準々決勝:

Posted in Event Coverage on February 28, 2004

By 藤枝 勇

ミラディンブロック環境の GP で Best 8 が 2 回、得意なデッキタイプも親和というStark。彼の今大会のデッキも当然のごとく親和で、とうとう自身初の PT Best 8 まで勝ち進んでいる。Pro Player of the Year Race 11 位。今シーズンの調子はとても良い。

対して、最後のマスターズで準優勝、 PT NewOrleans で準優勝、今回もオリジナルの TwelvePost でここまで来た事などを含めて Gabriel Nassif はヨーロッパにおいて最高のデッキビルダーだと言われている。

プレイヤーとしても No. 1 と言いたいところだが・・・・・・ヨーロッパには"最強" Kai Budde が存在している。そんなわけで、彼を除けばヨーロッパでも最高の一人と言えるだろう。こちらは Pro Player of the Year Race 7 位、今大会もし優勝することになれば 1 位の Richard Ostrberg に肉薄するためにどうしても優勝したい。

はたして、既に血肉とも言える親和デッキを使う Ben Stark か? それとも Gabriel Nassif が再び決勝の舞台へ立つ為に Ben Stark を下すのか?

デッキ相性的には今大会のデッキの中でも"対親和メタデッキ用のメタデッキ"とも言える TwelvePost は遅い方で、数ターンで勝負を決める親和には相性がやや悪いと言えるだろう。TwelvePostはアンチ親和を食い散らかしてきたのだから。

Game 1

TwelvePost vs. Affinity

Stark 先攻で始まり、序盤から飛ばすのは勿論 Stark。

1 ターン目に《電結の働き手/Arcbound Worker》、 2 ターン目に《頭蓋骨絞め/Skullclamp》、 3 ターン目に《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》+《金属ガエル/Frogmite》と絶好調で、 Nassif に 1 枚ランド割られた位では全く勢いは衰えない。

対して Nassif は 1 ターン目《酸化/Oxidize》、 2 ターン目には《森の占術/Sylvan Scrying》と行きたいところだがハンドに無く、 1 ターンおいて《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》 ( 《頭蓋骨絞め/Skullclamp》 ) と悪くは無いのだが、 Stark のまわりが良すぎる。

Starkは4 ターン目に新たな《頭蓋骨絞め/Skullclamp》と《マイアの処罰者/Myr Enforcer》。 さらに5 ターン目には《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》という完璧な回り。Nassif が 4 ターン目にキャストした《忘却石/Oblivion Stone》を起動させる間も無く Game 1 を取る。

Nassif 0 – 1 Stark

Game 2

Nassifスタートハンドに森の姿は無くマリガンを宣言。今度は 3 枚の森と《森の占術/Sylvan Scrying》《酸化/Oxidize》《刈り取りと種まき/Reap and Sow》でなかなか、《雲上の座/Cloudpost》までは無いが悪くないハンドと言える。

1 マリガンしてなかなかのハンドを手に入れた Nassif に対して、 Stark 側は土地 1 枚のハンドをじっくりと考える。ほかの6枚が《頭蓋骨絞め/Skullclamp》等悪くは無いのだが、もし Nassif が《酸化/Oxidize》を持っていると 1 枚目のドローが重要になりすぎる。そんな分の悪い賭けは出来ないとばかりにこちらもマリガンを宣言。さらに 6 枚の中には土地が無くダブルマリガンスタートとなる。

Starkの 1 ターン目の行動が《空僻地/Glimmervoid》、《溶接の壺/Welding Jar》、《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》。勿論 Nassif は《溶接の壺/Welding Jar》を即座に叩き割り、 Stark がそれ以上の土地を置けることは無かった。

Nassif 1 – 1 Stark

Game 3

初手を見て即座にキープを宣言した Stark に対して Nassif はノーランドで 1 マリガン。6 枚になったがハンドだったがそこには《雲上の座/Cloudpost》《森の占術/Sylvan Scrying》《歯と爪/Tooth and Nail》となかなか。

