準々決勝: 角岡 利幸(東京) vs.
四本 悠葵(東京)

Posted in Event Coverage on June 22, 2012

By Wizards of the Coast

 予選ラウンド11回戦で話題に取り上げた遠藤 亮太(東京)謹製のナヤポッド『Kiki-Pod』を駆る一団は、その勢いのままトップ8に二人を送り込み、惜しくも最終ラウンドで敗北してしまった鷲見 和男(埼玉)も9位と好成績を記録している。

QF_kadooka_VS_yotsumoto.jpg

 二人はプレーオフに残り、ドラマチックに決勝戦で相まみえることを願ったが、悲劇的なことに角岡 利幸(東京)と四本 悠葵(東京)は準々決勝の場面で向かい合うこととなった。どちらかは確実に準決勝に駒を進められると好意的に捉えることもできるが、彼らが目指していたのは1500人の頂点を懸けて戦うことだったに違いない。二人の顔にはやや残念な色が浮かんでいる。

 特に四本は苦しそうに見えるが、それは友人との苦渋の対戦を前にしてだけではなく、その友人である角岡が使用しているデッキの中身について一言あるからだという。

 ふたりともに『Kiki-Pod』を使用しているものの、メインボードが1枚だけ違うらしいのだ。ある程度の構成枚数が決定し、各々が思うように1枚だけ好みで入れ替えたところ、四本は《前兆の壁》を、角岡は…

静寂の守り手、リンヴァーラ

 同型戦で問答無用の最強カードである《静寂の守り手、リンヴァーラ》を採用している。

 メインボードにおいて彼らのデッキに《静寂の守り手、リンヴァーラ》を退ける手段はなく、すなわち角岡のたった1枚の《静寂の守り手、リンヴァーラ》が場に出てしまうと四本に勝利はない。おまけにたった1枚とはいえ、彼らの『Kiki-Pod』はクリーチャーをサーチする術に長けている。《召喚の調べ》と《出産の殻》が角岡の《静寂の守り手、リンヴァーラ》を確実に盤面に届けるだろう。

 四本は、角岡の《出産の殻》と《召喚の調べ》を回避することができるのだろうか。

ゲーム1

角岡 利幸

 最近のルール変更に、プレーオフにおける先手後手の選択についての変更があった。これはプレーオフにおける先手後手の選択が、予選として行われたスイスラウンドの結果の順位によって決定されるというものだ。このマッチに関していうと角岡は3位で四本は6位。つまり、この準々決勝では角岡が自由に先手後手を選択できるのだ。

 こうしてダイスロールは行われず、角岡は当然とばかりに先手を宣言すると開いた7枚を見るやいなやプレイすることを四本に告げた。四本もプレイすることを示すOKを返すと、最後の『Kiki-Pod』使いを決める準々決勝は開始された。

 角岡は《剃刀境の茂み》から《極楽鳥》、次なるターンに《貴族の教主》を追加して素早くマナベースを構築していく。手札には《鏡割りのキキジキ》と《村の鐘鳴らし》を抱えているため、四本にはもはや猶予は残されていない。

 四本は《極楽鳥》から《台所の嫌がらせ屋》を展開し、角岡のスピードに追いつこうとする。

 しかし、四本に3ターン目が回ってくることはなかった。

 無限コンボを目前としていた角岡が3ターン目のドローフェイズに引き込んだカードは、なんと無情にも《静寂の守り手、リンヴァーラ》。

 先に紹介したように、彼らがメインボードから静寂を愛する天使を撃ち落とすことはできない。角岡が《静寂の守り手、リンヴァーラ》を場に出すと同時に、四本は投了を宣言して僅か4枚のパーマネントを山札に戻した。

角岡 1-0 四本

ゲーム2

 同じデッキを使って理解し合っているからこその最高速の終劇を迎えたゲーム1だったが、サイドボード後のゲームはそう単純ではない。どちらにも《静寂の守り手、リンヴァーラ》が投入されると同時に、彼女を除去できる《焼却》がサイドインされるからだ。

 メイン戦では圧倒的に不利がついてもサイド後には五分五分だ。四本は気持ちを切り替えるように先攻を宣言する。  一度のマリガンを経た後に、《焼却》《召喚の調べ》、土地4枚という6枚をキープすると、《踏み鳴らされる地》を横向きに置いた。

 角岡は土地が1枚しかないものの、《貴族の教主》《根の壁》《静寂の守り手、リンヴァーラ》が含まれた7枚をキープしており、1ターンは土地が止まったものの、その後は順調に供給され、《根の壁》から《静寂の守り手、リンヴァーラ》と順調な滑り出しを見せる。

 四本は《焼却》で《静寂の守り手、リンヴァーラ》を撃ち落とすと《クァーサルの群れ魔道士》から攻勢を作り上げようとするが、角岡の《根の壁》がその行方を阻む。

 角岡の手札には、《静寂の守り手、リンヴァーラ》《鏡割りのキキジキ》《残忍なレッドキャップ》《台所の嫌がらせ屋》が残されており、片端から順番に盤面に展開していく。

 四本は《静寂の守り手、リンヴァーラ》をレジェンドルールの下に相殺するが、《鏡割りのキキジキ》を前に顔を顰める。

四本 悠葵

 しかし、四本が初手から握っていた《召喚の調べ》がその盤面を激変させる。X=3で《永遠の証人》をサーチすると、先ほど相殺した《静寂の守り手、リンヴァーラ》を回収することで角岡の《鏡割りのキキジキ》を封じ込める。

 一転して不利な盤面に追い込まれた角岡は、状況を打破するためにクリーチャーをレッドゾーンに送り込み続ける。四本が《ガヴォニーの居住区》をコントロールしているため長期戦は不利なのだ。角岡は僅かな隙間にねじ込むようにクリーチャーで攻撃し続ける。

 圧倒的な有利にいるのは四本である。ただ、その優位を保っているのはたった1枚の《静寂の守り手、リンヴァーラ》であることは忘れてはいけない。たった1枚が盤面を支え、戦局を左右しているのだ。

 その楔が外れたら、戦況は一瞬で移り変わる。

 角岡はカードを引くなりクリーチャーを寝かしはじめると、四本がそうしたように、《召喚の調べ》をX=3で唱えて《永遠の証人》を呼び出した。  当然、回収するカードは《静寂の守り手、リンヴァーラ》だ。

 再び相殺することで盤上の要が消え去ると、四本に対抗する術は残されていなかった。角岡が《鏡割りのキキジキ》で《永遠の証人》をコピーすることを宣言すると、頑張れよ、と呟いて友人を次なる戦場へと送り出した。

角岡 2-0 四本

 

By Jun'ya Takahashi

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All