準々決勝: Eugene Harvey vs. Dustin Stern

Posted in Event Coverage on January 19, 2003

By 岡本尋

Harvey:黒緑 
主なカード:《神話的体形/Mythic Proportions》《蔓延/Infest》《残酷な蘇生/Cruel Revival》《虫つぶし/Swat

Harveyのデッキは比較的まとまっているが、肝心要の《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》がドラフトできなかったのが痛い。《神話的体形》か除去が上手く決まるかが勝負所だろう。

Stern:黒白 
主なカード:《間に合わせの鎧/Improvised Armor》《奉納/Oblation》《疾風衣の救済者/Gustcloak Savior

Sternのデッキはソルジャーやゾンビによる良くできているビートダウンデッキに仕上がっている。除去呪文があまりないのが辛いところなのだが、クリーチャーの質的にStern有利の声が上がっている。

結論から言ってしまうとHarveyは見せ場を作ることも出来ずに敗れてしまう。あまり良くない引きになってしまったあげく、普通に回ったSternのデッキに手も足も出なかったのである。この環境に置けるスタンダードな色の組み合わせ同士のマッチアップだったのだが、流れは完全にSternに傾いていたようだ。

Game 1

Harveyの先手で始まった準々決勝。先に動いたのはHarvey、《エルフの戦士/Elvish Warrior》を2ターン目に召還と幸先いい動きを見せる。Sternも負けじと返しで《栄光の探求者/Glory Seeker》を召還して対抗する。ところがHarveyは3枚目のランドが引けない。

そうこうしている間にSternの場には変異が2体と《金切り声のノスリ/Screeching Buzzard》が並んでしまう。さらにやっと事故を回避できたHarveyを《疑惑の冠/Crown of Suspicion》をエンチャントした《金切り声のノスリ》と変異軍団が襲いかかる。フェイスアップした《ダールの槍騎兵/Daru Lancer》と新たに陣営に加えられた《疾風衣の散兵/Gustcloak Skirmisher》によりHarveyはマナトラブルを解消することもできずに一本目を落としてしまった。

Harvey 0-1  Stern

Game 2

Harveyはここで1枚サイドボードを交換した。入れたのは《疑惑の冠》で、抜いたのは《影の息/Shade's Breath》なのだが、なぜメインに《影の息》でサイドに《疑惑の冠》なのかは理解に苦しむ。《影の息》がゴミカードという訳ではないのだが、わざわざ入れ替えるくらいならメインに入れておけばいいと思う。まあ、本人にしか解らない理由というものがあったのだろう。

そして再びHarvey先行でゲームがスタート。お互い1ターン目に《ただれたゴブリン/Festering Goblin》を召還する立ち上がり。そしてお互い何体かのクリーチャーを除去やブロックで交換した後、場に残ったのがHarveyの《切り刻まれた軍勢/Severed Legion》が2体、Sternの場には《鞭縄使い/Whipcorder》が1体となった。

ところがSternの場に《魂無き者/Soulless One》(5/5)出たところでHarveyは止まってしまう。しかたなくドローした《疑惑の冠》を《切り刻まれた軍勢》にエンチャントして2体で攻撃。1体をブロックされて《疑惑の冠》を生け贄に捧げる。なんとか2対1交換で突破口を開くことに成功したに見えたが、《疾風衣の救済者》が光臨しあげく《アヌーリッドの濁り水潜り/Anurid Murkdiver》が登場したところで投了。まさに圧殺されてしまったHarveyだった。

Harvey 0-2  Stern

Game 3

すでにリーチを掛けたSternは表情に余裕の笑みが見え隠れする。対するHarveyはややうつむき加減で表情は硬い。辛いところだが、こんな時こそ前を向いて頑張って欲しいと思う。

三度Harveyの先行で始まったGame 3。ところが、もう絶望感しか感じられないダブルマリガンがHarveyを襲う。なんとか《残酷な蘇生》までストレートにランドは揃うが、その後もランドを引き続けてしまう。仕方なく《圧倒する防衛者/Daunting Defender》に《残酷な蘇生》を打った返しで《間に合わせの鎧》をエンチャントされて勝負あり。気力ではどうにもならない展開にHarveyは完全にうつむいてしまった。

Harvey 0-3  Stern

PT Chicago Top Eight Draft: Green-Black

Download Arena Decklist

PT Chicago Top Eight Draft: White-Black

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All