準々決勝: Jon Finkel vs. Fabio Reinhardt

Posted in Event Coverage on January 19, 2003

By Keita Mori

◆Pod

 

Eugene Harvey
William Jensen ★Jon Finkel
Nicolai Herzog Abraham Snepvangers
★Fabio Reinhardt Kai Budde
Dustin Stern

赤青のミラーマッチということになった準々決勝のこのカード。アメリカの英雄Finkelとドイツの新鋭Reinhardtはともにお互いを強烈に意識したドラフティングを行っており、特にFinkelは3枚の《流水の長魚/Slipstream Eel》を投入していたり。

「実はOnslaughtのカードを完璧には理解していない」

というJonny Magicなのだそうだが、天性の才能と勝負勘とで見事に決勝ラウンド進出。通算10度目というのは大記録そのものであろう。はたして、このまま完全復活なるのだろうか?

筋金入りのFinkelファンである筆者としては、是非とも準決勝でFinkel-Budde戦を観戦してみたいところだ。

Game 1

肝心要の緒戦。お互いが《変異/Morph》を展開しあい、それが相打ちを遂げるというOnslaughtではお馴染みの光景が展開された。そして、再度《変異/Morph》同士が攻防を繰り広げたところ、Fabioのそれが《霧衣の金切り魔/Mistform Shrieker》へと変身し、一方的な勝利をおさめたのだった。3/3 Flyerはいつの時代もリミテッド環境の制空権を握るキーカードであり、先手のReinhardtが幸先よく先行したかたちと言えるだろう。

一方のFinkel御大も《激浪の多相の戦士/Riptide Shapeshifter》と《映像の造形者/Imagecrafter》を展開して対抗。...したのだが、即座に《狙いすましたなだれ/Pinpoint Avalanche》が《多相の戦士》を除去。《運命をかたどるエイヴン/Aven Fateshaper》やらに化けられてはたまらない、とReinhardtも必死である。

そんなわけで、ゲーム前半のダメージレースは《金切り魔》の一人芝居状態。しかし、《変異/Morph》から不意に表返った《上昇するエイヴン/Ascending Aven》がブロッカーとして立ちはだかり、これまた致命傷となる前に禍根は取り除かれたのだった。

仕切りなおし。

そして、Fabioの後続は《変異/Morph》、フィンケルは《脅迫するオーガ/Menacing Ogre》。お互いに宣言した数が「3」だったので《オーガ》が5/5というハードパンチャーになり、瞬間的にダメージレースの主導権がJonnyに。

しかし、返すターンにFabio Reinhardtは《理由なき暴力/Gratuitous Violence》をトップデッキ! こうなると、たまらずFinkelは虎の子の《陽光の突風/Solar Blast》で《変異/Morph》を除去せざるを得なくなる。2点が4点。《ラースの灼熱洞/Furnace of Rath》もそうだったが、やはり尋常ではない。

すると、Fabioも呼応するかのように《霧衣の仮面/Mistform Mask》で《オーガ》を実質無力化し、さらに《エイヴンの賢人/Sage Aven》を召喚して対抗。お互い一歩も譲らない。そして、両者が《流水の長魚/Slipstream Eel》を展開し、場は大味ながらも膠着した状態が形成されつつあった。

しかし、ここで千両役者Finkelが本領発揮のナイスドロー。

《脅しつけ/Threaten》がReinhardtの《長魚》を奪い取り、《締めつける綱/Choking Tethers》!

かくて、《長魚》2体と《オーガ》が挑戦者を圧殺した。

Jon Finkel 1-0

Game 2

先手Reinhardt《霧衣の壁/Mistform Wall》、Finkel《霧衣の夢幻/Mistform Dreamer》という立ち上がり。続くターン、Fabioは《変異/Morph》を展開し、Finkelはこれを《うつろう爆発/Erratic Explosion》で即座に除去。ちなみにこれは《霧衣の金切り魔》だったわけで、除去した側にとってはちょっとお徳な感じも。

しかし、この試合における駆け引きらしい駆け引きはここまで。

Finkelのランドがしばらくストップしてしまうというアクシデントが起きてしまったのだ。《うつろう爆発》でライブラリートップから連続3枚の土地がめくれてしまったからかもしれないが...ともあれ7マナ対3マナという状況が続けば、それだけで勝敗の行方は決まってしまうものである。

かくて、《アヴァラックス/Avarax》がFinkelのライフをすさまじい勢いで削り始め、《締めつける綱》と《本質の裂け目/Essence Fracture》がそれをバックアップしてビートダウン完了。あっさり。

