準々決勝:中野 圭貴(大阪) vs Patrick Chapin(アメリカ)

Posted in Event Coverage on December 31, 1969

By Daisuke Kawasaki

中野 圭貴

中野:黒緑エルフ
Chapin:ドラゴンストーム

「スカージ」こと中野 圭貴(大阪)は、今シーズンのプレミアイベントで2回フィーチャリングされている。そのどちらも、ベスト8の進出をかけた重要なマッチ。しかし、残念ながら中野は勝ち星を挙げることはできなかった。

安定してベスト8をねらえるラインまで勝ち星を重ねてきたのだから、今シーズンは好調だった、という見方も出来るだろう。

しかし、中野の実力を考えれば、勝ちきれなかったという印象が残るのは否めない。

中野 「もともとうまいわけじゃないんですけど、緊張するとミスが増えるんですよ...」

だが、中野は、ついに壁を越えた。

Game 1

開始前に、マッチアップの相性を尋ねてみた。

中野 「秘匿ランド(《背骨岩の小山》)で《ドラゴンの嵐》がリムーブされるかされないかの運ゲーな部分が大きいです」

先手のChapinの手札に《背骨岩の小山》はない。

中野が2ターンにわたってキャストする《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》を《ショック/Shock》で除去するChapin。そして、2枚の《睡蓮の花/Lotus Bloom》を待機する。

《思考囲い/Thoughtseize》で《ドラゴンの嵐》を捨てさせる中野。しかし、手札に残る《ボガーダンのヘルカイト》が気になる。案の定、《睡蓮の花》で加速されたマナからキャストされた《ボガーダンのヘルカイト》が、《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》をトークンもろとも焼き払う。

そして、この《ボガーダンのヘルカイト》を除去する手段を持たない中野。

《樹上の村/Treetop Village》や《レンの地の克服者/Wren’s Run Vanquisher》での果敢なアタックでライフを削りつつ、除去のトップデックにかける。

しかし、Chapinの《火葬/Incinerate》が中野から時間を奪い去った。

Chapin 1-0 中野

Game 2

中野 「やっぱ、完全に運ですね。同じデッキ使ってる人の中なら、森田さん(森田 雅彦(大阪))のほうが練習してるし、強い。でも、僕が抜けたのは運ですよ」

ベスト8進出の感想を、中野はこう語った。

中野が運だけで切り抜けてきたプレイヤーだとはとても思えない。だが、最後の壁を打ち破るのに運が後押ししたのは事実だろう。

そして、このマッチアップで運の要素が大きいのは否めないのだ。ならば中野の強運を信じよう。

Chapinはマリガン後、《背骨岩の小山》はなくとも《ボガーダンのヘルカイト》のあるハンドをキープ。《炎の儀式/Rite of Flame》を引いたChapinは《睡蓮の花/Lotus Bloom》を待機する。

中野は《レンの地の克服者》から《傲慢な完全者/Imperious Perfect》へと展開。この《傲慢な完全者》は《裂け目の稲妻/Rift Bolt》で除去されるものの、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》が後続として追加される。

《思考囲い》で《ドラゴンの嵐》をディスカードさせて反撃の芽を摘むんだ中野は、《不敬の命令/Profane Command》でゲームを決めた。

Chapin 1-1 中野

Game 3

Use Card: Spinerock Knoll

中野 「《背骨岩の小山》セットした瞬間に、ゲームが決まるかどうかはすぐわかるんですよ。だって、《ドラゴンの嵐》なら迷う必要ないじゃないですか。負けるときは早いんですよ、リムーブが」

《レンの地の克服者》でビートダウンを始める中野。

だが、Chapinが《背骨岩の小山》をセットした瞬間に天を仰ぐ。Chapinは続けて《裂け目の稲妻》を2枚待機。

続くターンに、《ショック》を引き金に《ドラゴンの嵐》が吹き荒れる。

Chapin 2-1 中野

Game 4

中野 「2年間マジックから離れてたんですけど、来年はプロツアー回るつもりなんですよね。ここで、勝つとレベル3なんでがんばりたいです」

そんな中野の願いが通じたのか、Chapinは《背骨岩の小山》の秘匿で長考する。

《レンの地の克服者》《トロールの苦行者/Troll Ascetic》でChapinのライフを削り続ける中野。《思考囲い》で寿命を縮ませかねない《睡蓮の花》をディスカードさせる。

そして、Chapinは2枚目の《背骨岩の小山》でも、また長考。

すでに、Chapinの手札の《ボガーダンのヘルカイト》は確認済みの中野。最大の効率を求めてクリーチャーでのビートダウンを決行し、Chapinのライフを4とする。

だが、Chapinは《炎の儀式》でストームを稼いだ《ドラゴンの嵐》で2体の《ボガーダンのヘルカイト》を送り出し、《トロールの苦行者》を残して場を一掃する。

しかし、中野の手札には、《眼腐りの終焉/Eyeblight’s Ending》と《殺戮の契約/Slaughter Pact》が。Chapinのライフは1に。

そして、Chapinの悪あがきの《巣穴からの総出/Empty the Warrens》を、《樹上の村/Treetop Village》が突き破ったのだった。

Chapin 2-2 中野

Game 5

Pat Chapinに右手を差し出す中野

意外なことに、世界視点では、日本のマジックシーンを牽引してきた関西勢なのだが、こと世界選手権に限れば、過去にベスト8のプレイヤーを輩出していない。

そう、中野は純粋な意味での関西勢としては、初めてのベスト8なのだ。関西勢たちの期待が、中野の強運を支えているのかもしれない。

だが、中野が背負うのが関西勢の期待ならば、対するChapinが背負っているのは、全米のマジックプレイヤーの期待であった。

Chapinが2枚連続で《背骨岩の小山》をセット。そして、2枚目はセットした瞬間にリムーブ。

中野 「あの瞬間に決まりましたね」

Chapinは中野を対象に《ショック》。そして、《睡蓮の花》のマナから《ボガーダンのヘルカイト》。

そして《背骨岩の小山》から舞い降りる2体めの《ボガーダンのヘルカイト》。

続くドローをみると、中野は落ち着いて手を差し出した。

Chapin 3-2 中野

惜しくも、「運対決」に敗北し、残念ながらレベル3達成ならなかった中野 圭貴。

だが、中野はゲーム終了後に笑いながらいった。

中野 「大阪かえってPTQ出てきますよ」

何がきっかけでプレイヤーがブレイクするかはわからない。

ひとつのきっかけが一気にプレイヤーをブレイクさせてきた例は枚挙にいとまがない。

そして、きっとその例のひとつとして中野の名前が並ぶことを祈りたい。

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All