準々決勝: 梅原 啓(大阪) vs.
宮本 寛弥(千葉)

Posted in Event Coverage on June 22, 2012

By Wizards of the Coast

 『親和』対『フェアリー』。

 活躍していた時期が違うとはいえ、いずれも過去スタンダードを席巻したアーキタイプであることに変わりはない。

 だが、親和が1ターン目から圧倒的な爆発力を誇るのに対して、フェアリーというデッキは基本的に2ターン目スタートのデッキである。
 つまりそこには、どうしようもなく埋めがたい速度の差が存在している。

 とりもなおさず、絶望的で、絶対的な相性差。
 まして、宮本の親和は会場でもっとも強かった親和であり、だからこそここに座っているのだ。
 となれば、待っているのは蹂躙、陵虐。機械生命体による、妖精たちの一方的な虐殺劇。そんなふうに思われても仕方がない。

 しかし。  梅原のフェアリーたちも、昨日今日と2日間にわたってこの親和の海を泳ぎ切り、このトップ8まで必死にたどり着いたはずなのだ。
 それに、そうであるからこそ逆に宮本も、絶好球すぎて打ち損じるということも考えられる。
 それがトップ8という「場」の魔力。

 いずれにせよ。

QF_miyamoto_VS_umehara.jpg

 勝負事は、実際にやってみるまではわからない。

ゲーム1

 スイスラウンドの順位が上位の宮本が、値千金の先手。是が非でもメイン戦を取りたい親和デッキにとって、このアドバンテージは大きい。
 その利を生かすように宮本、《》《メムナイト》《オパールのモックス》と一息に展開する。

 対し、梅原の場にはたった1つのちっぽけな《》。一体これだけで何ができるというのか。

 だが、そう思ったのも束の間。梅原はさながら妖精のように、《電結の荒廃者》には《呪文嵌め》、《鋼の監視者》には《差し戻し》と、宮本の猛攻を軽やかにいなしていく。

 さすがに《鋼の監視者》の2連打に対しては1体をカウンターし損なうものの、続く《エーテリウムの達人》も《謎めいた命令》でカウンター&ドローと100点の対処。

 そして5マナ目にたどり着くやいなやの《ヴィダルケンの枷》プレイ。これは梅原、さすがに安全圏か。

梅原 啓

 だが、ここからが辛い時間だった。

 ようやく盤面をイーブンにしたものの、そこからのトップ勝負でマナフラッドに陥ってしまった梅原は、フェアリーデッキであるにも関わらず、宮本の《大霊堂のスカージ》と《ちらつき蛾の生息地》「だけ」に、ライフ6まで削られてしまう。

 それでも、ようやく駆けつけた《呪文づまりのスプライト》と《ペンデルヘイヴン》で何とか窮地を免れる梅原。さらに《ヴェンディリオン三人衆》で宮本が手札に温存していた《感電破》を撃たせると、これにきっちり《謎めいた命令》を合わせる好プレイ。今度こそ完全に凌ぎきったか。

 宮本がようやく引き込んだ、インスタントタイミングで移し変え可能な《頭蓋囲い》でさえ、ここに至ってはアタッカー不足で、梅原のブロッカーたちを乗り越えるには至らない。

 そしてトップ勝負になったということは、必然デッキの中に切り札がある方が有利なのであって。

 やがて3枚目の《謎めいた命令》にたどり着いた梅原が、相手のクリーチャーを全てタップしてからのフルアタックで宮本を介錯した。

梅原 1-0 宮本

ゲーム2

 再び先手は宮本。《》を置いて《メムナイト》《大霊堂のスカージ》となかなかのスタートを切る。

 対して梅原は今回も例によって《》を置いていくだけだが、続く宮本の《鋼の監視者》《頭蓋囲い》には《呪文嵌め》《マナ漏出》で綺麗に対応。このままゲーム1と同じ展開になるかと思われた。