Fabio Reinhardt 1-1

Game 3

Finkelは《非凡な虚空魔道士/Voidmage Prodigy》を2ターン目に召喚するという立ち上がり。一方のReinhardは《変異/Morph》を連続展開。Finkelは《魔道士》でアタックし、ブロックされなかったところを見計らっての《猛士の襲撃/Commando Raid》をプレイして2匹目の《変異/Morph》を除去。

そして、返すターンにFabioは《霧衣の壁》、Finkelは裏向きに《上昇するエイヴン/Ascending Aven》を展開してこれをターン終了時にを支払って表向きに。かくて、Finkelの3/2とReinhardtの2/2の殴りあいだ。

それにしても、Kai Budde御大が盤上で睨みを聞かせている手前、Reinhardtはなかなか《火花鍛冶/Sparksmith》や《流水の長魚》を思い切ってキャストできない。それでも、ようやく引き当てた《霧衣の夢幻》をカウンターするためにFinkelが《魔道士》を使ってくれたお陰で、待望の《火花鍛冶》をプレイできてReinhardtはニンマリ。しかし、Finkelはがこれを《脅しつけ》で即座に奪い取り、その場で自決を命令。ちょっとションボリ。

それでも、Finkelの後続の《激浪の多相の戦士/Riptide Shapeshifter》を《紛糾/Complicate》しつつ《変異/Morph》クリーチャーと《流水の長魚》を展開したことでReinhardtも奮闘。Finkelが対抗して召喚きた《長魚》も《本質の裂け目》でバウンスし、ダメージレースはかなりタイトなものに。...ちなみに、Reinhardtは「次ターンにFinkelが再度召喚したブロッカーを《締めつける綱/Choking Tethers》でどかせて殴り勝つことが出来る」という目算だった。

しかし、観衆をわかせたのはやはり Jonny Magic。

この状況下でJFKがどんなプレイをしたのかというと、

《流水の長魚》再召喚。
《熱病の魔除け/Fever Charm》!

...ヘイスト!!

Jon Finkel 2-1

Game 4

上機嫌のFinkel、一方のReinhardtはちょっと汗ばんでいるようだ。

Reinhardtの《変異/Morph》をFinkelが即座に《うつろう爆発》するという、どこかで見たような立ち上がり。そして、ここで《脅迫するオーガ》がめくれてしまう。続くReinhardtの二手目は《霧衣の夢幻》。Finkelも《上昇するエイヴン》を裏向きにプレイ...と、ここまでは互角。しかし、たった一枚のカードで状況は一変。

Fabio Reinhardt:《理由なき暴力/Gratuitous Violence

そんなわけで、《突進する石背獣》を展開したRenhardtがブロッカーを《本質の裂け目》で丁寧に排除し、綺麗にビートダウンしてみせたのだった。ダメージ倍はさすがに半端ではない。

Fabio Reinhardt 2-2

Game 5

あれよあれよという間に5戦目である。

軽快に2枚のカードをサイクリングしつつ、先手Finkelは裏向きに《上昇するエイヴン》を召喚。これに対してReinhardtは《霧衣の壁》展開。

Finkelは表返らせた《エイヴン》でのアタックでダメージレースを先行。Fabioは《不毛化/Lay Waste》でFinkelのマナベースを攻撃するも、すぐに青マナを引き当てたFinkelは淡々と次なる《変異/Morph》を場に送り出す。

負けじとReinhardtも《変異/Morph》クリーチャーを裏向きに展開。返すターン、Finkelは《激浪の多相の戦士/Riptide Shapeshifter》。Reinhardtは我慢の限界を迎えて《上昇するエイヴン》へ《狙いすましたなだれ》を。その上で2体目の《霧衣の壁》と《火花鍛冶》を召喚するReinhardt。

そこで、Finkelは《多相の戦士》の能力を起動して《運命をかたどるエイヴン/Aven Fateshaper》をライブラリーから呼び出した。ここまでの攻防で、ライフはReinhardt:11-Finkel:20。

そして、Reinhardtの《火花鍛冶》はまたしても《脅しつけ》で自決させられてしまう。《エイヴン》アタックでライフはReinhardt:7-Finkel:18

意を決したReinhardtは《アヴァラックス》を召喚して《変異/Morph》と2体でアタック。これをFinkelは余裕でスルーして、Reinhardt:7-Finkel:13

そして、Finkelがサモン《脅迫するオーガ》して地上の護りを確立し、《エイヴン》でアタック。...Reinhardt残り3。

...結局、4/5 Flyerをとめるすべを見つけられず...
Fabio Reinhardt、投了。

Final Result:Jon Finkel 3-2

さあ、準決勝の相手はKai Buddeだ!

PT Chicago Top Eight Draft: Blue-Red

Download Arena Decklist

PT Chicago Top Eight Draft: Blue-Red

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All