準々決勝: 石田格 vs 木下淳一

Posted in Event Coverage on August 25, 2002

By 平林和哉

石田格 開始の段階のデッキチェックで、木下のデッキリストが《島/Island》《森/Forest》ともに 9 枚ずつだったのが実は《島/Island》 10 枚、《森/Forest》 8 枚だったことが発覚した。

これによるペナルティがジャッジの間で討論された結果、ヘッドジャッジの裁量で 1 デュエルロスが下されることになり、石田が 1 本先取した状態から始められることになった。

Game 1

《森/Forest》しか初手に無かった木下は《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》 2 枚があるが用心深くマリガン。

《入念な研究/Careful Study》から《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》をディスカードして緑マナを探す木下だが見つからず。

木下淳一 だが 2 ターン目に待望の《ケンタウルスの庭園/Centaur Garden》をドローすると、石田の《敬愛される司祭/Beloved Chaplain》に対しては《留意/Mental Note》で《不可思議/Wonder》を墓地に落とすなど、マリガン後とは思えない展開を見せる。

4 ターン目には飛行の《野生の雑種犬/Wild Mongrel》 2 体、ワームトークンをコントロールしてるわけだ。

・・・・しかし。
石田の動きはそれをはるかに凌駕するものだった。

1 ターン目《陽光尾の鷹/Suntail Hawk》

2 ターン目《敬愛される司祭/Beloved Chaplain》

Quiet Speculation
Battle Screech
It's a Broken !
3 ターン目《物静かな思索/Quiet Speculation》( 2 枚の《金切るときの声/Battle Screech》、《虹色の断片/Prismatic Strands》)、《不屈の部族/Tireless Tribe》をプレイして《金切るときの声/Battle Screech》フラッシュバック

4 ターン目《聖餐式/Divine Sacrament》《金切るときの声/Battle Screech》フラッシュバック-ワームトークンを鳥トークンでブロックして《虹色の断片/Prismatic Strands》フラッシュバック

5 ターン目《不屈の部族/Tireless Tribe》で《栄光/Glory》を墓地に落とす

これでは目の前に座っているのが誰だろうと関係ないものだ。

石田が Quiet Screech "Punisher"の強さをまざまざと見せつけたマッチだった。

石田 2-0 木下

Final Result:石田 2-0 木下

石田格 Wins! Advance to Semifinal

Ishida Itaru

Download Arena Decklist

Kinoshita Jun'ichi

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All