準々決勝: 加藤 一貴 vs. 中村 修平

Posted in Event Coverage on August 23, 2003

By 松井健治

 予選ラウンド 13 の再来、加藤の中村がここでまた戦う事となる。

 今大会の本命デッキである赤白 Slide を操る 2 人だが、予選ラウンドでは 2 - 1 で加藤が勝利を収めている。

 さて、この 2 人のプレイヤーだが、過去のサイドボードの記事でしばしば登場したプレイヤーであり、すでにご存知の方もいらっしゃるだろう。

 加藤は PT ニューオリンズでは 2 日目に進出し、ファイナルズでもベスト 8 に入賞するなど、好調の名古屋勢である。

 対する中村は、ファイナルズ優勝やさまざまなグランプリで準優勝をおさめたことで知られるプレイヤーだ。

 ところで、昨日の予選ラウンドが全て終了した後、色々なプレイヤーからこのような話を聞かされた。

  15 ラウンドに、同郷の西村とマッチアップされ 1 - 1 となった中村修平は西村を説き伏せてそのラウンドを勝ち上がり、 16 ラウンドで内田卓也と言うプレイヤーと対戦が組まれることなった。

 その内田は、ここで勝てばルーキー 1 位の栄誉と賞金、それに併せて、オポネントマッチパーセンテージが低いものの、ベスト 8 に入る事は十分に出来るラインにいたのだが、中村はその彼に対して必死にオポネントマッチパーセンテージの話を持ち出し、彼に勝ちを譲ってもらうように説得をこころみたのだという。そして内田はそれを承諾した。

 話し合いも終わり、ジャッジの会田氏にその話を伝えに行ったとき、会田氏は内田に対して何度も「本当にそれで良いのか」と確認をとったが、本人はそれで良いと答え、中村のベスト 8 入りが決まった。
 
 そんなわけで、若さとパワーで勝ち上がってきた加藤と、 2 人のプレイヤーの屍を越えてベスト 8 の席を手に入れた中村という対戦である。

Game 1

 先手加藤。

 先手 3 ターン目に変異クリーチャーを出し、 4 ターン目に《賛美されし天使/Exalted Angel》へと姿を変え、白白赤とマナの立っている中村に躊躇無く攻撃を加えて、これをスルーする中村。

 後にこの天使は除去されるも、加藤のライフは伸び、このまま加藤が押し切るかとおもわれたが、加藤が《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》を回収したターンのエンドに、中村が《正義の命令/Decree of Justice》をサイクリングして、4 体のソルジャートークンを場に。

 そして、そのままメインターンに入った中村は《滅殺の命令/Decree of Annihilation》をサイクリングして土地を一掃。

 とりあえず加藤は、今拾った《永遠のドラゴン》をサイクリングして平地を手札に。

 勝った気でいる中村は、 4 体のトークンで攻撃を始めるのだが、加藤は先程手に入れた平地を場に置き、 2 ターン目には更なる平地セットから《銀騎士/Silver Knight》を場に設置。中村の攻撃は急速的に止まってしまった。

 そこからは加藤の更なる反撃、追加で《銀騎士》を 2 体増やし、そのまま 3 体の《銀騎士》で中村を攻め立てる。

 勝利を確信した為の《滅殺の命令》サイクリングであったので、これ以上の対抗カードを持たなかった中村は、そのまま殴りきられる事に。

中村 0 - 1 加藤

Game 2

 先手は中村に移る。

  2 , 3 ターン目と《銀騎士》を並べ、4 ターン目には変異を設置と、一気に押し切るプレイで加藤を攻めたてる。

 そんな中、加藤は冷静に変異クリーチャーを出し、中村の一挙一動を一手ずつ回避していく。

 先手から一気に序盤ダメージを与えたことによって、中村はダメージレースの優位に立ち、その立場を保とうと《稲妻の裂け目/Lightning Rift》を張るが、それら諸共、加藤は《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》でその場を流す。

 ライフ差では負けているが、アドバンテージの差は圧倒的に加藤が上。

 さて、反撃に移ろうかと、前準備に《霊体の地滑り/Astral Slide》をセット。そこから《窯口のドラゴン/Kilnmouth Dragon》を場に出し、《永遠のドラゴン》を開示してカウンターを 3 つドラゴンの上に。

 ふむ、とため息をつく中村。

 この状況も想定し、手札に残した《怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath》を放とうにも、加藤の《霊体の地滑り》が悩みの種。

 とりあえず《怒りの天使アクローマ》を出す中村。

 《拭い去り/Wipe Clean》や《奉納/Oblation》の引けば、まだまだ勝機があるはずなのだが、サイクリングを何度となく繰り返しても、それらのカードを引く事無く、加藤の勝利が確定。

Final Result : 中村 0 - 2 加藤

Kato Kazuki

Download Arena Decklist

Nakamura Shuhei

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All