posted in Event Coverage

By Koichiro Maki

Phoenix Fondation
Player A: Blume, Marco
Player B: Barberowski, Dirk
Player C: Budde, Kai

Les Plus Class
Player A: Tenenbaum , Amiel
Player B: Nassif , Gabriel
Player C: Olivieri , Nicholas

Budde, Kai vs. Olivieri, Nicolas

 Barberowski の Annihilate がこの PTNY 最終戦となる決勝での記念すべき 1st Pick。続く Kai はいつも通り多色緑系を意識した Benalish Trapper、これも同じく緑多色をドラフトする Nicholas と興味深い対を成す。

 Tenenbaum が Blazing Specter を始めとして黒赤にいけば、Blume は二枚の Climson Acolyte をドラフトしてみせる。ならばと Tenenbaum が赤を薄めにし白へとスライド。

 最終的に出来上がったのは、

 Kai 緑多色 - Nicolas 緑多色
 Barberowski 黒赤青 - Nassif 黒青
 Blume 白青赤 - Tenenbaum 黒白赤

Game 1

 順調にQulion Elves を Cast した Kai に対し、Turn 3 土地を置けない Nicholas が顔を歪めながら Turn を返す。だが、その返しで Kai も 土地を置けないまま Elf で攻撃したのち Turn を返す。

 奇妙な緑多色デッキ同士の対決。

 更に Kai が二匹目の Elf を召喚すると、ようやく赤マナを引き当てた Nicholas は Scorching Lava でそれを除去する。これ以上マナに差をつけることは許されない。

 Kai は待望の Lay of the Land を通し、 Benalish Trapper を召喚する。

 そしてついに Nicholas も Elf を見つける。今度は Kai の番だ。その Elf に向かって Consume Strength 。だが、Nicholas はこれを Gaea's Might でなんとか回避する。

 ようやくマナベースを揃えた Kai が Kavu Chameleon を召喚。と、Nicholas は Allied Strategy に打開策を求める。枚数は三枚。ひとまず二枚を Discard して終了。

 Kai の Chameleon と Elf での攻撃により、更に Nicholas のライフが減少する。

 Turn が渡ったところで Kai は Elf をタップ。するとこれに対応して青マナを出した Nicholas は Chameleon に対し Recoil をキャスト。時間を作り、なんとかその隙に補充した手札での打開を図る。まずは引き当てた島を出し、Fertie Ground をキャストする。いよいよ準備は整った。

 Chameleon が勿論カウンターされることも無く再び場に登場。その返しで Nicholas はStandard Bearer からついに御大 Cromat を場に。しかも青緑、いざという時のためライブラリーに戻るマナまでをも用意したままで。

 ちと困った。そんな顔の Kai だったがドローしたカードを見て思わずニヤリ。Bearer がいるうえ、ライブラリーに戻せる状態の Cromat に対しいったい何が有効だというのか?

 Slay

 いやはや、確かに緑だ。他に手段の無い Nicholas は Cromat をライブラリーのトップへと返す。だが、なんと Kai の計画はこれに留まってはいなかったのだ。

 Temporal Spring

 そう、Cromat が確かに置かれたその上に更に Bearer を。これで Chameleon を防ぐすべはなくなった。しかも 2 Turn もの間。

 ライフが心もとない Nicholas は Stormscape Battlemage をダブルキックでキャスト。Trapper を殺すとともに Cromat 降臨までのライフをなんとか稼いだ。

 はずだった。その Battlemage を待ち構えていたのは Kicker の Agonizing Demise。

 ブロッカーを失った Nicholas に身を防ぐ術は残されていなかった。

 Kai 1 - Nicholas 0

Game 2

 先手の Kai はマリガンを選択。対して Nicholas は Turn 2 に Elf からの順調な立ち上がりであるが、これは Kai の Slay によって死亡。そう容易にはマナベースを安定させてはもらえない。

 その後、マナが揃わず全く展開できない Nicholas に対し、Kai は Mirrorwood Treefolk から Qurion Elves へと繋げる。しばらくこれらに攻撃されたのち、Nicholas は緑マナを残しての Chameleon 。だが、これは Temporal Spring によって一時場を離れる。その隙にも Kai の攻撃は行われる。

 Nicholas が Ebony Treefolk をキャストし Chameleon でしばし攻撃を行う。Kai の Hunting Drake が再度 Chameleon を戻す。この時点でのライフが、kai 12 nicholas 11

 ここでしばし考える Kai 。しかけるにはまだ早いと、Hunting Drake のみでの攻撃を選択する。 Kai 12 Nicholas 9

 Qurion Sentinel を通して白マナを確保すると、Aurora Griffin を召喚。空軍を増強し、ターン数を制限する。

 その返し。ついに念願の山を見つける Nicholas。実はこの時、他の手札5枚全てが赤という状況だ。まずは延命の為、Griffin に Scorching Lava。無事除去に成功する。

 のこされた Hunting Drake で攻撃を行い、Nicholas 7。

 Nicholas は Minotaur Illusionist を召喚し、いざという時の Drake 撃墜手段を手配する。ここで Kai は再び互いのライフを確認。しばし時をかけて作戦を練り上げる。

 Drake の狩りはなおも続く。Nicholas 5。

 残された僅かのターンで勝負を決する必要がある Nicholas は引いた Recoil をそのまま Mirrowood Treefolk へと放つ。だが、防御陣をあまり手薄にするわけにもいかず、Minotaur のみで攻撃。Kai 9。

 そして次なる Drake の攻撃、3 まで減らすことを嫌った Nicholas は Minotaur の能力を起動し 3 点を与える。この時 Kai には Sunscape Apprentice の青能力を使用する選択肢もあったが、それを行うことなく墓地へと静かにカードを置く。そして Lay of the Land で山を入手し、Mirrorwood を再び戦列に送る。そう、Kai は Drake よりも赤マナを優先したのだ。そこまで重要視した赤マナの目的とは。

 Nicholas は Mire Kavu を一旦キャストした後、それを種に Horned kavu を。

 だが、最早勝敗は決していた。
 Nicholas のライフは残り僅か 5。

 そして、Kai の手札には赤マナを必要とする二枚のカード。Darigaaz's Charm と Agonizing Demise が . . . 。

 Kai 2 - Nicholas 0
 FinalResult: Phoenix Fondation wins Les Plus Class 2-1

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All