スタート後は Game 1 の巻きなおしを見るかのように Stark が好調。 3 ターン目には既に 2 / 2 ( + 1 / + 1 カウンターと《頭蓋骨絞め/Skullclamp》) の《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》が《チス=ゴリアの歯/Tooth of Chiss-Goria》 2 枚の Pump Up も受けて Nassif を攻めまくる。

だが Game 1 程の破壊力は無く、 Nassif の引きも《テル=ジラードに選ばれし者/Tel-Jilad Chosen》《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》《酸化/Oxidize》とかなり良く、なんとかダメージを最小限に抑えている。

《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》《マイアの処罰者/Myr Enforcer》と更に攻め手を追加して攻撃を継続する Stark 。《頭蓋骨絞め/Skullclamp》は割られてしまったが、次のターンには《金属ガエル/Frogmite》追加で戦線を維持。この時点で Nassif ライフ 7 。

流石に辛い Nassif のドローが《忘却石/Oblivion Stone》で《テル=ジラードに選ばれし者/Tel-Jilad Chosen》と共にこれを出してエンド。

Stark に《恐怖/Terror》が有ると負け。次のドローで《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》を引かれると負け。《忘却石/Oblivion Stone》を割られると負け。・・・・・・大分不利だが、まだなんとかなることを信じてターンを返した。

結局Stark に何も引かれず、ライフを 2 にまで落としたが無事《忘却石/Oblivion Stone》起動。手札には《歯と爪/Tooth and Nail》、場には 1 個カウンターの置いた《虚空の杯/Chalice of the Void》を出して、次ターンに土地を引けば双呪で打てる状態に持ってきた Nassif 。Stark に何も引かれない事を祈るが、 Stark のドローが《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》。

土地さえ引けば双呪の《歯と爪/Tooth and Nail》が炸裂するのだが・・・・・・無常にもドローは《酸化/Oxidize》。《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》がアーティファクトではないことが大きな意味を持つ瞬間だった。

Nassif 1 – 2 Stark

Game 4

Game 3 が Game 1 と同じ展開。そしてなぜか Game 4 も Game 2 と同じ展開に。

・・・・・・先手 Nassif が Stark の 1 枚目を叩き割り、その次のターン Stark は何もせずに Go 。今度は Nassif が《歯と爪/Tooth and Nail》をなかなか引けなかったため瞬殺とはならなかったが、ようやく引いてきた《白金の天使/Platinum Angel》をキャストすると Stark 投了。

Nassif 2 – 2 Stark

Game 5

オープニングハンドが《酸化/Oxidize》《虚空の杯/Chalice of the Void》 * 2 《テル=ジラードに選ばれし者/Tel-Jilad Chosen》《団結のタリスマン/Talisman of Unity》に《森/Forest》《雲上の座/Cloudpost》。非常にスタートを悩む Nassif だが、キープすることを宣言した。

開始直後、 Stark が 1 ターン目に何も出さないのをみると《虚空の杯/Chalice of the Void》を 0 個のカウンターでプレイ。これが正解となる。なぜなら Stark の手札に有るのは《溶接の壺/Welding Jar》が 2 枚に《金属ガエル/Frogmite》《起源室/Genesis Chamber》という具合で、いきなり 2 枚のアドバンテージを獲得してしまっているのだ。その成果で展開をかなり遅らせることが出来た。

3 ターン目にようやく出てきた《起源室/Genesis Chamber》もすかさず《酸化/Oxidize》されてしまい、出した《金属ガエル/Frogmite》も《テル=ジラードに選ばれし者/Tel-Jilad Chosen》で止まる。序盤の展開は Nassif 有利で進んでいく。

2 枚目の《虚空の杯/Chalice of the Void》を最大のガンである《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》封じに使い、場には既に 8 マナ、手札には《森の占術/Sylvan Scrying》と完全に決め手待ちとなった Nassif はひたすらマナを貯めてその時を待つ。

Stark もなんとかしたいのだが、引けども引けども 0 マナと 1 マナのカードばかりで、キャストすら出来ない。その後《レオニンの高僧/Leonin Abunas》を普通にキャストした上で、次のターンには《白金の天使/Platinum Angel》を引いた Nassif が準決勝へと進んだ。

Final Results : Gabriel Nassif Win

Nassif Gabriel

Download Arena Decklist

Ben Stark

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All