 だが、宮本のトップデッキした《エーテリウムの達人》がうっかり通ってしまったことで、サイズ的にカード1枚では対処する術を持たない梅原、いきなり苦しい展開に。

 それでも脇のクリーチャー同士の相打ちやチャンプブロックで耐え凌ぐと、どうにかライフ5を残して宮本のエンド前に《謎めいた命令》で《エーテリウムの達人》を一旦バウンスすることに成功する。

宮本 寛弥

 しかし、その程度で宮本は怯まない。

 梅原が《》4枚に《変わり谷》《フェアリーの集会場》と立てているところへ、構わず《エーテリウムの達人》をプレイすると、何とこれが通る。それに勇気づけられたか、宮本が意を決して《メムナイト》と《羽ばたき飛行機械》の2体でアタックする。

 が、何も引いていないと思わせておいて梅原、《変わり谷》と《フェアリーの集会場》でそれぞれブロックし、アンタップ状態の両者からマナを出して《ウーナの末裔》をプレイ!パーマネントの価値はともかくとして、数だけ見れば一方的な0:2交換を実現する。

 それでもまだ攻める番ではないと判断したか、なおも梅原はドローゴー。宮本の《頭蓋囲い》には《謎めいた命令》でカウンターしつつ《エーテリウムの達人》を再度バウンスし、粘りを見せる。

 この段階でお互いに手札1枚。《大霊堂のスカージ》の絆魂によりライフに余裕がある宮本は冷静に《マナ漏出》される可能性があるところに飛びこむことはせず、一旦ターンエンドを宣言。返す梅原も不用意にフルタップにする愚行は犯さず、《変わり谷》だけ起動して3点アタックするに留める。

 返すターン、宮本は3マナで《エーテリウムの達人》…と思わせておいてたった今引き込んだ《刻まれた勇者》をプレイ。今度も《エーテリウムの達人》は温存してエンドする。これを見た梅原、今度は《フェアリーの集会場》で着実にアタックし、宮本のライフを18とする

 と、宮本がここでようやく《エーテリウムの達人》をプレイ。一見追い詰められてプレイした格好となったことで、これを捌けば終いだろうとばかりに梅原、フルタップで5マナ払って《撹乱する群れ》でカウンターすることを選択。

 だが、それこそが宮本の罠だった。

 これにより梅原は《変わり谷》が起動できなくなり、道が通った《刻まれた勇者》がまず2点を与えると、残ったわずかな梅原のライフを、宮本の手札のラスト1枚…《感電破》が見事に削りきった。

梅原 1-1 宮本

ゲーム3

 先手が梅原に移っての3本目。

 7枚キープの梅原に対し、宮本はただでさえきつい後手で、しかもマリガンを強いられることに。
 何とか後手1ターン目こそ《》《バネ葉の太鼓》《オパールのモックス》と展開したものの、2ターン目にドローした《羽ばたき飛行機械》を梅原に《呪文づまりのスプライト》されると、展開がピタリと止まってしまう。

 かたや梅原、宮本が再び引き込んだ《羽ばたき飛行機械》からの《刻まれた勇者》にしっかり《マナ漏出》を合わせると、返すターンに《仕組まれた爆薬》X=0で宮本の《オパールのモックス》《羽ばたき飛行機械》を吹き飛ばすという、まさしく完璧な受けを見せる。

 それでも宮本もさるもの。即座に《墨蛾の生息地》を引き込んで手早く復帰しようとするのだが、梅原は《ペンデルヘイヴン》の後押しを受けた《呪文づまりのスプライト》と《変わり谷》とで少しずつ攻撃を開始しつつ、2枚目、3枚目(!)の《呪文づまりのスプライト》で、宮本の後続を一分の隙もなくシャットアウト。

 果ては宮本が最後の抵抗で放った《感電破》をも《撹乱する群れ》でキャッチする有り様で、妖精の群れが宮本をまさしく蹂躙し尽くしたのだった。

梅原 2-1 宮本


By Atsushi Ito

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All