準決勝 チームロチェスター: Phoenix Foundation vs. The Brockafellers

Posted in Event Coverage on September 14, 2003

By 浅原晃

Phoenix Foundation。もう紹介の必要も無いだろう。ただ、今回はMarco Blumeからただならないものを感じる。何やら体中からオーラを発しているように見えるのだ。GPアトランタで優勝してから生まれ変わったのかもしれない。要注目だ。

対するThe Brockafellers。実は自分達のチームも予選ラウンドで対戦しているのだが、そのマッチが終わった段階でThe Brockafellersの成績が3-2。驚くことに、ここからロチェスターラウンド5連勝を含む、6連勝で決勝まで勝ち上がってきた。その勢いのままに
Phoenix Foundationに土を付けることができるだろうか。

-Phoenix Foundation(Germany)
A:Marco Blume
B:Kai Budde
C:Dirk Baberowski

-The Brockafellers(USA)
A:Brock Parker
B:Wiliam Jensen
C:Matt Linde

オンスロート
Pack-1

A:Marco Blume-《噛みつくスラッグ/Snapping Thragg》+《映像の造形者/Imagecrafter》
B:Kai Budde-《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》
C:Dirk Baberowski-《ショック/Shock》
A:Brock Parker-《疑い深い濃霧獣/Leery Fogbeast》
B:Wiliam Jensen-《疑惑の冠/Crown of Suspicion》
C:Matt Linde-《魔道士の悪知恵/Mage's Guile》

Phoenix Foundation先攻でのファースト・パック。Buddeが強力カード《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》をピックすると、Jensenも迷わずそれを除去できる《疑惑の冠/Crown of Suspicion》を取る、ロチェスターらしい展開でスタート。

Pack-2

A:Marco Blume-《紛糾/Complicate》+《うねるバジリスク/Serpentine Basilisk》
B:Kai Budde-《霧衣の壁/Mistform Wall》
C:Dirk Baberowski-《残酷な蘇生/Cruel Revival》
A:Brock Parker-《毒吐きゴルナ/Spitting Gourna》
B:Wiliam Jensen-《戦慄の葬送歌/Dirge of Dread》
C:Matt Linde-《乱打する岩角獣/Battering Craghorn》

Pack-3

A:Marco Blume-《ワイアウッドのエルフ/Wirewood Elf》+《原初の支援/Primal Boost》
B:Kai Budde-《ダールの癒し手/Daru Healer》+《骨を組む者/Boneknitter》
C:Dirk Baberowski-《狙いすましたなだれ/Pinpoint Avalanche》+《ただれたゴブリン/Festering Goblin》
A:Brock Parker-《幸運を祈る者/Wellwisher》
B:Wiliam Jensen-《火花鍛冶/Sparksmith》
C:Matt Linde-《全能なる者アルカニス/Arcanis the Omnipotent》

A席は予定調和的に緑になることが多いため、Parkerは数種類の緑のカードからミラーマッチでは特に強い《幸運を祈る者/Wellwisher》をピック。Jensen,Lindeもデッキの軸になるカードを入手。

Pack-4

A:Marco Blume-《ワイアウッドのエルフ/Wirewood Elf》
B:Kai Budde-《アヌーリッドの濁り水潜り/Anurid Murkdiver》
C:Dirk Baberowski-《壊疽の大巨人/Gangrenous Goliath》+《卑劣なアヌーリッド/Wretched Anurid》
A:Brock Parker-《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
B:Wiliam Jensen-《蔓延/Infest》
C:Matt Linde-《栄光の探求者/Glory Seeker》

Jensenは迷わず《蔓延/Infest》。Lindeは青白へ狙いを定める。

Pack-5

A:Marco Blume-《戦慄の葬送歌/Dirge of Dread》
B:Kai Budde-《脅しつけ/Threaten》
C:Dirk Baberowski-《陽光の突風/Solar Blast》+《苦難の魔除け/Misery Charm》
A:Brock Parker-《陽光の香油/Sunfire Balm》+《霧衣の壁/Mistform Wall》
B:Wiliam Jensen-《乱打する岩角獣/Battering Craghorn》
C:Matt Linde-《平和な心/Pacifism》

Pack-6

A:Marco Blume-《うなるアンドラック/Snarling Undorak》
B:Kai Budde-《戦場の衛生兵/Battlefield Medic》
C:Dirk Baberowski-《戦争の言葉/Words of War》
A:Brock Parker-《エルフの戦士/Elvish Warrior》+《そびえ立つベイロス/Towering Baloth》
B:Wiliam Jensen-《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》+《ただれたゴブリン/Festering Goblin》
C:Matt Linde-《孤立した砂州/Lonely Sandbar》+《ダールの宿営地/Daru Encampment》

オンスロート最後のパック。色の定まらなかったBuddeも、《戦場の衛生兵/Battlefield Medic》から白へ。この段階で、Jensen, Baberowskiは赤黒へ一直線。Lindeは青白、Parker,Blumeはいまだに緑単。

