準々決勝: 田中 久也 vs. 中村 聡

Posted in Event Coverage on March 30, 2003

By Ken'ichi Fujita

Hisaya Tanaka in his quarterfinals遊宝洞調整チーム対決。

中村「決勝卓なんて久しぶりだなあ」
田中「僕、はじめてですよ」

なかなかなごやかなBest 8卓である。

Game 1

まずは、田中の《ワイアウッドの伝令/Wirewood Herald》からゲーム開始。どんなエルフを連れてこられるかわかったもんじゃないので、中村も、《霧衣の壁/Mistform Wall》を出しつつも、とりあえずはブロックせずに本体に通すことを選択する。

その後、田中が《樹皮革のやっかいもの/Barkhide Mauler》と《暴れまわるマーロドント/Berserk Murlodont》、中村が《魂無き者/Soulless One》(4/4~5/5)といった主力を場に。だが、《暴れまわるマーロドント/Berserk Murlodont》が《残酷な蘇生/Cruel Revival》されたことにより、一気に中村が有利に。

さらに戦線に《うろつくセンザンコウ/Prowling Pangolin》、《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》を加えて押しまくる中村。一方の田中、手札に《神話的体形/Mythic Proportions》を持っているものの、中村のクリーチャーを除去するか、自分のブロッカーを増やすかしないと、突然死の恐れがある。

そこで、《冠毛の岩角獣/Crested Craghorn》を召喚し、さらに《憤怒の冠/Crown of Fury》をエンチャントし、アタック。ここまではよかった。しかし、田中、ここでありえないミスを連発。

中村の場

ライフ14
手札1枚(《魂無き者/Soulless One》確認済み)
変異(《堕ちたる僧侶/Fallen Cleric》確認済み)
《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk
《霧衣の壁/Mistform Wall》、
《うろつくセンザンコウ/Prowling Pangolin》(Tapped)

田中の場

Satoshi Nakamura in his quarterfinals手札2枚
土地
《神話的体形/Mythic Proportions
ライフ5
《森林守りのエルフ/Timberwatch Elf
《共生するエルフ/Symbiotic Elf
《冠毛の岩角獣/Crested Craghorn
(《憤怒の冠/Crown of Fury》装着)

この状況で、田中は《うろつくセンザンコウ/Prowling Pangolin》を挑発することを選択。すると中村、これを変異以外の3体でのブロックを宣言。これに対し、田中は《森林守りのエルフ/Timberwatch Elf》を起動して《冠毛の岩角獣/Crested Craghorn》を+2/+2し、《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》と《うろつくセンザンコウ/Prowling Pangolin》にそれぞれ2点ずつを与えた。当然、中村は致死ダメージの載った《うろつくセンザンコウ/Prowling Pangolin》をサクリファイスし、《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》を救い、《冠毛の岩角獣/Crested Craghorn》を返り討ちに。結局、2対1交換だった上に《森林守りのエルフ/Timberwatch Elf》までタップしてしまった。

田中「間違えまくり!あがってるのかなあ・・・」

返しでブロッカーが1体しかいない田中に対して、中村は当然のように《霧衣の壁/Mistform Wall》の種族を変えて攻撃。どれをブロックしても、致死ダメージを受ける羽目に。

すべての情報を把握しているので、もう少し落ち着いて考えれば田中の勝利の目が十分あったのだが・・・いささかもったいない星を落としたといえよう。

中村 聡1-0

Game 2

中村、ノーランド。問答無用でマリガンするも、さすがに展開の遅れは否めない。
田中が《ワイアウッドの伝令/Wirewood Herald》、変異、《森林守りのエルフ/Timberwatch Elf》とプレイする間に、中村のファーストアクションは《慧眼のエイヴン/Keeneye Aven》。

5マナそろえて《残酷な蘇生/Cruel Revival》で《森林守りのエルフ/Timberwatch Elf》を殺してはみたものの、《ワイアウッドの伝令/Wirewood Herald》から出てくるのは2体目の《森林守りのエルフ/Timberwatch Elf》。

Timberwatch Elf
さらに《鎚鉾尾のヒストロドン/Macetail Hystrodon》まで追加されては、どうしようもなく。

田中 久也 1-1

Game 3

さて第三戦までもつれこんだこの試合だが、決着はあっけなくついた。とにかく中村が土地しか引かないのである。

田中の引きは絶好調。森林、幸運のエルフコンビがいれば、変異ですらすぐに4/4クリーチャー。あまつさえ、そいつらが《樹を跳ねるロリアン/Treespring Lorian》とか《突進する石背獣/Charging Slateback》だったりしたら・・・。

結局、田中の《ゴブリンの機械技師/Goblin Machinist》とビースト軍団が1ターンに15点以上のダメージを叩き出し、中村を粉砕したのだった。

Final Result: 田中 久也2-1

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All