準々決勝: 森田雅彦 vs. 木元健児

Posted in Event Coverage on August 25, 2002

By 景山太郎

木元健児 いまや押しも押されぬ強豪となった森田雅彦と、日本選手権で初日全勝の木元健児。スイスラウンド10回戦でも一度対戦している両雄。そのときはデッキ相性のよさもあり木元が勝利を飾っている。「決勝トーナメントの常連」である森田がこの大一番でリベンジを果たすか、はたまた「構築の雄」木元が返り討ちにするか。注目の一戦。

Game 1

ダイスロールの結果、先攻は木元。マリガンスタートながら1ターン目から《入念な研究/Careful Study (OD)》で、《綿密な分析/Deep Analysis (TO)》を落とし、2ターン目にそれをフラッシュバック。申し分の無い立ち上がりを見せる。

対する森田も《入念な研究/Careful Study (OD)》、《熊人間/Werebear (OD)》、《触媒石/Catalyst Stone (OD)》と流れるようにキャスト。最序盤から両陣営ともに派手な動き。
ゲームは木元が《野生の雑種犬/Wild Mongrel (OD)》、さらにマッドネスから《尊大なワーム/Arrogant Wurm (TO)》をキャストしたあたりから、木元有利に流れが傾いていく。木元はさらに森田の《灰毛の定め/Grizzly Fate (JU)》をカウンターし、ブロッカーを《霊気の噴出/Aether Burst (OD)》で排除。ゲームは限りなく木元のものになろうとしていた。少なくとも傍目にはそう見えた。

だが、そこは森田雅彦。並のプレイヤーではない。木元の駄目押しの《ワームの咆哮/Roar of the Wurm (OD)》を、大事に抱えていた《被覆/Envelop (JU)》でカウンターし、戻された《野生の雑種犬/Wild Mongrel (OD)》を再度展開。

そしてここで森田が序盤に置いておいた《触媒石/Catalyst Stone (OD)》が火を噴いた。《物静かな思索/Quiet Speculation(JU) 》で《ワームの咆哮/Roar of the Wurm (OD)》を墓地に送り込み、立て続けにキャスト。4体のワーム軍団を場に呼び出し、一気に場を逆転させる。

木元も一応《野生の雑種犬/Wild Mongrel(OD) 》や《尊大なワーム/Arrogant Wurm (TO)》などでブロックし数を減らすが、さすがにサイズが違いすぎる。しかも墓地には先ほど打ち消した《灰毛の定め/Grizzly Fate (JU)》が、今か今かとフラッシュバックを待っている状態だ。こうなってしまっては木元に打つ手は無い。後半木元のドローが悪くなったとはいえ、森田が見事に逆転勝利をおさめた。

森田 1 – 0 木元

Game 2

森田雅彦 再び先攻の木元だが、ここでまたもマリガン。一応《入念な研究/Careful Study (OD)》、《アクアミーバ/Aquamoeba (TO)》とキャストしなんとか場を作るが、なかなか緑マナを生み出す土地を引いてこず、後続が展開できない。

その一方で森田は《留意/Mental Note (JU)》の連発で早々にスレッショルドに到達。4/4の《熊人間/Werebear (OD)》と《野生の雑種犬/Wild Mongrel (OD)》、《触媒石/Catalyst Stone (OD)》を1ゲームめと同様に間断なく並べていき、じりじりと場を作り上げていく。

木元も森田の《物静かな思索/Quiet Speculation (JU)》を《被覆/Envelop (JU)》で打ち消し、さらにようやく引き当てた緑マナで《アクアミーバ/Aquamoeba (TO)》から《尊大なワーム/Arrogant Wurm (TO)》をキャストし対抗するが、序盤に動けなかったのがあまりにも痛かった。結局森田が駄目押しの《灰毛の定め/Grizzly Fate (JU)》をキャストしたところで勝負あり。ブロッカーの足りない木元は抵抗する手段がなかったのである。

森田 2 – 0 木元

Final Result: 森田 2 – 0 木元

Kimoto Kenji

Download Arena Decklist

Morita Masahiko

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All