レギオン
Pack-1

A:Marco Blume-《森林守りのエルフ/Timberwatch Elf》
B:Kai Budde-《鞭草の絡め手/Whipgrass Entangler》+《星明かりの発動者/Starlight Invoker》
C:Dirk Baberowski-《陽光弾の軍団兵/Sunstrike Legionnaire》
A:Brock Parker-《残響の追跡者/Echo Tracer》+《針撃ちゴルナ/Needleshot Gourna》
B:Wiliam Jensen-《ゴブリンの働き者/Goblin Dynamo》
C:Matt Linde-《意志を曲げる者/Willbender》+《覆い隠しの達人/Master of the Veil》

Blumeは喉から手が出るほど欲しい《森林守りのエルフ/Timberwatch Elf》を早くも入手。青い強力カードが《意志を曲げる者/Willbender》、《残響の追跡者/Echo Tracer》と2枚出たため、赤黒にめっぽう強い《意志を曲げる者/Willbender》はLindeが取り、《残響の追跡者/Echo Tracer》を取ったPaekerは緑青へ向かう。

Pack-2

A:Marco Blume-《岩石樹の発動者/Stonewood Invoker》
B:Kai Budde-《エイヴンの戦鷹/Aven Warhawk》
C:Dirk Baberowski-《冠毛の岩角獣/Crested Craghorn》
A:Brock Parker-《皮を剥ぐ者/Skinthinner》
B:Wiliam Jensen-《スカークの匪賊/Skirk Marauder》
C:Matt Linde-《怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath》

赤黒のBaberowskiには悪魔のような天使が降臨。

Pack-3

A:Marco Blume-《慧眼のエイヴン/Keeneye Aven》+《ワイアウッドの媒介者/Wirewood Channeler》
B:Kai Budde-《羽ばたく戦士/Wingbeat Warrior》
C:Dirk Baberowski-《ダールのとげ刺し/Daru Stinger》
A:Brock Parker-《梢を這うもの/Canopy Crawler》
B:Wiliam Jensen-《腐れざる喧嘩屋/Embalmed Brawler》
C:Matt Linde-《逃げ出したプライモック/Primoc Escapee》+《種子生まれの詩神/Seedborn Muse》

ここで、Blumeも緑青に方針を定める。

Pack-4

A:Marco Blume-《秘密調査員/Covert Operative》
B:Kai Budde-《アフェットの駆除屋/Aphetto Exterminator》
C:Dirk Baberowski-《皮を剥ぐ者/Skinthinner》
A:Brock Parker-《クローサのむさぼり獣/Krosan Vorine》
B:Wiliam Jensen-《冠毛の岩角獣/Crested Craghorn》
C:Matt Linde-《鉤爪の統率者/Caller of the Claw》

Budde,Baberowskigがそれぞれ強力な黒い除去を入手。

Pack-5

A:Marco Blume-《梢を這うもの/Canopy Crawler》
B:Kai Budde-《不快な助祭/Vile Deacon》
C:Dirk Baberowski-《窯口のドラゴン/Kilnmouth Dragon》
A:Brock Parker-《針撃ちゴルナ/Needleshot Gourna》
B:Wiliam Jensen-《炎波の発動者/Flamewave Invoker》
C:Matt Linde-《冷静なチャンピオン/Stoic Champion》+《熟達の刃の精鋭/Deftblade Elite》

Pack-6

A:Marco Blume-《死体の収穫者/Corpse Harvester》
B:Kai Budde-《皮を剥ぐ者/Skinthinner》
C:Dirk Baberowski-《ゴブリンの乱伐者/Goblin Clearcutter》
A:Brock Parker-《岩石樹の発動者/Stonewood Invoker》+《ナントゥーコ自警団/Nantuko Vigilante》
B:Wiliam Jensen-《スカークの匪賊/Skirk Marauder》+《腐れざる喧嘩屋/Embalmed Brawler》
C:Matt Linde-《熟達の刃の精鋭/Deftblade Elite》+《鞭草の絡め手/Whipgrass Entangler》

スカージ
Pack-1

A:Marco Blume-《気高き院僧/Noble Templar》+《クーガドン/Kurgadon》
B:Kai Budde-《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat》
C:Dirk Baberowski-《流れ込む知識/Rush of Knowledge》
A:Brock Parker-《促成の突然変異/Accelerated Mutation》+《クローサの家畜商人/Krosan Drover》
B:Wiliam Jensen-《ゴブリンの盗賊/Goblin Brigand》
C:Matt Linde-《翼の破片/Wing Shards》

Pack-2

A:Marco Blume-《凍結/Frozen Solid》+《ワイアウッドの守護者/Wirewood Guardian》
B:Kai Budde-《レイヴンギルドの信徒/Raven Guild Initiate》+《黒焦げ牙のクーガー/Chartooth Cougar》
C:Dirk Baberowski-《ドラゴンの影/Dragon Shadow》
A:Brock Parker-《待ち伏せ司令官/Ambush Commander》+《クローサの家畜商人/Krosan Drover》
B:Wiliam Jensen-《復讐に燃えた死者/Vengeful Dead》
C:Matt Linde-《カローナの盲信者/Karona's Zealot》

《待ち伏せ司令官/Ambush Commander》をカットするかとポーズを見せるBaberowskiだがBlumeは余裕で大丈夫の構え。Baberowskiは《ドラゴンの影/Dragon Shadow》で欲しかったフィアー関連のカードを入手。

Pack-3

A:Marco Blume-《沿岸の見張り/Coast Watcher》
B:Kai Budde-《ドラゴンの影/Dragon Shadow》
C:Dirk Baberowski-《スカークの火山使い/Skirk Volcanist》+《火炎流/Torrent of Fire》
A:Brock Parker-《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat》
B:Wiliam Jensen-《よじれた嫌悪者/Twisted Abomination》
C:Matt Linde-《ペミンのオーラ/Pemmin's Aura》

Pack-4

A:Marco Blume-《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》
B:Kai Budde-《古代の軟泥/Ancient Ooze》+《盲信の審問官/Zealous Inquisitor》
C:Dirk Baberowski-《火炎流/Torrent of Fire》+《火花のしぶき/Spark Spray》
A:Brock Parker-《アフェットのルーン術士/Aphetto Runecaster》+《凍結/Frozen Solid》
B:Wiliam Jensen-《朽ちゆく猛禽/Putrid Raptor》
C:Matt Linde-《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat》+《拭い去り/Wipe Clean》

早くも3体目の《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat》。これは、優秀なテンポカードであるのはもちろん、青白のLindeにとっては貴重なフィアーをブロックできるクリーチャーでもある。

Pack-5

A:Marco Blume-《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》+《剛力のブルヴァックス/Titanic Bulvox》+《ワイアウッドのかぎ爪/Claws of Wirewood》
B:Kai Budde-《長引く死/Lingering Death》
C:Dirk Baberowski-《ドラゴン魔道士/Dragon Mage》
A:Brock Parker-《激情の共感者/Fierce Empath》+《ドラゴンの翼/Dragon Wings》
B:Wiliam Jensen-《乱射/Scattershot》+《火花のしぶき/Spark Spray》
C:Matt Linde-《エイヴンの遠見/Aven Farseer》

Blumeはスカージの緑では最高のアンコモンの一つである《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》2枚目。Jensenは軽い除去を2枚ゲット。

Pack-6

A:Marco Blume-《ペミンのオーラ/Pemmin's Aura》+《ドラゴンの牙/Dragon Fangs》
B:Kai Budde-《長引く死/Lingering Death》
C:Dirk Baberowski-《火炎流/Torrent of Fire》
A:Brock Parker-《狩り立てる群れ/Hunting Pack》+《ワイアウッドの守護者/Wirewood Guardian》
B:Wiliam Jensen-《死神頭のノスリ/Death's-Head Buzzard》
C:Matt Linde-《分散の盾/Dispersal Shield》+《エイヴンの解放者/Aven Liberator》

Blumeは《ペミンのオーラ/Pemmin's Aura》を確保し、《待ち伏せ司令官/Ambush Commander》も除去できるように。

これでドラフト終了。最終的には

A:Marco Blume(緑青)VS A:Brock Parker(緑青)
B:Kai Budde(白黒)VS B:Wiliam Jensen(赤黒)
C:Dirk Baberowski(赤黒)VS C:Matt Linde(白青)

となった。

個人的な見解であるが、緑青ミラーマッチであるBlume VS Parkerはスカージで《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》がBlumeにしか取れなかったことで、Blume有利に進むように思える。《森林守りのエルフ/Timberwatch Elf》とのシナジーはもちろん、《凍結/Frozen Solid》もほぼ無効化できるためだ。ただ、Parkerにも《幸運を祈る者/Wellwisher》、《待ち伏せ司令官/Ambush Commander》があるため、噛み合ってしまうとどう転ぶか分からないところ。

Baberowski は豊富な除去を有するものの、除去に寄り過ぎているのが気になるところでもあり、Lindeにも対策カードや爆弾もあるため5分5分に思える。Buddeのマッチアップが明らかに厳しいことから、Phoenix Foundationが勝つのはこの2人にかかっているだろう。

Marco Blume, Phoenix Foundation A Seat

Download Arena Decklist

Kai Budde, Phoenix Foundation B Seat

Download Arena Decklist

Dirk Baberowski, Phoenix Foundation C Seat

Download Arena Decklist

Brock Parker, The Brockafellars A Seat

Download Arena Decklist

William Jensen, The Brockafellars, B Seat

Download Arena Decklist

Matt Linde, The Brockafellars C Seat

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All